きみはまぼろし

作者 日梨はつき

40

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

誰かを好きになったらゲームオーバー。ルールはたったそれだけ。

……そんなゲーム、楽勝だと思うでしょ?

でも考えてもみてくださいよ、これは乙女ゲームであって乙女ゲームじゃない。目の前に“生身の”イケメン達がいるんだよ!!

クールだけど面倒見の良い蓮、人懐っこいワンコ系の翔太、わがままな中に純情を秘めた昴、一見非の打ち所のない完璧人間なのにどこかワルな匂いを持つ哲平。

彼らはこの世界で確かに生きている。隣に座ればほんのり香水の匂いがして、触れれば温かく、一個の肉まんを二人で分け合う優しさを持っていて――。

こんなの好きにならずにいられるか!?
押し倒し余裕じゃない?!
私なら三日でゲームオーバーだよ!!

主人公サラは、このどこまでもリアルな“まぼろし”の世界で本当の愛を手に入れられるのか。それとも誰とも結ばれずにゲームのクリアを目指すのか――?

それを見守るあなたは多分、せつなさと尊みで床を転げ回る。





★★★ Excellent!!!

主人公サラは現代が舞台の乙女ゲームの世界に飛ばされてしまいます。
たくさんのイケメン攻略対象者が現れますが、好きになってはいけません。
想いを告げたりアタックしたらゲームオーバー。じゃあどうやってクリアすればいいの?

乙女ゲームあるあるがたくさん散りばめられていて面白いです。主人公や他の登場人物達にも好感が持てます。
乙女ゲームをやってみたい人にもおすすめです。

★★★ Excellent!!!

影が薄く、人畜無害を標榜する主人公の女の子。ある日、新作乙女ゲームの世界に迷い込んでしまうが……。

内気で、コンプレックス全開の主人公が、妙に可愛い。そして、登場するイケメンたち。
誰とも恋愛をしてはいけないルールなのに、ピンチの予感がひしひしと。

先の展開はお楽しみ!