回顧

 リュウは丘の上に立つと、街を振り返った。

 月明かりに照らされて、教会の尖塔が見えた。

 そして、その隣にはリュウがいた孤児院があった。

 思い出とよべるようなものはなかったが、それでも少年時代を過ごした場所には違いなかった。

 リュウには家族がいなかった。

 物心思いついたころには既に孤児院で過ごしていた。

 だが、自分がどんな境遇でここに来たのか知りたいとも思わなかった。

 なぜなら、ここに住む子供たちは、誰一人として過去を語るものがいなかったからだった。

 誰もが心に闇を抱えていた。

 そういう子供同士が一つ屋根の下に押し込まれれば、どんなことになるか。

 リュウは喧嘩に明け暮れた。

 気に食わないことがあれば相手が年上だろうが、自分よりでかかろうが、すぐに殴り掛かった。

 入ったその日に生意気なやつだと目をつけられ、数人がかりで徹底的に痛めつけられた。

 それでもリュウは負けなかった。

 次の日には一人づつ殴り倒した。

 いつの間にか、リュウは孤児院のトップに立っていた。

 誰もリュウに歯向かうものはいなくなった。

 だが、リュウの心は満たされなかった。

 こんなごみ溜めのような場所で一番になったところで何の意味があろう。

 外に出れば、相変らず、薄汚いリュウは野良犬以下の扱いを受けた。

 孤児院と同じように、気に食わないことがあればすぐに喧嘩をふっかけたが、外の世界は容赦なかった。

 大人の持つ腕力、女たちの辛辣な言葉、警官たちに容赦なく警棒でぶちのめされた、金がなければ何ひとつ買うことができなかった。

 とても、子供のリュウが太刀打ちできる世界ではなかった。

 だから、リュウは剣を覚えようとした。

 どんなものでも、剣が強ければそれなりに認められた。みんなが道を譲った。

 逆に、リュウには剣以外に力を得る手段はなかった。

 だがもちろん、師匠や道場に入れるような身分ではなかった。

 山に入り、木を削って、毎日毎日剣を振った。

 リュウの相手は自然だった。

 風であり木であり蝶であり鳥であった。

 一度、山の中で剣を振っている時、熊に出くわした。

 熊は食べるものが無く、腹を空かせていたと見えて、リュウに襲い掛かってきた。

 自分より三倍はでかい熊が目の前で唸り声をあげているというのに、リュウの心は妙に落ち着いていた。

 弱ければ死ぬだけのこと。

 リュウの体に染みこんだその想いが、リュウの体から余計な力を抜いた。

 昔からリュウは自分の体をいとわなかった。

 敵を倒すのに、どうして我が身だけ無事でいられよう。

 敵を倒すために必要なら手でも足でも差し出す。

 敵の隙をつくためなら敢えて殴られもした。

 街の喧嘩と同じようにリュウは木刀を構え、一歩前に進んで熊を睨みつけた。

 引いたら負けだ。気持ちが負けたら絶対に勝てない。そのことを本能的に知っていた。

 熊は唸り声をあげつつも、容易に飛び掛かれないでいた。

 それを見たリュウはわざと視線を外し、剣を下げた。

 その瞬間、熊は爪を立てた強烈な一撃をリュウに放った。 

 しかし、それは空振りに終わった。紙一重で体をそらしたリュウは無防備になった頭に剣を叩きつけた。

 頭蓋骨が陥没する音が聞こえた。

 熊が大きな音を立てて倒れた。

 リュウは熊を見下ろした。

 熊はぴくぴくと痙攣しながらも、哀願するようにリュウを見つめていた。

 リュウはもう一度大きく剣を振り上げると、とどめを刺すかのように熊の頭に叩きつけた。

 熊はそのまま息絶えた。

 

 それ以降もリュウは人知れず、剣を振るった。

 その剣は飛ぶ蝶を捉え、蜻蛉を叩き落とすほどのものになっていた。

 リュウは国教会主催の剣技大会が街で開催されることを知った。

 誰でも参加することが可能だった。

 孤児院のものたちは、子どもらも職員も皆反対した。無様に負けるのが目に見えていたからだ。

 だが、リュウは一人大会に赴いた。

 受付のものは、ぼろをまとったリュウを見て追い払おうとしたが、その身から出る殺気のようなものに押されて、どうせ痛い目を見るだけだからと自分を納得させて参加を許した。

 そこから先はリュウの独り舞台だった。

 どいつもこいつも形ばかりで、殺すための覚悟もない剣ばかりだった。

 リュウは全てを瞬刻のうちに打ち倒した。

 実際、リュウの剣の速さは尋常ではなかった。相手が構える間もなく、必殺の突きが相手の喉骨を砕いていた。

 こうしてリュウは見事に優勝し、王の騎士の称号を得ることができたのだった。


 思い出といえば、そんなことくらいだった。

 決して戻りたい場所ではなかった。だがやはり、何かが詰まった場所でもあった。

 リュウは孤児院を最後に一目見ると、小さく頭を下げた。

 そして、歩き出した。


 どこいくあてもなかった。

 お尋ねものになってしまった自分が、国王の騎士団に入れるとも思ってなかったし、そもそも、そんなものに未練もなかった。

 リュウが欲するのは力だった。この世界を生き抜く力だった。

 そんな力を探したいと思った。


 その時だった。背後に殺気を感じた。

 振り向いた瞬間、白刃が目の前を通り過ぎた。

 リュウは薄闇の中、目を凝らした。

 そこには、10人を超える荒くれものが、それぞれ剣や斧を持って身構えているのが見えた。

 そして、その後ろから一人、場違いな格好をした金髪をオールバックにした少年が現れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます