第3話 ユニクロでお買物

花子🌸はユニクロが大好きです。立ち寄って手ぶらで帰った事がありません。最近は籠を乗せて自動会計ですが、どうも花子🌸は白髪なせいか隣に店員さんが来て何かとお世話を焼こうとします。この前は「手伝いましょうか?」と困ってもいないのに私から籠を取り上げて、「これはキャンセル」と言ったのに一緒にお会計されていました。それを修正してもらう為にレジに並ぶ事20分!花子🌸は自分でできるんですけど、親切に言ってくださったので成り行きに任せました。

そして今日…又別のユニクロの前を通ったら吸い込まれてお買い物。自動会計に籠を乗せたら又店員さんがやってきました。花子🌸の横にピッタリついて見ています。「大丈夫です。できますから…」と言ってるのに籠の服をたたむふりして花子🌸のやる事をジッと見ています。「自分でたたむので大丈夫です。エコバックもありますから」と言ったら2枚たたんでやっと離れてくれました。

全く花子🌸は信用されてない!


仕事でも「大丈夫?」とか「できる?」とか良く言われるんです。そう言ってる自分がしょっちゅう間違えてるでしょうが!!何だか人前で(花子🌸を出汁に自分は監督してる人なんだ!面倒見てやってるんだ!)ってアピールしたいんでしょうね。わざわざ人前で「大丈夫?」って言うんです。花子🌸は周りの誰よりも年上だから、そんなに見下ろされなくても良いと思う。偉い人がやってきて「あ、花子さん🌸よろしくね!」って遠くから声をかけてくれました。偉そうにしてる奴なんて話もできない人です。気持ち良かった!



夫も花子🌸をバカにして「できないだろ?」って良く言います。飛行機のタッチアンドゴーだって「そんな余計な事しなくていい!」って言ってました。でもチケットを出さずにスマホでピッ!と搭乗口を通過できました。どうよ、花子🌸カッコいい!隣に夫がいなかったから文句も言われず安心して一人カッコよく飛行機にのりました。


では、今夜はこれからユニクロファッションショーをやります。😃💞

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます