第34話 友達

三十四

 やっと、本田は藤原の実家に着いた。

「お久しぶりです」

「どうぞ」

そう言って、藤原の母は本田を家に上げた。


 本田は藤原の仏壇に線香をあげて、手を合わせた。本田は故人の写真を見て、十五年という長い月日に想いを馳せた。


「ありがとう、来てくれて」

「いえいえ」

「毎年、あの橋に行ってらっしゃるんですか?」

「はい。今年も行きました」

「あの子のためにありがとうございます」

藤原の母は丁寧に本田に応じた。


「あの」

本田はどのように本題を切り出すべきかが分からなかった。

「電話でおっしゃっていた話ですか?」

「そうです。橋に僕以外の人が花を手向けに来たんです。誰か分かりませんか?」

「分かりません」

「そうですか」

「でも、今さら、どうしてあの子のために花なんか持ってきたのでしょうか?」

「僕もそれが不思議なんです。こんな十五年も経ったあとに」

「気になるんですか?」

「はい」


「もしかして、今でもあの子がどうして、ああいうことをしたのかを気にしてらっしゃるんですか」

「ええ。後悔しているんです」

「本田さん、あなたのせいじゃないですよ。もう十五年経ったんです。あの子のことで思い悩まないでください」

藤原の母は懇願するように言った。


「そういうわけにはいかないんです。前日に一緒にいたものですから。僕がずっとそばにいれば、あんなことにはならなかった」

「誰もあんなことになるなんて予想できなかったはずです」

そう言われればそう言われるほど、本田は自分の責任を感じた。


「知りたいんです。どうして、あんなことになったのか」

「知ったところで、本田さんのためになるんですか?」

「何もしないで時が過ぎるよりはマシです」


「あっ」

藤原の母は思い出したように声を上げた。

「あの子の友達に長岡さんという人がいます。会ったことありますよね?長岡さんが花を手向けに行ったのかもしれません」

「ありますよ」


 本田は法事のときに、長岡に会ったことがある。けれども、長岡は藤原については何も知らないと言うだけだった。

「ええ。ちょっと、待ってください」

藤原の母は年賀状を持ってきた。

「今でも、同じところに住んでいるか分かりませんが」

本田は長岡の住所をメモした。


「ありがとうございます」

「何か分かるといいですね」

 

 本田は長岡に会うことにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます