第29話

 桃音が腰を震わすので、俺の股間にお尻を擦り付けるみたいになった。

 汗のせいか桃音の股は濡れていた。

 俺は不安になって尋ねる。


「こ、これで本当にいいのか?」 


 すると桃音は頷いた。


「うんっ♪ すっごくいいよぉ♡ もっといっぱい揉んで♪」

「わ、わかった…………」


 俺は桃音に言われた通りに柔らかい巨乳を絞った。

 若い肌は綺麗で、手に吸い付く。

 揉むたびに壺は白濁の聖水で満たされていく。


「んんんっ♪ そうそう。リズムよく揉んでね♪」

「お、おう」


 俺はむぎゅむぎゅと桃音の巨乳を揉んだ。

 桃音は気持ちよさそうに目を細めた。

 さっきからお尻を俺の股間に押し付けている。


「はあはあ…………♪ 先っぽもお願い♪」

「こうか?」


 俺は桃音の胸の先をぎゅっとつまんだ。

 すると聖水が勢いよく出てくる。


「くうぅ…………! すごいよぉ……♪ こんなのはじめてぇ…………♪」


 桃音の顔はとろけていた。

 目はハートでよだれを出しながら腰をガクガクと震わしてる。


 それを見て他の三人は羨ましそうにしていた。


「桃音、早く変わりなさいよ」

「そうです。桃音ちゃんばっかりずるいですよぉ」

「クレアはこの前絞ったばかりだからまだ平気だと思ってたけど、これ見るとやってもらいたくなっちゃった」


 俺が桃音の胸を揉んでいるのを寮母さんは休憩しながら見ていた。


「やっぱり男の人の方が体力があっていいですね~。桃音さんもいつもより勢いがいいみたいですし」


 桃音は気持ちよさそうに頷く。


「うん♪ 寮母さんのちっちゃくて優しい手もいいけど、先生の力強い手も気持ちいいよぉ~♪ ああんっ♪ もう全部出そう…………♪」


 俺は胸を揉みながら桃音に聞いた。


「このままでいいのか?」

「うん♪ 一気に最後までお願い♪」

「わかった」


 俺はさっきまでより力を入れる。

 すると桃音の胸からさらに勢いよく聖水が出る。


「くひぃぃん…………っ! すごいよぉぉぉぉ…………っ!」


 桃音はだらしなく舌を出していた。


「出る! 出る出る出る! 全部出るのおおおぉぉぉっ!」


 俺は風香の言う通り、最後まで桃音の巨乳を絞った。

 すると桃音は腰をそらし、ガクガクと痙攣した。


「ひぐううううううううううううううううううぅぅぅぅっ♪」


 桃音の柔らかい巨乳から大量の聖水が溢れ出す。

 聖水が壺をいっぱいにすると、桃音はその場にぐったりとへたり込む。


「だ、大丈夫か?」


 俺は心配になって桃音の顔を覗いた。


 桃音は気持ちよさそうにとろけた顔で舌を出しながら痙攣を続けた。


「せんせぇ~……………♪ すごすぎだよおぉぉ~……………♪」

 

 桃音の胸から聖水が止まると、お腹の紋章が消えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます