人の世というのは儚いな……


「王子」


 王子に仕える貴族の一人、ラドミールは城に帰ってきた王子を見、駆け寄ろうとしてとどまる。


 チッ、と舌打ちをした。

 未悠の姿が見えたからだ。


 やはり、あの莫迦娘を迎えに行っていらしたのか。


 異国から来たという、王子と同じ、黒髪に黒い瞳の美しい娘――。


 ガンビオ様もだが。

 花嫁候補の娘たちの中には、この娘に何故か心酔し切っているものも居るようだ。


 気難しい我が従妹、アデリナも何故か親しくしているようだし。


 だが、この娘。

 なんだかわからないが、得体の知れない感じがする……とラドミールは野生の勘で思っていた。


 他にもっと家柄のしっかりした娘も居るのに、幾ら美しいからと言って、あんなものを妃に選ぶなど、王子は変な媚薬でも嗅がされているのではなかろうか、と疑わしく未悠を見る。


 そのとき、未悠の後ろから、ゾロゾロと人が現れた。


 王宮に仕える兵士のヤン。


 平民出だが、実直で使える男だ。


 ちょっと気は弱いが。


 そして、風来坊のようなシリオ様。


 人は悪くないのだが、未悠にも似た適当さがあるから、この方に王になるとか言われても困るな、とラドミールは思う。


 やはり、王となられるのは、我が王子、アドルフ様だ。


 出生が少々怪しくとも、お美しく威厳があり、幼き頃から帝王学も学ばれている。


 アドルフ王子こそ、次代の王となられるのに相応しい方だ。


 ただ……


 嫁があれでは不安だが、と未悠を見たとき、

「どうしたんですか。

 入ってください」

と未悠がまだ開いたままの扉を見ながら言う。


 また、なにを連れてきた、と思っていると、長いマントを羽織った男が城へと入ってきた。


 陽の光にきらめく銀色の長い髪に白い肌。


 王子にもシリオにも、何処か似ていて、美しい。


 ……誰だ? と思いながら近づくと、アドルフが、

「ラドミール」

と呼びかけてきた。


 はい、と慌てて彼の前に控える。


「この者のために、部屋を用意してくれないか」

とアドルフは、その銀の男を手で示し、言ってきた。


「は?

 ……はい。


 あの、この方は……」


 どのような身分の者なのか知らねば、部屋を用意するのに失礼があるかもしれないと思い、そう訊いた。


 が、アドルフ王子は何故か困った顔をする。


「この者は――」


 そう言いかけ詰まると、未悠が横から、

「シリオ様の遠い親戚です」

と言ってきた。


「何故、私っ!」

と即座にシリオが言って睨まれていたので、恐らく、違うのだろう。


 未悠が小声で言ってくる。


「実は、何処のどなたかは申し上げられないのですが。

 高貴なお方なのです」


 いや、そりゃ、見ればわかるが、と銀の男を見ながら、ラドミールは思った。


 品の良い面立ちをしていて、所作にも滲み出す育ちの良さがある。


 だが、未悠が言うだけで、なんだか胡散臭くなるんだが、と思っていると、未悠は、

「しばらく、身を隠したいとおっしゃるので、アドルフ様が城に招いたのです」

と言ってくる。


「えっ?

 大丈夫なんですか?

 そんな方を城に入れて」

と小声で未悠に言うと、彼女は、


「大丈夫です。

 ただ、この方にご婦人方は近づけないようにしてください」

と不思議なことを言い出した。


 聞こえていたらしい銀の男が、後ろで、

「……濡れ衣だ」

と呟いていたが。


 外は暖かいのに、何故か、男はきっちりマントの前を閉じている。


 剣か武器でも隠し持っていそうだな、と不安になりつつ、ラドミールは男を窺った。


 男は何故か懐かしそうに城の中を見回している。


「王子」

とそちらを気にしながらも、ラドミールは呼びかけた。


「近く、お妃様が森の先の城に来られるそうです。

 上手くタイミングが合われたら、訪ねてみられてはいかがでしょうか」


 未悠が、なにそれ? という顔でアドルフを見る。


「母上は、いろんな城や屋敷を飛び回って、遊び歩いているのだ。

 周期的にこの辺りにも訪れる」

と言うアドルフに、


「……ハレー彗星みたいですね」

と未悠が呟いていた。


 そのとき、階段の上の方から、

「タモン様」

と声がした。


 見ると、エリザベートがこちらを見ている。


「……エリザベート?」

とその名を呼びながら、タモンと呼ばれた男は不審げな顔をしていた。





 ラドミールが部屋を用意してくれている間、未悠たちは悪魔とともに、エリザベートの部屋に来ていた。


「お久しぶりです、タモン様。

 最後にお会いしたのは、二十年以上前でしょうか」


 そう挨拶したエリザベートは悪魔の顔を見、

「……生きてらしたのですね」

と呟く。


 悪魔はそう言うエリザベートをマジマジと見、

「お前……ほんとうにエリザベートなのか?」

と確認するように言ったあとで、溜息をつき、言ってきた。


「人の世というのは儚いものだな……」


「エリザベート様。

 この悪魔、もう一回も刺してみてもいいと思いますよ」


 やはり、女の敵、と呟きながら、未悠は悪魔のマントを広げ、剣が刺さったままのその腹をエリザベートに見せた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます