……呪ってるんじゃないだろうな


「海野っ、弁当の手配は出来てるのか?」

「はいっ」


「未悠っ、会議室押さえるの、忘れてたろっ」

「はいっ」


 いつものように、堂端に怒鳴られ、駿に怒鳴られ、未悠は一週間、馬車馬のように働いた。


 突然、異世界に飛ぶこともなく、夢に見ることもなく、いつものように働き、日曜日を迎えてしまったのだ。


 朝、社長が迎えに来ると言ってたな、と思いながら、未悠は壁の時計を確認する。


 時間がないので、トーストに紅茶という少々ショボイ朝食だった。


 まあ、今日は焼いてあるだけ、マシか、と思いながら、まだもぐもぐしながら、髪をく。


 こんな風に忙しい日常を送っていたら、あの世界のことは遠くなるかと思ったが、そうでもないようだった。


 呑んだくれて見た夢だったのだろうと思ってはいるが、何故か、今でもリアルに思い出せる。


 なんでも叶う夢の世界というわけでもなく、憧れて戻りたくなるような場所、というわけでもないのに何故だろうな、と未悠は思っていた。


 あの眠りの森の悪魔はまだ、眠りにつかずに起きているのだろうか?


 世話焼きのシリオとエリザベートはあいかわらず、上から目線で騒がしいのだろうか?


 アデリナとシーラは……


 ま、いつものように揉めてそうだな。


 お妃様は――。


 そして……


 アドルフ王子はどうしているだろう? と思う。


 私はいつ殺されるかわからない商売なのだとか言っていたが。


 まあ、殺されてはいないだろうな、となんだかんだで平和なあの城を思い浮かべたとき、テーブルの上に置いていたスマホが震えて鳴り始めた。


 駿が下に着いたようだ。


 未悠は戸締りをし、急いで、部屋を出た。




「お、お待たせしました」

と言って、落ち着いた色の駿の車に乗りながら思う。


 なんかこう……


 日曜日に二人で出かけるとか、カップルみたいなんだが、と。


 いや、自分たちはもう、カップルから最も遠い組み合わせになってしまったのだが。


 友人同士でも、上司と部下でもない。


 兄妹――。


 兄妹か、と思いながら、未悠は窓の外を見た。





 園長の墓は、海を見下ろせる高台にあった。


 急斜面の道を登るのもなかなかしんどい。


 未悠が墓地に向かう途中で足を止め、湾になっている海とそれを囲む家々を見下ろしていると、シューッとなにかが威嚇するような音がした。


 蛇っ? と振り向いたが。


 見ると、足許にしゃがんだ駿が、未悠の脚に虫除けスプレーをかけてくれるところだった。


「立ち止まるな」

と駿は未悠の脚を見ながら、真剣な表情で言ってくる。


「墓地の蚊を甘くみるなよ。

 一瞬で餌食になるぞ。


 こいつら、滅多に人とか来なくて飢えているからな」


 立ち上がり、自分にもかけている駿を見ながら未悠は、ふと疑問に思い訊いてみた。


「そういえば、墓地って、人居ないのに、なんでこんなにたくさん蚊が居るんでしょうね?」


 普段、なんの血吸ってんだろうな、と思いながら言うと、

「まあ、人は居るけどな、たくさん」

と土の下を見ながら、駿は言ってくる。


 いやいやいや、と相変わらずな駿に思いながら、二人で真新しい墓の前に行くと、駿は、

「止まると刺されるぞ、足踏みしながら拝め」

と無茶を言ってくる。


 恩人に挨拶に来たのに、それはどうだ、と思った未悠は、ちゃんとしゃがんで、手を合わせた。


 駿もそう言いながらも、一緒に横にしゃがんでいたが。


 手を合わせたまま、墓を見上げ、不思議なものだな、と未悠は思う。


 今、兄妹そろって、こうしていることが。


 園長先生。

 全然記憶にはないんですが、とりあえず、拾って途中まで育ててくださって、ありがとうございました。


 実際に世話してくれていたのは、園長以外の人なのだろうが、それももうわからないようだからな、と思う。


 立ち上がった駿は園長の墓を見下ろし、言ってきた。


「……人はどうして、この秘密は墓場まで持っていこうと思っていた、とか言いながら、しゃべってしまうんだろうな」


 責任持って、最後まで話さないで、あの世へ旅立て、と駿は言うが。


 園長がそんなセリフを吐いて死んだわけではあるまい。


 まさか、園長もこんなことになってるとは思わなかっただろうから。


 単に、お前には妹が居るよと教えただけだったんだろうに。


 わざわざ、墓参りに来たわりには、激しく逆恨みしているようだ、と墓を見て、なにか考えている駿の横顔を見る。


 ……呪ってるんじゃないだろうな、と不安になった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます