海が太陽のきらり

作者 奈月沙耶

え? 海が太陽のきらり? 何それ? 美味しいの?

  • ★★★ Excellent!!!

最初に述べておきます。
この作品を『海が太陽のきらり』だと思ってはいけません。
海斗と陽子の、青い春のラブリーでキュートでゆるふわイチャラブな話を望んで訪れた方へ警告です。
今すぐブラウザバックしなさい! お呼びではありません!
この作品はそんな甘っちょろい考えで読んでは駄目です。
と言うか、読んでは駄目です。
きっと、心が折れます。私は折れました。
この物語は『海が太陽のきらり』ではありません。『海が太陽のきらり』である必要性すら感じません。
何故、あのプロットからこの話が生まれるのか?
作者様の意図するものがビシバシ伝わってきます。反骨精神バリバリです。
「どう? 貴方にこんな物語が書けるかしら?」と。
そんな作者様に声を大にして言いたい。


書ける訳がねぇ~~~!!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

えーきちさんの他のおすすめレビュー 207