第32話 失恋

三十二

 「そんなに謝らなくてもいいよ」

藤原は本田に対して申し訳なさそうに頭を下げた。


 そのとき、本田は藤原の家で酒を飲んだことを思い出した。


「以前、藤原さんの家で飲んだ時、藤原さんは何か嫌なことがあったって言ってませんでしたか?」

「言ったかなあ」

「藤原さんが酒を飲んで、泣き出した時です」

「ああ、あれか。フラれたときのことかい?3年生の時か。もうとっくの昔に解決しているよ」

「フラれたんですか?」

つい本田は好奇心に負けてしまった。


「嫌なことを思い出させるなあ。いろいろあるのさ、男にはねえ」

「どうしてですか?」

「そんな興味あるの?」

「藤原さんって、恋愛するんですね」

「いいだろ。別にねえ」

藤原は話を終わらせようとした。


「全然、そんな話を今まで話してくれなかったじゃないですか?」

「話したくないから、話してないんだよ。もういいだろ」

藤原は再び握り拳をつくった。本田はそれを察した。


「すみません。調子に乗って」

「分かればいいよ」

藤原は洋書を開き始めた。

「すみません。勉強の邪魔をして」


 本田はその場から立ち去った。


 本田にとって、藤原の失恋は意外だった。あんな人が人を好きになることがあるのか。本田は不思議で仕方がなかった。確かに藤原は酒に酔ったら、猥談をすることがあった。


 けれども、具体的な恋愛の話などしなかった。だからこそ、藤原のエピソードが聞きたかった。


 数日後、本田はまた藤原に会った。その時の藤原の機嫌は良かった。本田はその日以来、藤原のプライベートには触れないことにした。そのおかげで、二人の間に緊張が生じることはなかった。すべてがいつものようにうまく進んだ。


 けれども、今となってはうまく進んだように本田の目に見えただけだった。おそらく、藤原は何かを抱えていたのだ。それを必死に藤原は本田に見せないようにしていたのだ。


 けれども、本田はそれを見抜く目を持っていなかった。自分がもっと気をつけていれば、あんなことは起こらなかった。


 本田は車を運転しながら、回想から現実の世界に戻った。もう少しで、藤原の実家に着く。本田は後悔の念とともに、最後の日のことを思い出した。本田は昨日のことのように鮮明に覚えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます