マナハイムの夜

 リュウが住むマナハイムの街は、住民は3万人前後だが国境近くにあるため隣国と交易するものたちの往来が盛んで、街は大いに栄えていた。

 こうした旅人が多い交易都市で酒場や娼館が賑わうのは歴史の常であるのかもしれない。

 アルコール臭が混じったごみ溜めのような匂いを充満させたマナハイムの繁華街は毎夜毎夜、たまの憩いを酒で紛らわすものたちや、溜まりに溜まった性欲を満たそうとする男たちでいつも賑わっていた。

 そんな笑い声や怒鳴り声が飛び交うマナハイムの繁華街を、リュウはいつものように黙りこくって歩いていた。

 旅の客を自分の店に誘い入れようとする、けばけばしい化粧をした女たちがそこかしこに立っていたが、歩いてきたのがリュウだと知ると皆こそこそと話をしながらそっぽを向けるのだった。

 だがリュウはそんなことは歯牙にもかけず、繁華街の外れにある古びた酒場の戸を開いた。

 そこはどちらかと言えばこの街の住人向けの酒場で、造りも質素でそれほど騒がしいわけでもなく、酒代もぼってるわけではないので、リュウが顔を出せる唯一の店だった。

 リュウはいつものようにカウンターの端の席に座ると、腰の剣を脇におろした。

「お前か……金はあるのか」

 店主がリュウの前に近寄ってきて、不機嫌そうに尋ねた。

 リュウは相変らず無表情でポケットからじゃらじゃらと小銭を出すと、カウンターに乱暴に置いた。

 店主はそれを見ると、ビールを無造作に置いて離れていった。 

 リュウがビールを手にかけ口に運ぼうとしたとき、店の中にいた一人の女が隣の席に座ってきた。この店で働くサラという女だった。

「リュウじゃないか、久しぶりだね――なんだい、今日も面白くないことがあったって顔だね。たまには女でも買って、うさを晴らしたらいんだよ」

「――うれせえな。お前なんか、もっと金のある客の相手してりゃいんだよ」

 リュウは不機嫌そうに、だが、それでも少しは人間味のある顔をして言った。

「ふん、こっちだって、プライドがあるからね。嫌な男に抱かれるくらいなら、そいつのペニスを食いちぎってやる」

 この店も他の酒場と同様、一応は娼婦を何人か揃えているのだった。娼婦たちは金を持ってそうな客の隣に座ってその気にさせ、交渉が成立すると、店の二階にあがって体を売る。そういう仕組みになっていた。

 リュウは娼婦らしからぬサラの言葉を聞いて失笑気味に笑うと、ビールをぐいと喉に流し込んだ。


 その時だった。吹き抜けになっている二階から女の叫び声が聞こえた。

 そして、酔っぱらった男の怒鳴り声と人を殴る音が聞こえてきた。

 店内は一瞬にして静まり返った。

 二階の一室の扉が開き、既にすっかり酔っぱらって赤い顔をした男が顔を出したかと思うと、素っ裸の娼婦を抱えて階段をよろよろと降りてきた。

 そして、女をホールに投げ捨てると店主に向かって喚きたてた。

「なんだ、この女は! まんぞくにペニスもしゃぶれねえのか。おい店主、どういう教育してやがるんだ。しかも、こんな貧相な女をあてがいやがってよ。せっかくぶちまけようと思ったこの欲求をどう解消してくれるんだよ。しかも、俺の拳がすりむいちまったじゃねえかよ!」

 男は醜く太った体を晒しながら、拳を店主に見せつけた。

 その拳は女の血で真っ赤に染まっていた。

 よく見ると、床に放り投げられた娼婦の目の周りは既に大きく青く腫れ上がっていた。いや、目だけでなく、体中に殴られた内出血の痕ができていて、口からは血が流れていた。

「――どうも、すいません。そいつは今日が始めてだったんで。でも、それは旦那だって承知だったじゃないですか」

 店主は目の前の客の機嫌を取るように媚びた笑いを浮かべた。

「こんなかすみてえな女だとは思っても見なかった――おい店主、お前はこんな商売してるくせに分かってねえなあ。女ってのは上手にしゃぶって、腰振ってりゃいんだよ。分かってんのか、そう言う風に教育しなきゃいけねえんだよ。そんなこともできねえんじゃ、女なんて、生きてる意味がねえだろ。お前がしっかり教えてねえから、俺がわざわざ教育しなきゃいけなくなるじゃねえか。おい、店主、しっかり教育しとけよ」

 男は急に上機嫌になって、しゃべりちらした。

「すっかりしらけちまったじゃねえか。おい、もっと別な女はいねえのか、もっと活きのいいのがよ。おい、知ってるか、穴につっこんでから女の首を絞めると、そりゃ、あそこも締まって最高らしんだとよ。特に死ぬ間際ってのが最高らしい。おい店主、金は弾むから、誰か活きのいいのよこせ――おお、そこに、なんだか生意気そうな女がいるじゃねえか、そいつでいい」

 そう言うと男は、いやらしい笑みを浮かべてサラの方に近寄ってきた。

「ほお、近くで見ると意外といい女じゃねえか。おい、上に行くぞ。いい思いさせてやるからよ。もしかしたら死ぬかもしれねえが、いいだろ。気持ちいいことしてもらって、あの世にいけるんならよ」

 男はサラの体を舐めるように見て、にやにやと笑った。

 その顔に水がぶっかけられた。

「誰が、あんたみたいな豚の相手するもんか。とっとと出てけ、二度と来るな!」

 そう言って、サラは物凄い形相で男を睨んだ。

 男は最初何が起こったのか分からなかったようで、びしょびしょになった自分の体を痴呆のように眺めていたが、ようやく、自分が娼婦から水をかけられたのだと悟り、急にその顔が怒りに染まった。

「てめえ、娼婦の分際で、この俺に水をかけるとは――」

 その言葉も言い終わらぬうちに男はサラに殴り掛かっていた。

 サラは思わず目を閉じた。

 だが、いつになっても衝撃はなく、逆に、妙なうめき声が聞こえてきた。

 サラはうっすらと目を開けた。

 そこで見たのは、男の手首を掴んだリュウの姿だった。男の手首からはゴリゴリと骨がきしむ音が聞こえていた。

「いてええ、いてええ、てめえ、なにしやがるんだ。俺を誰だと思ってる。この街の警察署長だぞ。こんなことして、ただですむと思っているのか……やめろ、手が砕ける……やめっ、うわあああ」

 警察署長と名乗った男は手首を抑えて蹲った。手首の骨は完全に折れていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます