第9話 虚言

 「何か母がつくっているはずですが」

僕は冷蔵庫を開けながら、噓をついた。母は何もつくっていなかった。

「じゃあいいや」

先生は帰ろうとした。


「待ってください」

つい口を滑らせてしまった。

「ないんでしょ」

「まあ」

そう口ごもるしかなかった。


 先生はスマホを眺めて、何かを確認していた。

「僕がつくりますよ」

「つくってくれるの?」

先生はスマホから目を離した。僕は適当に受け答えてしまった。


 何か、材料があるんだろうか。運よく、キッチンのそばにある大きな棚の中にスパゲッティがあった。

「スパゲッティでいいですか?」

「いいよ」


 僕は大きな鍋に水を入れて、火をかけた。水が沸騰するまでに微妙な時間があった。


 先生はテーブルに座り、再びスマホを眺めていた。決して僕を見てはくれなかった。そう思いながら、先生の長い茶髪を見ていた。


 沸騰した鍋にスパゲッティを入れた。3分、茹でる必要がある。


「先生、どれがいいですか?」

「ミートソースがいい」

運よく、ミートソースのパウチあった。パウチを温めた。


 やっと、ミートソースが完成した。先生を向かい側にして、スパゲッティを食べた。フォークにスパゲッティをからめて、先生は上品に食べていた。思わず、見惚れてしまった。


「ありがとう」

先生は僕の目を見てくれた。

「よかったです」

「ほんと、自分で夕飯つくるのめんどうだから」

「先生は一人暮らしなんですか?」

「うん。一人暮らしは全部自分でやらないといけないから大変よ」

「先生は出身どこですか?」

「仙台、いつもよりよくしゃべるね」

そう言われて、はっとした。いちいち先生を意識せずに、話すことができた。

「そうですか」


「思っているより、元気な子なんだね」

「緊張していたかもしれないです」

「もしかして、女の子、苦手なの?」

先生はおどけるような顔をしていた。

「そういうわけじゃ」

と僕ははぐらかした。

「苦手なのかなあと思って。男子校だから」

「人によりけりじゃないですか」


 初めて、先生とこんなに長い会話らしいことをした。次から次へと言葉が出そうになった。こんなに話せるようになることがあるのか。ブーブー。テーブルにある先生のスマホが鳴った。


 「はーい」

先生の声が高くなった。相手の声は全く聞こえなかった。

「今すぐ帰るから。はーい」

先生は電話の後に急いで食べた。


「ありがとう。じゃあね」

先週と同じように先生は嬉しそうだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます