第31話 不信

三十一

 「藤原さんは何かに悩み苦しんでいるんですよね?」

本田は率直に尋ねた。本田は藤原がつくる壁を越えてみたかった。

「そうだねえ。生きるということに悩んでいるんだ」

「どういうことです?そういう哲学的なことを言われても」

「生きているから、悩むんだ。当然のことだ」

「何かあるんですよね?」

「今日はグイグイくるねえ」

藤原は困った顔をしながら、笑った。


「いつもそうやって、けむに巻くようなことを言いますよね?」

「そんなつもりはないよ」

「だったら、教えてください」

「やけに真剣だねえ。オレは生きていること自体が悩みなんだ。それ以上でもそれ以下でもないよ」


 話はどこまでいっても、平行線だった。


「じゃあ、藤原さん自身のことを教えてくれませんか?」

「どういうこと?」

「いつも藤原さんは本の話しかしないじゃないですか?」

「そうねえ。これといって、普通の人が言う世間話のネタになるような出来事がないからさあ、本の話をしているだけだよ」

「そんななんも出来事がないなんてことはないでしょ」

「あったとしても、話したくないから、話してないんだよ」

「それを教えてください」

「嫌なもんは嫌さ」


 藤原ははっきりと拒絶の意を示した。本田は引き下がるしかなかった。

「すみません」


「こんなに自分に関心を持たれたことは初めてだ。君の言う通り、オレは悩んでいることがある。でもねえ、それは普通の人には言えないことなんだ。言うのが恥ずかしく、罪深いことなんだ。それを君に言って、軽蔑されたくない。君のような優しい人に自分のことなど知られたくない。君は優しい人だ。けれども、君はオレの話を聞いた後でも、同じように優しい人でいられるとは思えない」

藤原はテーブルの上で拳を握っていた。


「そんなに言いづらいことなんですか?」

「そうだ。だから、もうやめにしてくれないか。いつものように軽いジョークを言わせてくれ」

「本当にすみません」


「矛盾するようで悪いけどねえ、もし君がオレの本当の姿に気づいた後でも、優しくしてくれる保証があるなら、早くこのことを打ち明けて、オレはラクになりたいんだ。だがねえ、どこか信用に置けないんだ。ごめんな」

「すみません」

本田は謝るしかなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます