第6話 魅惑

 「こんばんは」

「こんばんは」


 先生は髪を結って、ポニーテールにしていた。先週よりも横顔の輪郭がすっきりしていた。出会って、四回目、まともに先生の顔を眺めた。美しい。


「どうしたの?」

先生は怪訝そうな顔をした。

「なんでもないです」


 僕は恥ずかしくなって、目をそらした。二人そろって、二階に上がっていった。


「先週の復習からしようか」

僕はさっと数学の問題を解いた。

「すごい。分かってるじゃん」

大して感情がこもっていない言葉だったが、妙に嬉しかった。


 ポニーテールがさらさら揺れている。僕はそれに見入ってしまった。先週より、先生は嬉しそうだった。どことなく、ウキウキしている。


「嬉しいことでもあったんですか?」

僕は思わず聞いてしまった。

「別に」

先生は低い声を出した。


 嬉しいのは事実だが、それを僕には言いたくないみたいだ。嬉しさを隠しきれていない。先生が嬉しそうにしているから、僕まで嬉しくなった。


 今日は躓くことなく、問題を解いた。先生はその様子を僕の隣で見ていた。何も教えることがない先生は退屈そうにしていた。自分の長い髪を右手で触れていじり始めた。手持ち無沙汰なのだろう。


「先生、ここどう解くんですか」

僕は解き方を知っていながら、わざとそう聞いた。

「わかるでしょ」

と言いながら、先生は説明し始めた。ちらっと先生の顔を見た。単純に可愛いと思った。

「分かりました」

まるで、僕はその説明で理解したかのように問題を解いた。

「こないだより、物分かりがいいね」

「そうですか」


 こうして、沈黙が訪れた。


 先生ともっと話してみたいと願うけれども、適当な話題が見つからなかった。それに、先生は単なる業務としてしか自分に興味がないことを悟っていた。先生は自分のことを話したがらず、僕に対してもこれといって何も尋ねなかった。先生にとって大事なのは、僕が問題を解けるようになることだった。


「時間になったね」

まだ、僕は問題を解いていた。けれども、先生は早く切り上げようとした。

「はい。先生、今日も母が料理をつくっていて」

「そうなの。ごめんね。今日は先約があるから」

「えっ」

僕は思わず、声を出した。

「ごめんね」

と先生は繰り返した。


 先生はスマホを見て、素早く返事を打った。そして、嬉しそうに顔を赤らめた。

「じゃあ、また来週ね」

 

 先生は僕が返答をする前に逃げるように僕の家を出ていった。玄関がガチャっという音を立て、僕はまた孤独な日常に引き戻された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます