第8話 詮索

 どうしても先生に先週のことを聞きたいと思いながら、家で先生を待っていた。


 けれども、聞かない方がいいような気もした。それに、実際先生を前にした時に、僕はその話題を切り出せるのかが分からなかった。いつものように時が過ぎるのなら、まともな会話すらできないだろう。


 そもそも、先生は僕と業務外の会話をすることを好まないかもしれない。


 こんなに玄関が開くのを待ち望んだ日はなかった。じれったい思いをした。ユラユラしているポニーテールの残像が頭にちらついて離れなかった。僕はその残像の中でうっとりとした。


 「こんばんは」

「あっ」と僕は小さい声を出した。先生には聞こえないようだった。


 先週のようにポニーテールではなかった。長い髪は双方とも肩よりも長く、胸の位置で止まっていた。左耳は出ていたが、右耳は髪に隠れていた。先週と同じくらい美人だった。


「どうしたの?」

先生は変な顔をしていた。そのおかげで、平常に戻った。

「いえ、なんでも」

と言いつつもなんでもないわけがなかった。


 階段が狭いため、二人そろって上ることはできなかった。先生は僕の後ろについてきてくれた。僕が机に座ると先生はいつものように右隣に立っていた。声を出そうとすればするほど、何も言えなかった。


 先生は先週よりも嬉しそうではなかった。というよりは、いつも通りだった。暇になると、テキストを読みながら、髪の毛をいじった。それを気づかれないように見ていた。


「そろそろ解けた?」

先生は暇に耐えられなかったらしい。

「はい」

「合ってる」

先生はそれを確認しただけだった。問題に正解したのだから、何も言うことなどないのだ。


「先週、」

そこまで声が出そうになった。けれども、何も言えなかった。口がもごもごした。僕は左を向いて、ため息をついた。

「次の問題、解けそう?」

先生はため息の原因を問題の難易度のせいにした。

「大丈夫ですよ」

何も会話が進展しない。


「先週」

やっと声が出た。

「先週がどうかしたの?」

先生が返答をくれた。

「先週、先生は嬉しそうでしたよね?」

「先週?」

先生はそう聞き返した。

「ああ、外食した日か」

「どこですか?」

「イタリアン」

「誰とですか?」

会話の流れでスラっと出てしまった。出てしまった以上、どうしようもない。


「誰だと思う?」

微笑みながら、先生は質問に対して質問で返した。容易に答えを教えてくれなかった。恋人なのかと思いながら、どう返答しようかを考えた。

「友だちですか?」

「そんなもん」

はっきりと友だちだとは言わなかった。


「そんなもん」とはどんなもんなのか。流石に男かどうかを聞くことは憚られた。


「ほんと、楽しい日だった」

と先生は思いを巡らすだけだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます