『きっとあのヒトは私のことを深く愛してくれているから、恋人にならないんです』

作者 青柳 ゆうすけ