第45話 運動

四十五

 テーブルに夕食が並んでいる。肉じゃがとコロッケ。アカネは美味しそうだと思いつつも、食べる気にはなれなかった。そんなことを知らないアカネの家族は、食事を楽しんでいた。


 「食欲ないの?」

兄がアカネに尋ねた。

「うん」

「じゃあ、ぼくが食べようかな」

兄はアカネのコロッケを平らげた。


「朝、食べてないのに、お腹空いてないの?」

心配になった母親がアカネに尋ねた。

「あんまり、空いてない」


「今日の朝、食べてないの?」

と父親までもがアカネのことを心配した。


「ごちそうさま」

アカネは少しだけご飯を食べて、自分の部屋へと逃げ出した。


 食べたら、太ってしまう。アカネはそう思い込んでいた。そのせいで、食欲が失せてしまった。けれども、腹が鳴る。お腹が空いているかもしれない。


 それでも、食べてはいけないとアカネは自分に言い聞かせた。


 アカネは今日の成果を知ろうと、昨日と同じように体重計に乗った。昨日は48キロ。今日は、47キロだった。アカネは1キロしか痩せてないと悔しがった。食事を抜くだけでは瘦せないらしい。アカネは運動をしなくてはならない気がしてきた。


 アカネはネットで筋トレを調べた。プランクという体幹を鍛えるエクササイズを見つけた。アカネはベッドの上に肘をついて、頭から足の先まで真っ直ぐ伸ばした。肘よりもお腹周りが痛くなった。20秒、その姿勢のままでいるのが辛かった。けれども、瘦せるためだと自分に言い聞かせて、アカネはプランクを継続した。


 次の日もアカネは朝食を食べようとしなかった。

「本当に大丈夫なの?」

「いいの」

アカネは力を込めて言った。

「今日は食べなさい」

「もう行くから」

「待ちなさい。お願いだから」


 しぶしぶアカネは朝ごはんを食べた。けれども、すぐに吐いてしまいたくなった。胃液が上がってくるような不快感を覚えた。それでも、なんとか飲み込んだ。食べるという行為自体が不愉快だった。


「もう朝ごはん、いらないから」

とアカネは言い張って、学校に行った。


 給食の時間になった。流石に給食は無理をしてでも、食べた。下手に残すとクラスでからかわれるからである。朝と同じくらい、アカネは嫌な気分になった。早く家に帰りたい。人に見られないところで、落ち着きたい。


 誰とも言えない人の視線に怯えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます