第23話 父親

二十三

 「わざわざ、来てくれてありがとう」

男は頭を下げながら、感謝の意を表した。

「あなたには感謝しているわ」

「感謝されるいわれはないよ。ただの罪滅ぼしだよ」

「そんな、罪滅ぼしだなんて」

「あのとき、僕は間違ったことをした」

「悪いのは私よ」

「僕が悪いんだ。君から逃げ出した僕が悪いんだ」

「もうその話はよして」

女はきっぱりと言った。


 カフェには、パソコン作業をするサラリーマン、試験勉強をする大学生にあふれていた。その中で、二人の話はひときわシリアスなものだった。


 「今日はどうしたの?」

「特別な要件があるわけじゃない。ただ、君のことが心配になっただけ」

「大丈夫よ」

「本当かい?」

「本当」

「一人で子育ては大変じゃないのか」

「もう子育てなんていう年齢じゃないわ」

「それはそうだけど、お金のこととかさあ」

「今までも助けてもらったから、大丈夫よ。なんとか、乗り切れる」

「でも、あの子を大学に行かせるつもりなんだろ」

「それはそうよ」

「僕がなんとかする。なるだけ、奨学金がかからないようにした方がいいだろ」

「あなただって、自分の奨学金を返さなくてはいけないんでしょ」

「まあね。でも、あの子にそんな苦労をさせたくない」


「いいのよ。もう私たちのことは」

「そうはいかないよ」

「もう何年もあなたは私たちを支えてくれたじゃない」

「せめて、大学までは面倒をみたい。それが僕なりのケジメだ」


 女にとって、その優しさはありがたいものでもあり、恐ろしいものでもあった。優しさが大きければ大きいほど、恐ろしさが何倍にもなって降りかかってくるような気がした。


 けれども、女は男からの資金援助を欲していた。というのも、そのおかげで今の生活が成り立つからである。


 「言うか迷ったんだけど」

男はその先の言葉を言うのをためらった。

「何?」

「そろそろ、あのことをあの子に言っても、いいんじゃないか」

男はあのことと言って、言葉を濁した。

「いまさらよ」

女はあのことの中身が分かっていた。


「ずっと、言わずにおくつもりなのかい?」

「ええ」

今度は女が言葉を濁した。

「そうか」

男は静かに腕を組んだ。


「もう父親は事故で死んだことになっているわ。それに、あの子は父親のことなんて、気にしてない。いきなり、あなたが父親だと名乗り出ても、どうしようもないわ」

女は語気を強めた。


「そうだけど」

「今まで通りでいいわ」

「分かった。ただ、大学までは援助するよ」


 そう言って、二人はカフェを出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます