第8話 脱出と願い

 目覚めると、薄暗い大広間にいた。


 目の前には杯、伝説の魔法道具がある。俺は戻ってきたのか。利用して殺した奴の死体はなく、俺と杯だけが大広間にぽつんと一緒にいる。


「よくぞ試練を乗り越えた」


 どこからか声がした。辺りには誰もいない。今のは、伝説の魔法道具が発したものらしい。別世界を作り、どんな願いでも叶える代物だ。喋るぐらいはわけないか。


「願いはなんだ。それが例えどのようなものであろうとも、我が叶えよう」


 中間的な声だった。男でも女でもなく、老人でも子供でもない。ガラクタのような見た目と同じく、やや濁っているぐらいの特徴しかない不思議な声だ。


「願いとは別に聞きたい事がある」


「良いだろう」


「他の奴はどうなってる」


「死体は他所にやった。我に触れた者なら、未だ我が誂えた夢の中にいる」


「そいつらはどうなる」


「死ぬまで夢の中だ。そして全ての者が死んだ時、我は再び、新たな場所で願いを叶える」


 独占はできないって事か。


「分かった。なら願いを言おう」


 正直、願いらしい願いなんてない。そもそも伝説の魔法道具を求めたのも、あれば便利ぐらいの軽い気持ちからだ。どうせ欲しいものは自分の力で手に入れる。手に入れるだけの力も持っている。


 そう、今まで思っていた。


 ほとんどは今も同じ考えだ。だが、全てが簡単には手に入るわけではない。それに簡単に手に入るものばかりで、本当に面白いのか。


「……あの少女をこっちに戻してくれ」


「良いだろう」


 杯が光った。一瞬で大広間が光に包まれ、次の瞬間には杯と光は消えていた。そして、杯があった場所にはあの髪の長い少女が立っていた。


「……どういう事?」


 いつものように、貧民街のような薄暗がりから少女が睨んでくる。現実の姿は野犬というよりは蛮族の女戦士といった感じだ。俺は手短に事情を説明すると、少女は俺から距離を取って腰に下げた剣を抜いた。


「何が目的?」


「手を組まないか」


「……はあ?」


 そういうのも当然だろう。俺自身も何を言っているんだろうと思っている節がある。あの別世界で、俺たちは決して気の合う仲間ではなかった。最後の最後だけ、打算と貸し借りを前提とした、申し訳程度の協力関係があっただけだ。


「手を組んで、何するの?」


「欲しい物を手に入れる」


「欲しい物って?」


「その時の気分で変わる」


「誰主導?」


「その時で変わる」


「……意味が分からないんだけど」


「それが俺の人生だ」


 少女は溜息を吐いた。


「私たち、お互いの名前も知らないんだけど」


「最初はそういうものだ」


 少女はまた溜息を吐き、剣を構えた。


「私はずっと一人で生きてきた。掃き溜めで生まれ、盗みで日々飢えを満たし、誰に媚びるでもなく生きてきた。他人は利用するだけの存在でしかなかった」


 俺よりもましだな。俺にとってのは他人とは、足手纏いだ。人間には二種類いるという言い方をしても、俺の目の前で邪魔をする奴か、後ろから足を引っ張る奴の二通りだ。


「だから他人を信用した事はないし、頼った事もない。嘘と裏切りしかないあの場所では自分の力だけが頼りだった。だからこそ、私は義理を通したい。あの時あんたを庇ったのも、それが理由。変な勘違いは止めて」


「分かってる。その上で言ってる」


「正気?」


「多分」


「……あっ、そう。……私が誰とも手を組みたくないのは、誰も私を守ろうとしないから。そんな奴を私も守りたいとは思わないし、そんな奴と手を組みたいとも思わない」


 そこで、少女は剣を収めた。


「良いよ、手を組もう。やり直せるとは言え、そんな関係になったのはあんたが初めてだった」


「じゃ、まずはここを出よう」


 恐らく、少女は俺の足を引っ張るだろう。意見が割れてぶつかり合う事もしょっちゅうある筈だ。そう遠くない未来、俺たちが袂を分かつ可能性は十分にある。


 しかし、俺一人では目的を成しえない状況に直面した時、伝説の魔法道具が用意した試練と同じように、少女がいればそれも成しえるのではないか。


 そんな予感を覚えながら、俺は少女と共に明るい外に出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ループは二人で仕方なく @heyheyhey

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ