9話 和久井屋の娘

 北品川宿も街道を逸れると、その大半が農村となる。


 原賢吾が滞在を余儀なくされた屋敷も、広い敷地うちに母屋、離れ屋のほかに米蔵、作業小屋などが並び、土地でも有数の豪農のようだ。

 お清に聞くと、やはり名主であるという。


(──さて)

 成り行きから品川に残ったはよいが、吉次の言っていた第二の役目、“間諜”は務まりそうにない。おそらくは、和久井屋の内情のことであろうが。

(まあ、致し方ない)

 和久井屋の語った話が真実まこととすれば、女こどもを助けることにやぶさかではなかった。




 その和久井屋は、日が暮れる前に、市中へと戻っていった。

 やがてお清が灯火と夕餉を運び、下男が夜具をのべに来た。お清は喜久へ食事をとらせているようだ。話しかける声がする。母屋にいるのか、絢の姿も見えなかった。


 用意された床の上で、賢吾は一夜を過ごした。隣の座敷からは一晩中、かすかな衣擦れの音以外、なにも聞こえなかった。




 何事もなく、数日が経った。

 和久井屋の口振りから、夜襲でもあるかと警戒したが、特に変わった様子もない。用足しにくる下男へ話しかけたが、ひどく口の重い男だった。

 お清は喜久の世話以外、なるべく近づかない様子であった。子供が遊びまわる声は聞こえたが、やはり、離れ家には寄ってこない。

 無聊ぶりょうをもてあました末、賢吾は足慣らしを兼ねて、敷地の周囲を歩き回った。耕した畑と青々茂る麦、大根にかぶら、所々に八重桜が咲いて散って、なんとも平和な様子であった。




「あそぼ」

 上がり口から、ひょいと少女が覗き込んだ。

 昼も近い時分だった。賢吾は、組んでいた腕を解いて手招いた。が、絢はじっと動かない。


「どうした」

「あがってもいいの?」

「構わない」

 にこっと笑って、脱いだ履き物を丁寧にそろえた。


 大店の娘にしては質素な身なりだ。結った髪に飾りはなく、代わりに一重の利発そうな目がきらきら輝いていた。

 絢は抱えたものを差し出すと、

「これ」

 と、言う。

 絵合わせの骨牌かるたらしい。


とと様からもらったの」

「絵合わせか? めくりか?」

「はなふだ」

 『はなふだ』とは変わった骨牌で、大きめの札に、華やかな色彩で雪月花が描かれていた。ほかにも黒い山やら短冊やら。

「鶴に紅葉に、これは桜か? “二十”とはなんだ。どうやって絵合わせする」

「あのね、」

 絢は、目を輝かせて決まりごとや点数の数え方を説明し始めた。


 安土桃山時代に渡来した南蛮カルタは、江戸期に入って貝合わせや百人一首と組み合わさり、庶民人気の遊びとなった。そのなかでも花札遊びは江戸城内の茶坊主が発案したとされ、大名家中をはじめとした武家の婦女子から広まった。


 無論、賢吾は初めての経験だ。

 単純な遊びと鷹を括っていたが、なかなかよい札が回ってこない。

 幾度も負けてから、ようやく札が合わさった。

「これでどうだ」

「すごい!」

 二人でつい、歓声をあげた。


「そこでなにをしておいでですか」

 土間にお清が立っていた。明らかに絢を睨んでいる。

「お清。わたし、……ごめんなさい!」

 絢は慌てて立ち上がると、道具を置いて母屋の方へ駆けて行った。

 お清はため息をついた。

「絢……様には、困ったものなのです」

 札を片付けながら、言いわけするように言う。

「ここへは来てはいけないと、何度も言い聞かせているのですが」

「喜久殿のためか」

「絢様は、ご存知ではありません。叔母様だと、そう教えてあります」

「そうか」


 和久井屋の言いつけなのだろう。お清は、道具を持ったまま、喜久の世話に唐紙障子の奥へ消えた。

──どうも妙なことになった。

 和久井屋の取り越し苦労であるならよいが、あの男の杞憂であれば蔑ろにすべきではない。

 居心地の悪さを感じながらも、賢吾はおのれの稼業つとめと割り切ることにした。

 それもあって、賢吾の散歩は見廻りとなった。

 周囲の地形を知ることから始め、出入り口、通り道、畦道がどこへ通じているか、家の位置、死角はどこか──暇にあかして、頭の中の懐かしい兵法書をめくって考えた。




 離れ家の裏は低い台地となっていた。風除けの竹林と、その間に細い道がある。家人しか知らぬ道であったが、盲点となりやすい。

 賢吾は、足跡や人の痕跡がないか見て廻った。


 と、藪にうずくまる小さな姿がある。

「絢どの」

 今年十になる少女は、うずくまって藪の向こうを見すかしていた。

「何をしているのだ」

 少女は振り向き、口に指を立てた。

 差す方を見下ろすと、丁度藪の切れ目から離れ家の軒先が見えた。縁側に女が座り、見るとはなしに遠くを眺めている。


「叔母さまよ。とと様もお清も、とても叔母さまのことを心配しているの。だけれど、お会いしたことがなくて」

 時々覗きに来るのだ、という。

 和久井屋の言うように、容態はかなりよいのだろう。牢格子をたてた座敷から出て、春風に当たれるほどであれば、本復も近いのかもしれない。


 武士さむらいがすべきことではないと思いながら、賢吾は喜久らしき女の様子を垣間かいま見た。

 ほっそりとした後ろ姿に髪を下ろしている。薄い青色の着物と、帯は娘のように垂らして結び、お手玉やら骨牌かるたやらが周りに置かれていた。


「あれ、わたしの!」

 思わず絢が立ち上がったその時、喜久の姿がすっと消えた。一瞬目を離した隙に奥に戻ったのか、道具だけが縁に残っていた。


「絢どの!」

 止める間もなかった。少女は慣れた様子で斜面を駆け降りていった。縁側の骨牌へ手を伸ばし、凍りついたように動きを止めた。

 何かを見上げて、一歩、二歩後ろへ下がる。


 賢吾はただならぬものを感じ、すぐさま後を追った。

 縁側から男が躍り出た。横抱きに絢を抱える。


「おじさま!」

「動くんじゃねえ」


 地を這うような声だった。取り出した匕首あいくちをちらつかせている。町人だ。破落戸ならずものにしては身なりがいい。


「──何者だ」

 賢吾は大刀が抜けるように、鍔元をくつろげ、腰を落とした。


「やめといた方がいいよ」

 少年のような若々しい声がした。座敷から、頭巾を被った小柄な姿が現れる。その後ろには、大柄な浪人者が付き従っていた。

 肩には、ぐたりとした喜久を載せている。


「用心棒殿、刀から手を離して下さい。動いたら」

 町人に目配せする。絢の喉元へ、きっさきが向けられた。

 絢は目を見開いたまま、声もたてない。

「わかった」

 賢吾はそろそろと両手を上げた。何かできぬかと思案する。


「残念ですが」

 頭巾の男は同情するような声音で言った。

「みなさん土蔵の中です。本当に申し訳ないが、貴方はこのまま──」

 目の前で火花が散った。

(不覚なっ……)

 地面に崩れ落ちながら、絢の悲鳴を聞いたような気がした。




(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます