ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 エピソードゼロ

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

79

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 風光明媚で、食べ物も美味しい。誰でも一度は行ってみたくなる、そんな場所です。

 この短編集は、第17回ビーンズ小説大賞奨励賞を受賞した『ルクトニア領百花繚乱輪舞曲』を、その続編の『ルクトニア領千紫万紅輪舞曲』のキャラクターたちを含めて書籍化された『ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中』の、いわば前日譚となるもの。

 書籍版だけ読んでも問題ないものの、改稿部分が多いので、WEB版を読んだ読者のため、そして書籍版を待ち切れないファンのために書かれた「エピソードゼロ」である。

 キャラクター紹介をかねた短編集で、それぞれに独立した一場面を切り取った宝石箱のようなエピソードの数々。


 へえ、こんな人たちが出るのか。逆にこの人たちは出ないのか……。
 などと、WEB版を読んだ人は興味をそそられ、読んでいない人たちは物語の冒頭だけお試しできるという企画である。

 書籍版を予約していて、発売まで待てないという人はもちろん、へー今度出る書籍ってどんなもの?という人も、そこそこ楽しめる内容。


 あなたがもし、この風光明媚なルクトニア領に興味があるのなら、さらりと旅してみては、いかがでしょうか?





★★★ Excellent!!!

来月初めに刊行される、「ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中」というご本の予告編だそうです。

私は恥ずかしながら、作者様の書かれている一切「ルクトニア領」を知らずに、このお話を読んでいたのですが、すんなり世界観に浸れて、次々溢れる魅惑的なキャラ、気になる人物関係など、いろいろなものがてんこ盛り、目白押しです。

とくに気になるのは主役二人と、その父母たち。
魅力的でそれぞれ愛の深い二対の夫婦から生まれた子供たちが、どのような愛を育んでいくのか、非常に楽しみです!

12月はじめのご本が、たのしみでなりません。

★★★ Excellent!!!

12月1日に発売される『ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中』の予告編です!
カクヨムで発表されている「ルクトニア領百花繚乱円舞曲」や「ルクトニア領千紫万紅輪舞曲」を知らなくても大丈夫!

書籍化されるにあたり、装いも新たな猫かぶり殿下・アルフレッドと護衛のオリビアが読者の心をわしづかみにしてくれます!

読んで興味を持たれた方は、ぜひ書籍を、そして「ルクトニア領百花繚乱円舞曲」や「ルクトニア領千紫万紅輪舞曲」も読んでみてください。
素敵な物語にどっぷりハマれること、間違いなしです!

★★★ Excellent!!!

書籍発売カウントダウン中の『ルクトニア領繚乱記』、その前日譚をぎゅぎゅっと詰め込んだ短編集です。

ぎゅぎゅっとコンパクトな中で、キャラクターの魅力がもう過剰!な短編がずらり勢揃い。


さらに、カクヨム公開中のルクトニアと書籍版では大きく様変わりとの噂。

公開中の完結作、エピソードゼロ、そして書籍版と三段構えのルクトニアの物語。あなたも是非、足を踏み入れてくださいませ。

★★★ Excellent!!!

本来は壮大な物語です。
ルクトニアの名を冠する小説がこの他に二作あり、しかもそれぞれが10万文字以上。
だけど本作は約17,400文字。
さらにはエピソードゼロです。
本作を読むだけでも、ルクトニアの世界観や雰囲気、人間関係がバッチリとつかめます。
書籍化もされるので、ぜひこの機会に。

★★★ Excellent!!!

ちなみに私は『知ってる方』です。
そりゃあもちろん『知ってる』方が何かと楽しいものです。

が!

いや、まず読んでみましょう。さぁさぁ。

あれ、もしかしてこれ、本編めっちゃ面白いやつじゃね……?

と興味を持たれること請け合い!損はさせません!お客さんっ!!


正直書籍化作品って、長いやつ多いじゃないですか。200話越えてもまだ連載中とかだったりして。ですが、青嵐さんのルクトニアはしっかり完結してますのでその辺はご安心ください。
何なら「もっと読みたい。もっとこの世界に浸っていたい」と思えちゃうくらい。

だから、皆さん読みましょ。
そんで本もわさわさと買って、青嵐さんに続き書かせましょ!Ψ(°∀°)Ψ

★★★ Excellent!!!

12月1日発売の『ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中』。ですがそれまで待てないと言うあなた、まずはこちらで予習をしましょう。

本編が始まる前、各キャラクターが何をしていたのかが書かれていて、ファンには嬉しいところ。
一方ルクトニアにまだ触れたことのない方は、本作を読んでその魅力を堪能してください。そして気に入られたら本編をぜひ!

★★★ Excellent!!!

ビーンズ小説大賞奨励賞を受賞された本編の予告編とのこと。
わたしはまだ本編を拝読しておりませんが、すっかり魅力に取り憑かれました。

流れるような文体とキャラクター個々の心情描写が丁寧で、少し読み進めただけでもそれぞれの立ち位置や過去が垣間見える巧みな手法、大変勉強になりますし、なにより物語自体が楽しいです。

12/1書籍発売とのこと。
これはもう早速予約して紙の本で読ませていただこうと思います!
アレクシアとユリウスの恋物語、楽しみにしておりますー!!