第14話 錯誤

十四 

 「あと、わたし、誤解していたんです」

「何を?」

「友だちに、元カレを取られたって思ったんですけど、実は元カレの方が友だちにつきまとっていたみたいなんです。だから、友だちは何も悪くないことが分かったんです」

「よかったね」


「友だちがこんなことになって、ごめんねって謝ってくれました。わたし、あの子しか友だちがいないので、ほんと良かったです」

「大切な友だちなんだね」

「はい。大学生になって、初めて話しかけてくれた子なんです。ゼミも一緒なんです」

サエは力強く答えた。

「友だちは本当に大切だよ」


 本田はある人を思い出さずにはいられなかった。


「わたし、次の恋愛、どうすればうまくいくと思いますか」

本田はサエの話を聞いていなかった。

「本田さん」

「ごめん」

「本田さん、上の空でしたよ」

「ごめんね」

「どうすればうまくいくと思いますか?」

「まずは、二人でいる時間が自然になるようにするといいんじゃない」

「自然って、どういうことですか?」

「だから、わざわざサエさんから誘わないと会えない関係じゃないってことだよ。普通に無理なく会える関係ってことかな」

「まあ、部活の先輩なので、無理することなく、会うことができますね」

「そういう自然な感じを積み重ねるしかないと思うよ。まずは」


「もっと、具体的なアドバイスないんですか?」

サエは物足りないと言わんばかりだった。

「浮かんでこないなあ」

「こうすると、男はおちるみたいなのないんですか?」

「そういう小手先のテクニックは重要ではないと思うよ」

「じゃあ、本田さんが好きな人にされて嬉しいことはなんですか?」

「ええ。普通に愚痴を聞いてくれることかなあ」

「割と普通なんですね」

「普通のことが大事だよ」


「本田さんは結婚してるんですか」

「僕のことはいいでしょ」

「知りたいです」

サエの目が輝いていた。

「奥さんがいるよ」

サエは少しだけ顔をこわばらせた。

「そうですよね。本田さん、優しいから」

「いやいや」


 本田は褒められたというより、ある種の不快感を覚えた。どうして、この娘は僕に関心を示すのだろうか。本田はその理由が分からなかった。


「どういう馴れ初めなんですか?」

「そんなことより、サエさんの今後が大事でしょ」

本田はそう言って、話題をサエの方に移そうとした。

「すみません。プライベートなこと、聞いちゃって」

「いいよ。また、何かあったら、来てね。いい恋愛をしてね」

「はい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます