追剥と商人

 リュウはマナハイムを飛び出した夜からいっときも休むこともなく、ひたすら道を急いでいた。

 どこに行くあてもなかったがマナハイムの近くに留まっているのは危険であることは分かり切っていた。

 ただ騒がしい表街道は避けて裏道を歩いていたのだが、それでも至る所に関所ができており、それをかわしながら進んだため、なかなか先に進むことができなかった。

 何か妙な気配だった。

 自分が犯した殺人のせいかとも思ったが、それにしては大げさすぎるほど早馬が何度も走ったり、騎馬隊や兵士の群れがときおり駆けて行った。

 リュウはやむをえず昼間は動くのをやめて、夜間のみ移動することにした。



 午後の昼下がり、リュウが木の上で休んでいると下の方で何か騒ぐ音が聞こえた。

 リュウは神経を集中させて、下の気配を伺った。

 どうやら誰かが追剥どもに追われているようだった。

 追われていたものはちょうどリュウが休んでいた木の下まで来て力尽きてへたり込んだ。

「この野郎、てこずらせやがって」

 追剥の一人が、はあはあと息を切らしながら怒鳴った。

「見逃がしてください。この荷を取られたら、私は生きていけません」

 追われていたのはどうやら商人のようであった。

「ふん、どうせ、こんな抜け道を使うなんぞ、ろくな商売でもあるまい。大方、麻薬か何かを運んでいるんだろうが」

「そんなことはございません。これは薬です。娘が大変な病を患っており、どうにか病に聞くという薬を探し当てて、家に戻るところなのでございます。お願いです、どうか、見逃してください」

「薬だと。だったら荷を開けてみろ」

 商人はやむをえないと思ったのか荷を解いて、中身の一つを追剥に差し出した。

 追剥の一人がそれを手に取って包みを開き、胡散臭そうに見つめた。

「ご覧のとおりです。ただの薬でございます」

「娘一人のためにしては、たくさん持っているじゃねえか」

「私は、普段は薬を商っておりますので、商いに使う分も贖ってきただけです」

「ならば、金はあろう」

「お金は全て、この薬を買うのに使ってしまいました」

「ああ言えば、こういいやがる。口が達者なやつだ――俺はお前のような男は好かん。お前みたいな野郎が一番性質たちが悪いと相場が決まっている」

 追剥の一人が吐き捨てるように言った。

「おい、どうせこいつは俺たちの顔を見ちまったんだ。生かしてはおけん。叩っ切るしかあるまい」

 もう一人がにやりと笑いながら言った。

「そ、そんな、私が死んだら、娘一人では生きてはおられません」

「てめえの娘のことなど知ったことかよ。薬がなければ死ぬような娘など生きてる価値もあるまい。まあ、運よく生き残れば、孤児院にでも入れてもらえ。そうして、あそこのたまりにたまったチンカスどもに散々なぶられれば、そのうち男の味を覚えて商売女にでもなろうさ」

 そう言うと、追剥はゲラゲラと笑った。


 リュウはその一部始終を見ていたが、ふっとため息をつくと、おいと下の連中に声を掛けた。

 その声に驚いた追剥たちは、きょろきょろとあたりを見渡していたが、やっと気づいたように頭上を見上げた。

「なんだてめえ、そんなとこにいやがって――話を聞いてやがったな、降りてこい!」

 追剥が凄んだ。

「――てめえらの話なんかどうだっていいから、黙ってやり過ごすつもりだったが、最後の言葉だけは聞き捨てにできねえな」

 そう言うと、リュウは木の上から大きく飛び跳ねて、男たちの後ろに着地した。

 追剥は飛び降りた男がまだ大人になりきっていない少年だとみると、薄ら笑いを浮かべた。

「さては、てめえも薄汚ねえ孤児院あがりのチンカスの一人か。チンカスなりに癇に触ったか、このチンカス野郎…」

 調子に乗ってしゃべっていた追剥の口の中に、いつの間にかリュウの剣が突っ込まれていた。

 追剥はあわあわと、二、三歩後ずさりして、そのまま倒れた。

「おい、チンカスに殺される気分はどうだ」

 リュウは汚物を見るような目で倒れた男を見ると、男の顔に唾を吐いた。

「って、てめええ…」

 もう一人の追剥が言えたのは、たった、それだけだった。

 リュウの剣はあっという間にもう一人の追剥の喉を貫いていた。

 その様子をまるで舞台でもみるように目を見開いてみていた商人は、二人目の男が倒れると今度はリュウの顔を食いいるように見つめた。

 氷のように固まっていた商人だったが、リュウが自分を襲ってこないことを悟ると急にリュウの前に這い進み、神を拝むように手を合わせ、感謝の言葉を浴びせかけた。

 リュウはその言葉をうるさそうに聞いていたが、腹が空いているのを思い出し、腹に手をあてて言った。

「別にあんたに感謝されるようなことはしちゃいない。俺が勝手にこいつらを殺しただけのことだ。だが、なああんた、感謝してるってんなら、何か食いものはないか。この数日、何も食ってないんだ」

「そんなことならお安い御用です。ここにライ麦のパンがあります。ああ、せっかくだから、いますぐスープも作りますのでここで休んでいてください」

 さっきまで死にそうな顔をしてた男が目を輝かせて食事の準備を始めるのをみて、リュウは少し苦笑いしたが、腹が減っているのは事実なので男の好意に甘えることにして、木の根元に腰を下ろした。

 商人はいそいそと焚火の準備を始めて鍋を火にかけると、荷箱から芋や玉ねぎや人参を取り出し、ざくざくと切って鍋に入れた。

 ぐつぐつと煮え始めてくると、さらに白い粉末を取り出して、その中に振り掛けた。

「これは、東の国の調味料で大変いい出汁がとれます。あなたもきっとお気に召すと思いますよ」商人は笑いながら言った。

 確かにあたりに漂う匂いは、リュウがこれまで嗅いだことがないような旨そうな香りで、思わず腹がぐうとなった。

「おっと、お腹が空いておいででしたね。すいません、もうできましたよ。どうぞ、たっぷりと召し上がりください」

 商人は大きな椀にスープを注ぐと、そそくさとリュウに手渡した。

 リュウはあまりに旨そうな匂いに我慢ができず、がつがつと食べ始めた。

 一杯、二杯、三杯、ものも言わずひたすらスプーンを動かしていたが、ようやく腹が満ちたと見えて、リュウは椀を置いた。そのとたん、リュウの口から大きなあくびが出た。

 急に腹がいっぱいになったためなのか、どうにも眠かった。

 これまでの疲れもあった。

 リュウは商人に少し休むと言って、ごろんと横になった。

 そして、あっという間に深い眠りに入っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます