臆病戦記

作者 白銀隼斗@指摘不要

63

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こちらの作品は

『和風ファンタジー戦記』
『文芸的な表現で描かれる異世界転生』
『臆病勇者』

という要素を含んだストーリーとなっていて、

戦記物ということもあり、バトルシーンが多いのですが、そこで表現される『生と死』の表現を、文芸的な表現を用いて、『あっけなく散る命』や『狂気にあてられた死』など様々なシナリオが描かれています。

描かれる世界観は和風、時代では明治・大正時代に似た街並みなどを舞台として描かれ、ファンタジーとしてなじみのあるスライムや魔獣、リヴァイアサンなどが登場します。

転生者として、新たな世界に降り立った主人公は職業『勇者』として活動を始めるのですが、『感情』という要素の起伏で描かれる、『狂気』や『攻撃性』は不安定な勇者という要素を引き立てるアクセントになっている印象でした。

『理解されない』『愛情を知らない』といったシリアスエピソードや、そのシナリオでの感情などは、共感点として響くものがあり、メッセージ性も強い作品です。

私はこの作品に☆3を送らせていただきました。素敵な作品なのでぜひご一読ください。