魚のトマト煮で一言

 ホットクックに「骨までやわらか煮」というのがありましてね。いわしとかさんまとかの煮物です。2時間半かけて、骨ごと食べられる煮物ができます。


 これにトマト煮バージョンがあるんですよ。あら子どもがいる家にはいいわね、なんてメニューブックを見て思っていたんですが、先日我が家の食卓にも登場。


「なにこのトマトソース、旨い!今すぐパスタゆでてこのソースにぶち込みたい!」


 なんでしょう。ソースと一緒に魚を長時間煮たから、魚の旨味がソースに入ったのかしら。魚介って凄いわ。


 というわけでホットクックは「ほっとける」家電なんですが、時短というよりは「長時間ことこと煮込んで旨味が出せる」家電です。2時間半煮込むなんて、人間には到底無理。おとなしく負けを認めて料理は機械に任せましょう!人間は材料を入れてスタートボタンを押すだけ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます