第38話 手段

三十八

 赤いニットが強調していたのは胸だった。暖色系の色は膨張して見える。今日に限って、うなじが顔を出していた。僕はパーツごとに親しみを覚えた。


 そのうち、大きくなっていた。恋という心理がたんなる生物学的な反応にすり替わっていく。もっと、恋愛というものは高尚なものだと思っていた。


 そばにいたいのも、抱きつきたくなるのも、キスをしたくなるのも、情欲が見せる幻想なのである。結局のところ、僕は発情しているだけだった。


 モノを愛でるフェティシズムに過ぎなかった。


 「落ち着きがないよ」

「すみません」

僕は先生の隣で平静を保つことができなかった。何か一つでもきっかけがあれば、超えてはならない一線を超えてしまいそうだった。


 もう先生に会うのはよした方がいいはずだ。僕はそういう結論にたどり着いた。なんとか、理由をつけて、家庭教師を別の人にするべきだと感じた。


 けれども、もっとそばにいたい気がした。僕の一週間から先生と会う時間を引くと、ただの孤独感しか残らなかった。小学校、中学校、高校と決まりきったことを繰り返してきただけだ。そんな日常に先生は華を添えてくれる存在だった。


 けれども、僕は先生を一人の人間として好きになることができないのである。ただたんに自分を慰める道具としてしか先生に興味がない。思い返せば、先生がどんな人間なのか、全く興味が湧かない。僕は先生のフォルムにしか興味がなかった。このフォルムが胸を高ぶらせ、あらぬ妄想をかきたてるだけだった。


 先生は僕の頭の中のことなど全く分かっていなかった。その証拠として、先生はいつものように業務を行っていた。


 「カノジョとうまくいってるの?」

僕は以前にカノジョがいると噓をついた。バカにされるのが嫌だったから。

「いってますよ」

「いいな。最近になって、ケイタくんの良いところが少しだけ分かった気がする」

こんな風に褒めてくれるとは思わなかった。妄想ではなく、現実の出来事だった。

「本当ですか?」

声が大きくなってしまった。


「少しだけよ」

諫めるように先生は言った。

「少しでも嬉しいです」

「ケイタくんのカノジョさんが羨ましい」


 その言葉をどう解釈するべきかが分からなかった。意味もなく適当に言っているのか、お世辞なのか、嫉妬なのか、からかっているのか。あらゆる解釈が頭に浮かんだ。


「今日の夜ごはんってあるの?」

「ないですよ」

あると噓をつきそうだった。

「じゃあ、どっか食べに行こう」

「いいですか」

「いいよ」


 現実の出来事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます