結末

 そうして男は、老人の語る亡国の歴史の物語を聴いたのだった。



 夕暮れの気配がひたひたと近づいてきている。



「しかし旅人よ。あなたはいずこで、我が国のことを」

「旅を、もう長くしておりましてね。石碑を壊して回っているんですよ」

「ほう。石碑を壊す、とは」

「簡単です。街や街道や名もなき地の、気に入らない石碑を、片っ端から打ち砕く……」


 老人は、困惑したようだった。


「……そのようなことをしたら歴史が正しく伝わらぬ。石碑というのは歴史を残すためにあろうよ」

「このあたりには石碑はないんですね。……歴史、残さなくっていいんですか。あなたがたの家族みたいな王国。美しかった水の都じゅうが炎に狂った、凄惨な戦いのことを――」

「なぜ、そのことを。おまえ。もしかしたら。――何者」


 老人は叫んで立ち上がり、草の上に置いてあった古びた槍を、男に向けた。だが槍の存在なぞに気づいていない男でもない。すぐに自身の剣を抜き、老人の首もとに突きつける。


 音もなく。老人は、唯一の武器を取り落とした。



「我が皇帝は善良ではなく、戦に強く」



 男は、切っ先を老人の喉に当てたまま静かに言う。



「皇子時代に、先王に手柄を立てたいがために。手っ取り早くあなたがたの王国を滅ぼしたことなど、もう皇帝にとってはどうでもいい過去だ。……時が経った。王の治世は安泰だ。善政とばかり民は思っている。我が王は平和をこよなく愛するふりさえされているのだ。ゆえに、そのためには」

「歴史が、邪魔だと、いうわけか。私たちの国を故郷をそんな理由で滅ぼしておいて今度は――」

「御名答」



 男は小さくつぶやくと、犬歯を見せた。



 我が忠誠を誓った偉大なる皇帝のため。それが石なら、打ち砕き。それが人なら、殺すのみ。




 断末魔と血しぶきが、暮れなずむ草原に響きわたった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

石碑 柳なつき @natsuki0710

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画