第31話

 俺はまず由比の胸を揉み始めた。


 むにゅ♪


「あんっ♪ い、いきなりぃっ!」

 

 由比の胸は張りがあってもみごたえがある。

 聖水も勢いよく出てきた。

 乳首が上を向いているので俺はぎゅっと下に引っ張る。


「あひぃん♪ な、なかなかうまいじゃない」

「そうか? じゃあこれはどうだ?」


 俺は由比の巨乳を根元からぎゅっと先に向けて絞った。


「ちょっ! まっ! くううううううううううぅぅぅぅん♪」


 由比の胸から出る聖水に勢いが増す。

 由比はびくびくと体を震わして横になった

 すると聖水は止まった。


「よし。つぎは風香だな」

「お、おねがいします…………」


 急にしおらしくなる風香。

 恥ずかしそうにしながらも俺の股間に股をすりつけてくる。

 俺は風香の乳首を触った。


「陥没してるのか」

「すいません…………。変…………ですよね?」

「いや。個性的でいいんじゃないか」


 俺は風香の胸をぎゅっと絞った。

 すると先っぽが少し出てくる。


「ああん♪ すごいですぅ♪」


 風香は聖水を出しながら気持ちよさそうにする。

 だけどまだ風香の乳首は全部出てこない。

 

「どうする? もっと強くしてもいいか?」

「は、はい………。わたし、強い方が好きなんで…………」

「そうなのか?」


 見かけによらず風香は積極的だった。


「じゃあこれくらい?」


 俺は風香の柔らかな巨乳を強く絞った。

 聖水がぷしゃーっと出てくる。


「おほおおおおおぉぉぉっ! す、すごいですぅっ♪ で、でももっと強くしてくださいぃ♪」

「こうか?」


 俺はさらに力を入れた。

 するとさらに勢いよく聖水が出てくる。


「あひいいいいいぃぃぃっ! 出ちゃう! 全部出ちゃうぅぅ♪」

「よし。これでどうだ!」


 俺は最後に思いっきり風香の胸を絞った。

 胸は形を変え、聖水が溢れ出す。

 そして風香の陥没乳首がすべて出てきた。


「でちゃうのおおおおおおおおおぉぉぉぉぉっ!」


 風香は聖水を出し切ると仰け反った。

 白目を向いて舌を出し、ガクガクと震える。

 よっぽど気持ちよかったらしく、おもらしまでしている。


 あまりに風香が激しいので、クレアは苦笑いした。


「や、やっぱりクレアはいいかも」

「そうか? じゃあ今日はこれくらいにするか。と言っても…………」


 俺は桃音、由比、風香を見つめた。

 三人とも気持ちよさそうにぐったりしている。

 聖水や汗やそれ以外であたりがびしょびしょだった。


「これをどうにかしないとな…………」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます