第44話 体重

四十四

 アカネはお風呂上りに洗面台の鏡で自分の顔を見た。右頬にあるニキビが気になって、仕方なかった。アカネはいじってはいけないのにもかかわらず、そのニキビを潰してしまった。少しだけ、膿が出てきた。一つ潰したところで、もう一個潰したくなってしまった。けれども、アカネは寸でのところで辞めた。


 アカネが立っている左隣には、体重計があった。アカネはそれに乗ろうか迷った。今日の格付けリストを思い出したからである。他人から自分は太っていると思われている。そういった意識がアカネの心を傷つけた。


 アカネは乗ることにした。針が48キロを指した。数値だけを見る限り、太っているといえるものではなかった。


 けれども、アカネは鏡で自分の姿を見るにつけ、自分は太っているような気がした。


 アカネはみーたんのスタイルを思い出した。彼女は瘦せていて、すらっとしていた。アイドルと自分を比べるのはおかしいことだと思いながらも、アカネは比べずにはいられなかった。


 私って、可愛くないよね。アカネは改めて、そう思った。


 瘦せたい。アカネの意識を支配しているのは、この四文字だった。アカネは今からでも家を出て、ランニングでもしたいような気分だった。早く、瘦せたい。早く、瘦せたい。そういった強迫観念にアカネはとらわれた。


 「朝ごはん、いらないから」

「どうして?」

「食欲がないから」

「調子が悪いの?」

「大丈夫」

アカネは朝ごはんを食べないことにした。


 アカネは教室に入るのが嫌だった。男子が自分を採点するつもりで見ているのかと思うと、吐き気がした。けれども、アカネは勇気を振り絞って、教室に入った。表面的には、いつもと同じような教室の風景だった。


 アカネは自分の席について、うつむいていた。昨日と同じように、ケンジの周りには男子が群がっていた。アカネには、ケンジたちが誰かを採点しているかのように見えた。


 自分はブスだの、デブだのと罵られているのだろうか。アカネはそういった被害妄想を抱いた。別に「可愛い」と褒められてみたいわけではない。


 ただ、他人と自分を比べないで欲しいだけ。たんに、自分に自信を持ちたいだけ。


 アカネの腹が鳴った。朝飯を食べてこなかったせいである。

「誰の腹が鳴ったの?」

ケンジたちが囃し立てた。


 アカネは恥ずかしくて、恥ずかしくて、仕方がなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます