海が太陽のきらり

作者 奈月沙耶

歴史物、和風ファンタジー、この言葉に目を止めたなら読んでください

  • ★★★ Excellent!!!

上の言葉に強く惹かれてしまう者は少なくなかろう。
こうして筆をとっている本人もその一人である。
この作者様の他の歴史物を拝読した折にも、その見事さに息を飲み、たちまち物語世界の虜にされた記憶が蘇る。さればこそ、企画でこの領域へ! これは期待しかない。読了惜しいと思いつつ読み進めること最終話。

しかして期待は裏切られることなし。
蓋し、先を望む声の上がること必至。

企画作品ということは忘れても良い。いや、そう頭において読んだとて、畢竟、物語を開いたらそのようなことは忘却されよう。

そのようなわけで、時間を超え、いにしへの世界へ舞い降りて、あなたも海斗の身になって、この上なく美しく強い陽子に会いましょう!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

蜜柑桜さんの他のおすすめレビュー 269