第20話 虚勢

二十

 「誰なんですか?」

「別に」

先生はそれ以上何も言おうとはしなかった。深く追及してはいけないことだけがはっきりした。


「今日もなんか夕食あるの?」

先生は話の流れを強引に変えようとした。

「ありますよ」

「食べたい」

母が肉じゃがをつくっていた。テーブルで、肉じゃがを食べた。


「うまいね」

「そうですね」


 そう言ったきり、会話が続かなかった。僕はずっと電話の相手が気になった。わざわざ、電源を切ったのだから、それくらい相手と電話をしたくないのだ。


「さっきの電話」

そう言って、僕は言葉を濁した。

「あれねえ。デートの誘いみたいなもんかな。しつこくて、めんどうなの」

「大変ですね」

そう言って、相槌を打ちながら、僕は何とも言えない嫉妬を感じた。


 先生の媚態は僕以外の男を引き寄せるようだった。意識的であれ、無意識的であれ、先生はどんな男にとっても誘惑者に見えるようだった。


「まあね」

「先生って、モテるんですか?」

「そんなことないよ」

そう言いつつも、どこか勝者の自信があった。

「本当ですか?」

「ケイタくんはどうなの?」

論点をずらされた気がした。


 けれども、初めて名前を読んでもらった気がした。それだけでも、なんだか誇らしい気分になった。

「まあ」

とあいまいに答えようとした。


「カノジョいるの?」

そう尋ねつつ、先生はすでに答えを知っているような目をした。明らかに先生は僕を蔑んでいた。

「いますよ」

とっさに変な噓をついた。というのも、馬鹿にされたくなかったからだ。「どうせ、いないでしょ」と思っている先生の予想を覆してみたかった。


「本当?」

先生は声のトーンを下げ、疑わしいといった目で僕を見た。

「本当ですよ」

さらに噓を重ねた。

「頭の中にいるとかじゃなくて、実在する人?」

先生はどうしても、僕の言っていることを信じたくないみたいだった。

「実在しますよ」

「ケイタくんのこと、誤解していたみたい。女の子、苦手なのかなあと」

「いやいや」

強く否定した。


「もしかして、私のことが苦手なの?」

先生は冗談めかしてそう言った。

「そんなことないですよ」


「じゃあ、そのカノジョさんとどうやって出会ったの?」

いつも僕に興味を示さない先生の割には、積極的に話しかけてきたような気がした。


「そんな興味あるんですか?」

「男子校だから、どこで出会ったのかなあと思って」

「中学生の時に」

「その人のどういうところが好きなの?」

「恥ずかしいです」

「別に無理には聞かないけど」

そうは言っても、先生は楽しそうだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます