記憶を踏みつけて愛に近づく

作者 幸野曇

骨が曲がる病気の二人が心を通わせる話

  • ★★★ Excellent!!!

側湾症、という、(私は)あまり聞いたことのない病気の二人が、病院で心を通わせるお話です。
学校の描写が生々しくて、自分もあまり理解のもらえない病気だったので、とても共感しながら読んでいました。
主人公のヒロインに対する声かけが優しくて、ああ、素敵なお話だなと思います。すっと入ってくる描写なので読みやすいので、是非最後まで読んでほしいです

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

七篠空木さんの他のおすすめレビュー 17