半実話あやし奇譚(思いもよらない奇妙な体験)

作者 烏目浩輔

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第8話 【書籍化】聞いてしまうとへのコメント

    知らぬが仏ですね。
    自分はラッキーって言って座っちゃいます笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    まさにそれです。
    知らぬが仏。W

    2021年10月9日 00:34

  • 第7話 【書籍化】バスルームへのコメント

    せっかくだったら……確かめておけばよかったですね。
    いや、確かめない方がよかったか!?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    確かめていたらなにがいたんでしょう。
    想像すると、こわ・・・

    2021年10月9日 00:34

  • 〔番外編〕最もあやしい話へのコメント

    書籍化おめでとうございます(^^)
    これまで読んだエピソードの中で一読者の私も一番嬉しくなるお話でした!

    作者からの返信

    >書籍化おめでとうございます(^^)。
    これも華さんを含めた、呼んでくれた方のおかげです
    ありがとうございます!

    2021年10月7日 00:11

  • 第50話 痣へのコメント

    足だけではなく首まで…!
    恐ろしいです…。

    私、小さい頃からお化けに足を引っ張られないように布団に足を入れて寝る癖があるのですが…この年でもしっかり足を布団に入れて寝ようと思いました笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    足はまだしも、首はね・・・
    殺意がありありとしていて怖いです。

    >小さい頃からお化けに足を引っ張られないように布団に足を入れて寝る癖があるのですが…
    かわいらしい癖ですので、これからもそうしてください。笑

    2021年10月7日 00:10

  • 第49話 開かずのトイレへのコメント

    トイレの花子さんは有名ですが…
    後から部員が怪我をしたとなるとそれを遥かに超える怖さがあります。ゾゾゾ…(TT)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうなんですよ。トイレの花子さんよりたちが悪いっぽいです。
    こわいこわい・・・

    2021年10月7日 00:09

  • 第46話 ついてきて(後編)へのコメント

    良いお話でした。
    仔猫を育てた林さんは間違いなく素敵な方です。だから、良縁にも恵まれたのでしょうね(^^)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    猫の恩返し的なやつでしょうか。
    ジブリの映画であったような。

    2021年10月6日 03:48

  • 第44話 S小学校へのコメント

    学校の跡地って、もともとお墓があったとか怖いイメージがあります。
    なんだか、昔から何か因縁があったように感じます。
    その土地が近所でないことを祈ります(• ▽ •;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    学校ってお墓だったこともあるんですね。
    それは、なんだか怖いです。
    土地になにかあったのかもしれません。

    2021年10月6日 03:47

  • 第43話 約束へのコメント

    おばあちゃんと、孫の関係があまりに暖かく感動しました(TT)
    こうして、いつまでも良い関係を築けるのって理想的だけど難しいんですよね…。
    でも、小山さんに降り掛かった災難も大変はものでしね…。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >こうして、いつまでも良い関係を築けるのって理想的だけど難しいんですよね…。
    確かに。いろいろありますからね。いい関係を続けられるのは貴重かも。

    小山さんに降りかかった災難がすべて解決してよかった。

    2021年10月3日 22:19

  • 第42話 【書籍化】寝言へのコメント

    こ…怖っ!!(TT)最後の最後にどーんと落とされました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    日高さんを挟んでいたふたりは何者だったんでしょう。
    こわい・・・

    2021年10月3日 22:11

  • 第38話 夢へのコメント

    シュール過ぎる幽体離脱ですけ(・_・;)
    親からしたら、生命誕生の行為は見に来ないでほしいですよね笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    はい、とてもシュールです。
    一番見せたくないシーンですし、一番見たくないシーンでもあります。

    2021年9月30日 03:32

  • 第37話 【書籍化】女医の霊(後編)へのコメント

    まさかの結末でした!そして、最後はいい話で終わり、ほっこりしました。

    ちなみに、私も時々金縛りになるのですが怖くて目を開けたことはありません。
    穴の空いた目に足だけの霊を見たりしたらトラウマになりますね(TT)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    金縛りにあう人なんですね。
    僕は一度もありません。
    金縛りにあったとして・・・僕も絶対に目をあけませんね。w

    2021年9月30日 03:31

  • 第35話 【書籍化】フランス人形へのコメント

    絶対に人形をプレゼントしてはならないと肝に銘じました。

    怖くて捨てられらないものが一番厄介ですね…。いずれ川上さんの元に来ることになると考えると………ゾッ(TT)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    人形のこの手の話は多いですよね。
    人間に似ているものだから、なにかが入りやすいのかもしれません。

    2021年9月30日 03:30

  • 第34話 一緒にへのコメント

    怖い…一緒に連れて行くか、娘を殺して保険金を得ようと策略していたのかもしれません。殺したら保険金がもらえないと考え直したのかも(TT)
    なんにせよ…トラウマになりそうですね…。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    保険金ですか。ありそうですね。
    ただ、自分は死なないかもですが。
    いずれにせよトラウマにはなるでしょね。

    2021年9月30日 03:29

  • 第30話 トラックが三台へのコメント

    えっ…怖いですね(TT)
    三代目が自分の代で…何が原因で呪われているのかもわからないなんて…。
    お祓いだけでも行ったほうが良いかもしれませんね…(TT)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    得体の知れないものが一番こわいですよね。
    自分の代になにかありそうって本当にこわいです。
    おっしゃるとおり、おはらいをすべきかも。

    2021年9月27日 05:12

  • 第26話 姉へのコメント

    臨死体験からの時空を超えて見守ってくれているという話…感動しました!

    私も、二度事故に合ったことがあるのですがどちらも一瞬の出来事で死んだら眠りについたように真っ暗なのかなと思ったりしました。
    二回ともごく軽症だったので、その場で自分で警察に電話したり避難する余裕はあったのですが…(• ▽ •;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    事故に遭ったことがあるんですね。しかも二度も。
    でも、軽症でよかったです。
    僕も一度だけあるのですが、すり傷だけのごくごく軽症でした。

    2021年9月25日 03:51

  • 第25話 写真へのコメント

    死相…今では毎日当たり前のようにスマホで写真を撮るので怖いですね。
    ゾクッとするお話でした!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    本当ですね。いすかスマホに死相が現れるかもですね。
    こわ・・・

    2021年9月25日 03:51

  • 第20話 お地蔵さま(後編)へのコメント

    えぇ…!霊から「ついてくるな!」と怒鳴られたりすることもあるんですね。怖すぎます(TT)この奥さんに出会わなければ何か不吉なことが起こっていたかもしれませんね…。
    それからも同じ道を通る勇気もすごいと思いました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ついてこられるのが、めっちゃイヤだったんでしょうね。
    助かったのは奥さんのおかげです。またついていってたら、なにがあったかわかりません。

    2021年9月21日 01:07

  • 第18話 【書籍化】ハジメくんへのコメント

    ハジメ君…。怖いですね(TT)
    昨今だと子どもが高熱の後に突然死というのはあまり聞かないので…。
    お迎えに来てくれる男の子だったのか…連れて行く男の子だったのか…。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >お迎えに来てくれる男の子だったのか…連れて行く男の子だったのか…。
    なるほど。どっちとも取れますね。
    お迎えならいいですけど、連れて行くほうだったら。
    こわ・・・

    2021年9月21日 01:08

  • 第15話 ふたりでひとりへのコメント

    夫婦愛に溢れた良いお話ですね(^^)
    先立たれてしまったことや病気は悲しい事ですがお互いを信頼し合える老夫婦になりたいと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >お互いを信頼し合える老夫婦になりたいと思いました。
    そうですね。それが理想ですよね。
    でも、難しそうです。w


    2021年9月17日 22:21

  • 第10話 【書籍化】事故物件へのコメント

    怖いですね…。5回も同じことがあったから、ひらがなに意味があったのかもしれないので解読してほしかったです…!
    とは言え、私は怖くて入れません(TT)ヒエ~

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    一回でも怖いのに、五回ですからね。
    そりゃあ、退社しますよね。
    もしかしたら、ひらがなに意味あったのかもしれませんね。

    >私は怖くて入れません(TT)ヒエ~
    僕もです。怖くて入れません。

    2021年9月17日 01:31

  • 第8話 【書籍化】聞いてしまうとへのコメント

    え〜…あいてたら、ラッキーで座っちゃうかも…。
    視えないって恐ろしいと思いました…!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    僕も座るかも。
    見えないほうがしあわせということもあります。w

    2021年9月9日 21:43

  • 第4話 新しい家族(後編)へのコメント

    思わず涙が…。奇跡のようなお話でした。
    人間と猫でもこうして絆を紡いだり、別れが訪れるのですね。
    私も昔猫を飼っていたのでそれが重なってさらに胸がギュッとなるところがありました( ;∀;)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    猫って自由気ままのようで、実は情の深い動物らしいです。
    人間と心が通うこともあるのかもしれません。

    2021年9月4日 01:19

  • 〔番外編〕最もあやしい話へのコメント

    『書店の場合は児童書コーナーにあるはずです』

    ……そうだったのか!

    どうりで、ラノベのコーナーを一生懸命探してもないワケです。
    今度、探してみます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうです。児童書コーナーにあります。
    その他の五分で読書シリーズも一緒に並んでますよ。
    というか、さがしてもらってありがとうございます!

    2021年7月25日 02:09

  • 第8話 【書籍化】聞いてしまうとへのコメント

    お久しぶりです。 今部屋で一人で読んでたら結構怖くなりました。
    基本平日は毎日電車使ってるんで、あるあるネタと思いつつ、これ座れなくなるパターンじゃん!
    と思いました。
    老後になって、これ思い出したらどうしよう(笑)

    面白かったです♪
    ではでは!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    おひさしぶりです。
    知ってしますと座りにくくなりますよね。世の中、知らなくてもいいことがあるようです。笑

    >面白かったです♪
    ありがとうございます!

    2021年7月23日 11:11

  • 第5話 優しいおばちゃんへのコメント

    独特な読後感が昔のホラー漫画みたいで素敵でした。 全体的な雰囲気や話の終わり方もリアリティーが有って良かったです。
    うまく言えませんが、全体的に絶妙なバランスですね♪

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    なんて嬉しいお言葉。ありがとうございます!

    2021年7月9日 03:34

  • 第1話 【書籍化】さがしものへのコメント

    久しぶりにホラーもの読んでドキドキしました。 地味に怖い。 気になるので他の作品も時々読ませていただきます。

    作者からの返信

    >気になるので他の作品も時々読ませていただきます。
    ありがとうございます!
    じんわり怖いのを目指して書きましたので、よかったらちょくちょく読んでください。


    2021年7月6日 01:32

  • 第28話 良き妻へのコメント

    凄まじいオチですね…!
    ナツが救われるルートが全く見つからない…
    寺西さんが夢を見た段階では奥さんの凶行を止めることはできませんし…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    生きてる人間が一番こわいです。
    あ、ヒトコワはジロギンさんの得意分野でしたね。

    2021年5月28日 18:44

  • 第28話 良き妻へのコメント

    最近、私も抜け毛が気になり……。
    Σ(゚Д゚) 私もナツと同じ運命に!?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    人間も抜け毛やばいですね……
    同じことにならないよう気をつけておいてください。笑

    2021年5月24日 15:14

  • 第22話 夢十夜(夏目漱石)へのコメント

    遅ればせながら、コメント失礼いたします💦
    確かに『夢十夜』と『半実話あやし奇譚』は似ていますね!

    『夢十夜』は10年ほど前に読み、だいぶ欠落してるところもあると思うのですが、かなり好きな作品です。

    何夜か忘れてしまいましたが、「重たくなる赤ちゃん」の話と、「金剛力士像?を作る話」が以上に残っています(朧げながら…)。

    『半実話あやし奇譚』、とても楽しく読ませていただいております。
    まだ読み途中ではありますが、コメントなどもさせていただければと思います!^_^

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >確かに『夢十夜』と『半実話あやし奇譚』は似ていますね!
    夏目大先生の作品と似ているなんて、おそれおおいです。

    >何夜か忘れてしまいましたが、「重たくなる赤ちゃん」の話と、「金剛力士像?を作る話」が以上に残っています(朧げながら…)。
    僕はそっちのほうが欠落してますね。全然覚えていないです。笑

    >『半実話あやし奇譚』、とても楽しく読ませていただいております。
    まだ読み途中ではありますが、コメントなどもさせていただければと思います!^_^
    ありがとうございます!

    2021年5月24日 15:16

  • 第10話 【書籍化】事故物件へのコメント

    ゾッとしました…(゚o゚;;
    今の自分の家も知らないだけで事故物件なのかな…なんて心配になってしまうお話です涙

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
     
    知らないうちに事故物件に住んでるなんてこともあるかもしれません。怖い……

    2021年5月14日 20:41

  • 第22話 夢十夜(夏目漱石)へのコメント

    『夢十夜』私も大好きな作品。

    しかし、最近、思うコト。これって現代ファンタジー? じつはラノベ?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    『夢十夜』、好きな方は結構多いですよね。
    ちょっと昔ファンタジー、でしょうか? 笑

    2021年5月13日 12:34

  • 第41話 【書籍化】怒鳴り声へのコメント

    うん。あの時はゴーって音が海側から近づいてきたんですよね。覚えてますよ。
    これは怪談じゃなく、いい話ですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    僕もゴゴゴという地鳴りのような音を聞きました。
    たまにこわくないものも混じってます。

    2021年4月12日 18:54

  • 第8話 【書籍化】聞いてしまうとへのコメント

    こういう、日常にぽっと入ってくるような「ちょっと怖い話」って、後に引きずるような感触があって良いですね。

    作者からの返信

    返信が遅くなってすみません! コメントを見逃していました。

    ありがとうございます。微妙に引きずるように書いたつもりですので、そう言っていただけると成功したように思います。
    うん、よかった……

    2021年4月12日 18:53 編集済

  • 第2話 守られているへのコメント

    子供かもしれませんね、の、軽い調子でちょっと怖い
    でもどこか暖かい感じが奇妙で素敵でした

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    暖かい感じもしましたか?
    僕はそのつもりで書かなかったのですが、読んでくれる人はいろいろな感想を持ってくれますね。
    お読みいただきありがとうございます!

    2021年4月7日 02:17

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

     改めておめでとうございます!
     そして、この作品、一気読みさせて頂きましたっ!(ぺこり)

    作者からの返信

    >改めておめでとうございます!
    ありがとうございます!

    >一気読みさせて頂きましたっ!(ぺこり)
    重ね重ねありがとうございます!

    2021年4月4日 03:00

  • 第44話 S小学校へのコメント

     お盆の時期は……気をつけないと💧

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    お盆の時期は不思議な話が多いですね。
    気をつけないと巻き込まれかもしれません。

    2021年4月4日 03:00

  • 第43話 約束へのコメント

     感動です……本当に全部持って行ってくれたんですね(涙)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    全部、なにもかも持っていってくれたみたいです。

    2021年4月4日 02:59

  • 第42話 【書籍化】寝言へのコメント

     こっ……怖い💧 この回は昼間読んでも怖かったです💧

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    寝ていたの誰だったんでしょうか。
    部屋に入ってきたのは誰だったんでしょうか。

    2021年4月4日 02:59

  • 第37話 【書籍化】女医の霊(後編)へのコメント

     怖い内容かと思ったら……あ! 近況ノートにコメント頂いたときに、昼間だったから、この作品をを読みに伺える!
     と、気づいて、読みに伺ったら、この回はとても良いお話で、思わず女医さんの医者としての志しの強さ(高さか)に驚くやら敬服するやらでした。

     

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    この女医さんの職業意識は高いですね。
    ちなみに、女医という言葉は、女性差別と取られる可能性があるそうです。
    だから書籍版は女性の医者になっています。

    2021年4月4日 02:58

  • 第21話 【書籍化】座敷童へのコメント


     信じる者は救われる んですね。
     信じているから怖くない。でも、もし、疑問に思うようになったら……。
     やっぱり、「>たぶんそれ、別のなにかだと思いますよ」とは私も言えない。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    間違ったものを信じているのは、ちょっと気の毒のような。
    でも、別のなにかだとは言えません。

    2021年2月23日 13:43

  • 第18話 【書籍化】ハジメくんへのコメント


     怖いです。
     見たら最後なんですよね……。死神さんなんでしょうか……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    言われてみれば、そうですね。
    死神的ななにかということもありますね。
    何者なんでしょう。

    2021年2月22日 01:39

  • 第17話 変なもんへのコメント

    おばちゃんも、勇気あります。
    ふつーなら、怒鳴られそうとか思って、見も知らない人の肩をたたくなんてできないかと。

    おばちゃんも無視できないくらい相当やばいものだったのでしょう……。ぞくっ。
    私の肩コリの原因は……? ぞくっぞくっ……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    確かに、豪快なおばちゃんです。
    でも、頼りになりそうなおばちゃんです
    僕は幸い肩こりはないのですが、もしかしたら一帆さんの肩こりは・・・
    こわ・・・

    2021年2月22日 01:38

  • 第13話 トンネルへのコメント


     おじいさんは、親切ないい人だと思いたい。
     故障の原因は、ほら、その地帯の磁場の関係とか、風向きとか、……ええっと、日ごろの行いの良さとか!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    おじいさんはなにものなんでしょうね。
    善とも悪ともとれます。
    たまたま車で走り去るのを見逃しただけかもしれませんし。
    ほんとに何者なんでしょう。

    2021年2月21日 00:45

  • 第11話 いい人へのコメント


     倉橋さん、大事になる前に別れることが出来てよかったです。
     やはり、持つべきは友達。それも、視える人が一人はほしいと切実に思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ほんとに、持つべきものは友達。
    しかも、見える人。
    最強の友達ですね。笑

    2021年2月21日 00:43

  • 第7話 【書籍化】バスルームへのコメント


     お風呂場にひとりで入るのが怖くなってしまいました。
     声をかけてからはいることに、いや、もし誰もいないのに返事がかえってきたら……ぞぞっ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    わあ、コメント見逃してました。
    すみません!

    お風呂は怪談でよく出てきますよね。
    水のあるところは近くは出やすいのかもしれません。

    2021年10月9日 00:33

  • 第5話 優しいおばちゃんへのコメント


     おばちゃんは、幽霊だと思っていたのですが……。
     
     ち、違うのですか……。おそろしや……。

     (また、読みにもどってきました)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    はい、おばちゃんは生きてる人間です。
    生きてる人間が一番こわいのかもしれません。
    おばちゃん、こわ・・・

    2021年2月21日 00:42

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント


     続けての書籍化、おめでとうございます!

     寧ろこちらは当然かなぁ……なんて、何故か私が誇らしげに(笑)

     名作はどんどん書籍化するヨロシ!

    作者からの返信

    >続けての書籍化、おめでとうございます!
    ありがとうがとうございます。

    > 名作はどんどん書籍化するヨロシ!
    名作! 嬉しいお言葉です。
    重ね重ねありがとうございます!

    2021年2月15日 15:16

  • 第53話 賑やかな場所へのコメント


     寂しかったのか……と思う反面、巻き込まないで~、と思ってしまうのは人の性か……。

     でも、人間の道理は死者に通じないとも聞きますからねぇ。取り憑く相手に選ばれないよう祈るしかない……ナンマンダブナンマンダブ。
    (‐人‐)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ほんとにそうです。巻き込まないでほしいです。
    僕は見えないから、気づかずに取り憑かれてたりとか、そういうことを想像してしまいます。
    僕を選ばないでほしいです。

    2021年2月15日 15:15

  • 第52話 思いだせないへのコメント


     これと似た話を聞いたことがあります。どちらも展望台の話でしたが……もしや同じ場所なのかとゾワリとしました。

     名前で呼び掛けてくるのは反則ですよねぇ……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    似た話、知ってるんですか・・・
    こわ。
    名前で呼ばれるのはいやですよね。ものすごく、近い気がします。

    2021年2月15日 15:13

  • 第33話 箱へのコメント

     半実話だからこそ怖いです💧
     
     曰くのある何かを粗末にして災いを被ったとまでは聞きませんが。
     粗末に扱ったら駄目だと云われる品があるとは聞いたことがあります。
     
     恐らく日本各地にあるとは思いますが、今回のように、実際に災いがあったとの話は初めて知りました。
     

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    曰くがあって、粗末にしたらダメというモノはちょくちょくありますよね。
    そういうモノっって大切にされていますけど、もし粗末に扱うと、怖いことが起きるかもしれません。
    大切にしないと・・・

    2021年2月12日 23:49

  • 第32話 終戦(後編)へのコメント

     涙が出ました……。
     
     私の祖父や叔父も戦争へ行ったけれど、殆ど、みんな、無事に帰って来ました。
     しかし、その時代の話は、両親もあまり聞いたことがないのです。
     
     語ることも憚られるほど、大変な、辛い時代だったんでしょうね。

     真知子さんは、本当にフミさんが迎えに来てくれたのかも知れませんね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    戦争はないほうがいいですね。
    真知子さん、最後救われるていたら良いのですが。
    本人だけがわかることですが、きっと救われたんだと思います。
    いろいろお読みいただき、ありがとうございます。

    2021年2月12日 00:27

  • 第30話 トラックが三台へのコメント

     何をして罰が当たってしまったんでしょう……💧

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ですよね。三代まで罰を与えるって、相当のことをしたっぽいですが・・・

    2021年2月12日 00:24

  • 第29話 いたずらっ子へのコメント

     大丈夫かなと思って読みに伺いましたが、やはり、怖いです💧(←自分も友人の実話とか作品に混ぜてる癖に(^-^;)
     ですが、今回のお話は少し、ほろっ、と来ました。
     小さい子が亡くなっているのは、一層に悲しいものですねえ……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >ですが、今回のお話は少し、ほろっ、と来ました。
    よかった。今回は怖いというより、ホロリ系のお話でしたので。

    >小さい子が亡くなっているのは、一層に悲しいものですねえ……。
    大人が亡くなるのも悲しいですが、小さい子供だとなおさらですよね。
    成仏することを祈るばかりです。

    2021年2月11日 02:29

  • 第24話 ぶらぶらへのコメント

    犬を飼うには責任が伴うからね……。

    普段から吠えてたのは
    きっとお腹すいて、散歩不足だったからでは
    そして飼い主はその身を持って責任を…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    飼い主でも、ガブリといきますね。
    だって犬だから。
    こわい、こわい・・・

    2021年2月5日 12:30 編集済

  • 第10話 【書籍化】事故物件へのコメント

    怖い……。
    何より、5回もそんなことが起きてるのに部屋を貸し続けているという事実が怖い。
    人間って……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
     
    言われてみれば……
    ある意味、ブラック企業ですね。

    2021年2月1日 19:16

  • 第50話 痣へのコメント

    怨念を感じます

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    首にアザとか、怖すぎますよね・・・

    2021年1月29日 16:04

  • 第14話 枕もとのメモへのコメント

    ステキなお話❤️

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2021年1月19日 13:21

  • 第9話 【書籍化】女の子の忠告へのコメント

    他人の家説に一票。その方がゾッとします。誰にでも子供の時の曖昧な記憶があるだろうから、余計に。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    実はな他人の家だった説のお話も別であるんです。
    子供の時の曖昧な記憶って、不思議を孕んでいますよね。
    僕にもあれは本当だったのか夢だったのかって記憶があります。

    2021年1月19日 13:21

  • 第9話 【書籍化】女の子の忠告へのコメント

     わたしも小学生の頃、よく1人で通学路ではないところを歩いて帰ったものでした。時々迷子になりかけ、遅い帰宅に怒られ2時間近く歩き通しだったことを知ったり。大人になった今になって、子供が時間通りに帰宅しないその恐ろしさにゾッとしますが、子供の頃はなんと鈍感だったことでしょう。
    このお話のように、知らない場所で知らない子供と遊んだこと…あります。さらには、その場所はその後いくら探しても見つからないんです。方向音痴ゆえか、それとも…?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    子供はなにかに夢中になると周りが見えなくなりますからね。それで、とんでもないことになったりします。危なっかしいといえば危なっかしいですが、本人は楽しいんですよね。僕も覚えがあります。

    これ系の話はチョクチョク聞くんですよ。よくある不思議話なのかもしれません。

    2021年1月17日 19:43

  • 第49話 開かずのトイレへのコメント

    ありそうな怪談!
    しかし、なかなかない体験!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    トイレは怪談の宝庫ですね。
    閉鎖された空間だからでしょうか。

    2021年1月12日 19:44

  • 第48話 遊歩道へのコメント

    海には精霊とか魂がいそう。事故も多いし。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    海はこういう話多いですよね。
    亡くなった人が多いからでしょうね。

    2021年1月11日 04:00

  • 第47話 【書籍化】お葬式へのコメント

    私の娘は幼少期にお葬式でいるはずのない子供を見たらしいです。はっきり覚えていて具体的でしたが、いないはずの子供。

    お店は何のお店ですか?不思議な何かを呼び寄せる職種じゃないですよね?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >私の娘は幼少期にお葬式でいるはずのない子供を見たらしいです。はっきり覚えていて具体的でしたが、いないはずの子供。
    霊感、ありまやん。
    こわ・・・
    ちなみに、僕は全然ないんですよ。

    >お店は何のお店ですか?不思議な何かを呼び寄せる職種じゃないですよね?
    具体的には秘密ですが、普通のお店ですよ。
    なにか呼び寄せつとかはないです。
    ただ、お客さんと長時間話をするんです。
    だから、いろいろお話を聞かせてもらいます。

    2021年1月11日 03:59

  • 第46話 ついてきて(後編)へのコメント

    いい話でした。縁を運ぶ猫ですかね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    キューピット猫ですね。笑

    2021年1月7日 23:03

  • 第44話 S小学校へのコメント

    呪われている?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    土地が呪われているのかもしれませんね。

    2021年1月6日 05:31

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    おめでとうございます。昨年のカクヨム短編コンの時に読ませていただき、素敵な作品だなと思っていた作品が書籍化されると聞いて、我が事のように嬉しくなりました。おめでとうございます!

    作者からの返信

    >おめでとうございます。
    ありがとうございます!
    奇跡が起きて書籍化してもらえることになりました。
    前回のカクヨムコンでお読みいただきありがとうございました。


    2021年1月2日 03:51

  • 第43話 約束へのコメント

    人間には不思議な力があるのですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    お孫さんのことを大切に思っていたんでしょうね。
    それが不思議なことをおこしたのかもしれません。

    2020年12月31日 01:58

  • 第42話 【書籍化】寝言へのコメント

    文章は書籍版と同じではなく、そのままですか?読みやすいです。

    誰だったのか?誰も知らない。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    書籍版はとは違いますね。
    誰だったんでしょうね。人ならざるものがふたりです。こわ・・・

    2020年12月30日 03:53

  • 第41話 【書籍化】怒鳴り声へのコメント

    死人は神がかっているんですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    確かに。亡くなった人はいろいろ知っているのかも。

    2020年12月27日 08:29

  • 第40話 反面教師へのコメント

    別れたけど付き合えない。
    その呪いは強力ですね

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    人の不幸を願っても、きっといいことはないですね
    僕お気をつけないと。

    2020年12月24日 01:45

  • 第39話 お絵描きへのコメント

    子供って不思議な力があるそうですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    大人になるにつれ、消えていく不思議な力ってありそうですね。

    2020年12月23日 12:21

  • 第38話 夢へのコメント

    これは見たくないなぁ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ですよね。一番見たくなシーンかも・・・笑

    2020年12月20日 02:36

  • 第37話 【書籍化】女医の霊(後編)へのコメント

    いい幽霊もいるんですね。
    ほっこりしました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうみたいですね。
    でも、階段から突き落とすとか、やり過ぎでは? と思わなくもないです。笑

    2020年12月19日 03:35

  • 第36話 【書籍化】女医の霊(前編)へのコメント

    烏目さんは霊感はないのですか?
    病院で診てもらうの意味が違うのかなと予想。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    僕はこういう話を書いているというのに、まったく霊感がないです。w
    そうですね。病院で診てもらうの意味が違いますね。

    2020年12月17日 04:22 編集済

  • 第35話 【書籍化】フランス人形へのコメント

    人形は本当に苦手です。私はそういう人形があったら目を合わせられそうもありません。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    人形は苦手な人多いですよね。人間と似ているので、どこか怖いんでしょうね。魂が入っていそうです。

    2020年12月16日 01:36

  • 第34話 一緒にへのコメント

    ありうる(>0<;)キャ〜!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ヒトコワ系のお話ですが、ありうるから怖いですよね
    実際にあった話ですし。
    こわいこわい……

    2020年12月14日 01:34

  • 第33話 箱へのコメント

    偶然なのか、箱のせいなのか。
    仕事柄のお客さんから聞く話なのでしょうか。
    ネタが豊富ですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    偶然だとあれですが、箱のせいだとしたら、中身はなんなんでしょうね。

    2020年12月13日 01:04

  • 第32話 終戦(後編)へのコメント

    死ぬときに誰か親族が見えるというのは良く聞きますね。
    手を伸ばして死んでいった人も身近にいたようです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >死ぬときに誰か親族が見えるというのは良く聞きますね。
    そうなんですね。
    親族だとやっぱり縁が強いからでしょうか。
    最期は笑っていたいですね

    2020年12月12日 05:12

  • 第31話 終戦(前編)へのコメント

    恐い狂気を感じました。
    本当にあったからこそ戦争は恐い!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    戦争はないほうがいいのですが、なかなかなくなりませんね。
    戦争は本当にこわいです。

    2020年12月9日 00:13

  • 第30話 トラックが三台へのコメント

    代と台、なるほど!納得です。

    作者からの返信

    たくさん読んでもらって、ありがとうございます!

    2020年12月8日 01:34

  • 第29話 いたずらっ子へのコメント

    せつない。仕事で色々な方と接するのですね。まだまだネタは尽きないかな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    10年以上やっている仕事なので、いろいろな方に、奇妙なお話を教えてもらっています。
    ありがたいことです。笑

    2020年12月7日 02:09 編集済

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    お邪魔するのが遅れましたが、二度目の書籍化おめでとうございます!!
    まさか同じ本に推し作品と入れるとは……
    SF特集って言われてまっさきにひとつの花を思い浮かべていました。入らないのかな、って。
    それまで了解しましたとか、確認しましたとか自分の感情抜きで担当さんとやり取りしてたのに、帯確認した時の返信だけ、ひとつの花と一緒に入れて嬉しい、って感情的な返事を書いたくらいです。
    加筆されてるとのこと、楽しみに読ませていただきます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    花田さんの近況ノートにも書きましたが、僕も「僕は僕を君へ届ける」が収録されるのではないかと思っていたんですよ。だから、目次のデザインを確認したときはやっぱりってなりました。
    物語の美しさにフォーカスがあたったものに仕上がりました。とのことですが楽しみです。
    早く発売日がきてほしいです。

    2020年12月7日 02:08

  • 第28話 良き妻へのコメント

    狂気じみた奥さん。あの夢はナツが知らせたのか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうですね。もしかしたらナツが真実を知らせたかったのかもしれません。

    2020年12月5日 14:34

  • 第27話 【書籍化】青いワンピースへのコメント

    名前は本名ではないのですよね。
    最後がやはりゾッとしました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    本名ではないですよ。
    一応はホラーなので、ゾッとしてもらえてよかったです。

    2020年12月5日 14:33

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    こんばんは、烏目さん。

    文字数の制限がなくなり、烏目さんが真に描きたかった作品になるのですね。
    書籍化にともない、よいめぐり合わせで。
    本当におめでとうございます! 日付は運命を感じますね。
    (๑˃̵ᴗ˂̵)

    作者からの返信

    こんばんは。

    そうですね。文字数制限がなくなりましたので、好き放題書かせてもらいました。笑
    偶然ですがきっと運命だと信じています。

    2020年12月3日 21:24

  • 第26話 姉へのコメント

    時空を超えた縁がつながるのですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうですね。家族の愛は時空を超えるのかもしれません。

    2020年12月3日 01:07

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    遅れましたがおめでとうございます!

    『ひとつの花に託す。』、未だに最後のシーンを覚えているくらい好きなお話でしたので嬉しいです。
    我が家の本棚の『思いもよらない奇妙な体験』の隣に、早く『驚愕のミライ』を置けるよう楽しみにしております(^^)

    作者からの返信

    >遅れましたがおめでとうございます!
    ありがとうございます!

    >『ひとつの花に託す。』、未だに最後のシーンを覚えているくらい好きなお話でしたので嬉しいです。
    ほんとに嬉しいお言葉です。なんとお返しすればいいのやら・・・

    >我が家の本棚の『思いもよらない奇妙な体験』の隣に、早く『驚愕のミライ』を置けるよう楽しみにしております(^^)
    二冊も並べていただけるなんて感謝です。ありがとうございます!

    2020年11月30日 23:21

  • 第25話 写真へのコメント

    不気味な話ですね。死臭に近い何かを感じました。まわりで、不思議な体験される方が多いのですね。長編になるくらいの数!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    体験される方が多いのではなくて、仕事柄、会う人が多いんですよ。
    おかげでネタはいろいろあります。w

    2020年11月29日 23:24

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    良かったですね。おめでとうございます!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2020年11月29日 15:23

  • 第2話 守られているへのコメント

    最後の一文を読むまでは、ふんふん、そんなこともあるもんだと軽い気持ちで読んでいたのですが、最後のところで、ぞわぞわっとしました。

    澤井さんは心当たりがあるんだぁ……。こわっ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    守られているんですが、なんか怖いですよね。
    澤井さんに心当たりがあるからでしょうか。
    こわ……

    2020年11月28日 18:56

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    こんにちは。
    続けての書籍化、おめでとうございます!
    『ひとつの花に託す』も、素敵な物語でした!

    作者からの返信

    こんにちは。

    >続けての書籍化、おめでとうございます!
    ありがとうございます!

    >『ひとつの花に託す』も、素敵な物語でした!
    重ね重ねありがとうございます!

    2020年11月27日 18:56

  • 〔番外編〕最もあやしい話へのコメント

    先月購入しました。語り手要素、面白かったです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >先月購入しました。
    ありがとうございます!
    語り手要素は編集さんのアイデアでした。
    やっぱりプロは違いますね。

    2020年11月26日 12:14

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    ものすごい偶然です……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ですよね。運命的な偶然です。

    2020年11月25日 10:59

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    『ひとつの花に託す。』も書籍化、おめでとうございます!!
    未来に待っている素敵な驚愕です。楽しみですね(^^♪

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    >素敵な驚愕
    うまい! そして、重ね重ねありがとうございます!

    2020年11月25日 00:38

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    おめでとうございます。
    おめでたい話が続き嬉しいですね!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    奇跡が続いて怖いくらいです!

    2020年11月25日 00:37

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    何故「最もあやしい話」なのかと思いきや、なるほど……おめでたい話だったわけですか(汗)
    すごいですね、2作続けて出版だなんて!
    カクヨムコンは、たとえ入賞しなくても良い作品を作れば、編集者の方はちゃんと見てくれているんですね。
    字数を削ったのは大変だったでしょうけれど、得るものがあったのでは?と思います。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    >2作続けて出版だなんて!
    Youlifeさんを含めたみなさんが応戦してくれたおかげです。
    僕のが良い作品だったかわかりませんが、去年のカクヨムコンで、おもしろいと思っていた作品がいくつか同じ書籍に収録されています。
    入賞だけが道じゃないので、夢があります。

    >字数を削ったのは大変だったでしょうけれど、得るものがあったのでは?と思います。
    そうですね。必死で削ってよかったです。

    2020年11月25日 00:37

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    おめでとうございます。
    こうして、報告まで文章で知ることが出来てとてもお得で嬉しいことです。
    体調管理しっかりしてさらなる吉報をお待ちしています。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    ほんとに体調管理は大切ですね。新型コロナウイルスもはやってますし・・・

    2020年11月25日 00:34

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    !!
    おめでとうございます!
    素敵なお話でしたので、とても楽しみです……!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    素敵なお話と言ってもらえて小躍り中です。笑

    2020年11月25日 00:33

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    おめでとうございます。二度の書籍化なんて凄いです!(≧▽≦)

    発売日は運命的なものを感じますね。もちろん、ポチっとさせて頂きます(#^^#)

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    はい、きっと偶然ですが、きっと運命です。
    ぜひ、ポチっとをよろしくお願いいたします!

    2020年11月25日 00:28

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    おめでとうございますー!
    大好きなお話なので、とっても嬉しいです.*・゚(*º∀º*).゚・*.

    1/14は本当に運命を感じますね*°
    発売を楽しみに待っています!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    大好きなお話と言ってもらえて、嬉しさ倍増です。

    そうなんです。運命を感じるんです。
    365分の1ですから絶対に運命です。w

    2020年11月24日 16:55

  • 〔番外編〕最もあやしい話2へのコメント

    再びの書籍化、おめでとうございます。
    改稿作業は大変だったご様子ですが、すごいです。
    運営さんも目の付け所に間違いがないですね。
    本当に、おめでとうございます。

    作者からの返信

    >改稿作業は大変だったご様子ですが、
    僕が未熟だというのもあって、改稿作業なかなか大変でした。

    >本当に、おめでとうございます。
    ありがとうございます!

    2020年11月24日 16:54