第16話 出口

十六

 「また、あの場所に行ったの?」

「行ったよ」

「もう行かなくてもいいんじゃない」

「いや、そういうわけにはいかないんだ」

「でも、もう十五年も経っているのに」

「年数の問題じゃない」

「もう、あの人のことで苦しまなくてもいいはずよ」

「これは僕の問題だ」

「そうは言っても、苦しんでいるのを見ていられない」


「今でも昨日のように藤原さんのことを思い出すんだ。早く、忘れたい。けれども、忘れてはいけない気がする。僕がこうしてカウンセラーをやっている原点はあの橋にあるんだ。命日には行かずにはいられない」

「だとしても、毎年この日が近づくにつれて苦しそうにしなくても」

「まあね。けれども、ずっと後悔しているんだ。藤原さんは死なずに済んだ気がする。僕がなんとかしていればね。あと、どうして死んだのかが分からないんだ。理由が分かれば、肩の荷が降りるかもしれない」


「藤原さんはおかしい人だったんでしょ。私たちには理解できない理由があったのよ」

「おかしいって言っても、何かきっかけがあるはずなんだ。僕はずっとあの人の死が腑に落ちないんだ」

本田は声を荒げた。

「きっかけ?」

「死ぬ前の藤原さんは変なことを言っていた。聖書の話をしていた。なんだったかなあ。マタイ伝だったかな。今でも何を言いたかったのかが分からない」

「マタイ伝?」


「3月3日の夜。僕は藤原さんと飲んでいた。マタイ伝の教えは素晴らしいってさあ。そんなことを言っていた。あれから、マタイ伝を読んでみたけど、あの時何を伝えたかったかが分からなかった。身を投げる前に最後にした会話だよ。何か意味があるはずなんだ。そして、藤原さんは最後にこう言ったんだ。『本田くんにはオレには苦しみなんか分からない』って」


「前も言っていたけど、本当にその話に深い理由があるの」


 本田夫婦は、藤原の命日に必ず似たような問答を繰り返した。本田は藤原を死に追いやった理由をずっと探し続け、自分を責めた。それとは対照的に、本田の妻は本田の苦しみを和らげようとした。


 けれども、常にお互いの目的が達成されることがなかった。お互い、話せば話すほど、何をしてよいのかが分からなくなった。


「不思議なことがあったんだ。橋に花が手向けてあったんだよ」

「誰の?」

「誰かは分からない。けれども、あの花は藤原さんのために手向けてあったんだと思うんだ。毎年、あの橋に行っているのに、花を手向けてあるのは初めてみた」


「もしかしたら、その人が藤原さんについて知っているかもよ」

「そうかもしれない」


 本田は出口のない迷路に光が差したような気分がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます