……まず、そこからかっ!

 

 いつもこの塔を見上げていた。


 此処に俺の本当の父親が居るのか? と思いながら。


 近づくことすら恐ろしく、ただ、この周りを馬で足早に回るのがせいぜいだったのに。


 ……この莫迦が、とアドルフは、誤魔化すように笑いながら、悪魔らしき人物の上から降りる未悠を見ていた。


「すみません」

と未悠は自分に一応謝ったあとで、


「でも――」

と言ってくる。


 でも、来ると思っていたぞ、でもとっ!


 お前の性格からしてなっ、と異世界から来たとかいう訳の分からぬ女を睨む。


「でも、ちょっと確かめてみたくて」

と言い訳してくるが、いや、俺が怒っているのは、そのポイントじゃないんだが、とアドルフは思っていた。


 何故だろうな、と自分でも思う。


 長い間、自分の出生のことが気にかかっていた。


 実は父にも母にも疎まれているのではないかとか。


 いや、まあ、そのような様子は見えなかったのだが……。


 ずっと長い間の懸案事項だったのに。


 今、目の前に問題の男が居るというのに、今は、こいつが自分の父親かどうかなんて、どうでもいいと思っていた。


 未悠っ。

 なんでもいいから、その男の側から離れろっ! とアドルフは下げている手で拳を作る。


 悪魔の顔は、噂通り美しかった。


 自分に似ていなくもないが、それ以上に、この世のものではないかのような雰囲気があり、そんなところは、少し未悠と似ていた。


 二人で並んでいると、一対の絵のようだ。


 そんなことを自分が思っている間も、ぐだぐだ言い訳をしながら、未悠はまだ男のベッドに腰掛けていて、それもイラつく。


 大体、さっきの体勢はなんだ?


 お前、俺にもそんなことしたことないのにっ。


 悪魔が未悠のくだらぬ言い訳になにか突っ込み、未悠が笑う。


 もう腹は決まっていた。


 そうだ。

 殺そう。


「ヤン、剣を貸せ」

とアドルフは少し後ろで控えているヤンに向かい、手を出した。


「み、未悠様がまだお持ちです」


 未悠の足許にそれは転がっていた。


 自分が手を伸ばすと、シリオが焦ったように言ってくる。


「王子っ!

 未悠は王子のために、此処に来ただけで、不貞を働いたわけではありません」


「誰が未悠を殺すと言った……。

 私が殺すのは、この男だ!」


 アドルフはヤンの剣を抜くと、悪魔の喉許に突きつけた。


 王子っ、と未悠が止めに入る。


「何故、その男をかばう、未悠っ」


「なに言ってるんですかっ。

 この人、貴方のお父上かもしれないんですよっ?」


 だったら、なおのこと殺すわっ、とアドルフは思っていた。


「こいつのせいで、俺が……私がずっとどんな思いを……っ!」


「っていうか、王子っ。

 この人、刺さなくても刺されていますっ」


 そう未悠が叫ぶ。


 ……そういえば、と今、気がついた。


 悪魔は普通に起きてしゃべっているが、その腹には深々と剣が刺さっている。


 どうやら、この男、刺しても無駄なようだ。


 アドルフがポイと抜き身の剣をヤンに投げると、ひーっ、と今、悪魔を刺そうとした剣からヤンは逃げていた。


 未悠がまた腹の立つことに前に進み出て、悪魔をかばうようなことを言ってくる。


「王子、この人は悪魔ではありません。

 ただ、お兄さんの奥さんをとっちゃって、毒を盛られて殺されかけただけの、ただの人間です……たぶん」


 たぶん、と付けたのは、いまいち確証がなかったからだろう。


 賢明だな、と思いながらも、アドルフは、

「それこそ、まさに悪魔だろう」

と言い放つ。


「人の女を寝取ろうなんて、悪魔よりもタチが悪い」


 何故か、後ろでシリオが小さく手を叩いていた。


 彼自身いろいろとあるからだろう、と思う。


「いやでも、ほんとに、この人はただ、解毒剤の副作用で、長く生きているだけの人なんですっ」


 そこまで言って、未悠はハッとしたように。


「そうですよ、寝てくださいっ。

 ずっと起きてたら、寿命が尽きて死ぬんでしょーっ」

とまた、男を無理やり寝かそうとする。


「莫迦っ。

 死ななくても、ずっと寝ている人生になんの意味があるっ!」

と男は最もなことを言って抵抗していた。


 ……もうこの男が自分の父親かどうかなんてどうでもいい。


 殺ろう、こいつを、とアドルフは覚悟を決めた。


 悪魔だろうが、なんだろうが、手の早い男が未悠の側に居ること自体が問題だ!

 そう思っていた。


 だが、男は叫ぶ。


「いや、待て待てっ。

 そもそも、大きな誤解があるぞ。


 私は兄嫁になぞ、手を出してはいない。

 そういう噂を立てられただけだ。


 毒薬はおそらく、その兄嫁に盛られたのだ。


 私のものにならないのなら死んでくれと言って」


 そのとき、未悠が言ってきた。


「そうらしいですよ、王子。

 ほら、せっかくこうして起きてきてくださったんですから」


「いや、お前が起こしたんだよな?」

という悪魔の囁きを無視し、未悠はこちらを見て言ってくる。


「貴方がこの人の子どもかどうか確かめてみてください」


 ……どうでもいいと思っていた。


 未悠を前にして、最早、過去の自分の出生のことなどどうでもいいと――。


 だが、いざ、わかるとなると緊張する。


「さあ、私がこの人を寝かす前に」

と言う未悠に、悪魔が、


「待て」

と言った。


「お前、どうやって私を寝かす気だ」


 未悠は、屈んでドレスの裾をゴソゴソやり、

「此処に剣が」

と短剣を出してきた。


「まだ持ってたのかっ」

とシリオが言う。


「これで刺したら、毒薬の効果で眠れるそうですよ」

と抜いた刃先を悪魔に向ける。


 今にも、つん、と軽く刺してきそうな未悠から逃げながら、悪魔が叫んだ。


「お前が一番物騒な女だっ!」


 訊かねばなるまいな……、とアドルフは思った。


 未悠がなにかの罪を犯す前に。


 アドルフは、悪魔に向き直る。


「……悪魔よ。

 お前は私の父なのか?」


 すると、悪魔は自分に向かい問い返してきた。


「……人間よ。

 まず、お前の母親は誰なんだ?」


 ……そこからか。


「そう訊くってことは、複数人の女性と関係を持ってきたってことですよね?」

と未悠が突っ込まなくてもいいところを突っ込んで訊いている。


 すると、悪魔は開き直ったように言ってきた。


「だいたい私の子かどうかなんて、神でもないのにわかるわけもなかろう」


 ついに神でもないのにとか言い出したが、この悪魔……。


 アドルフは、もうかなりどうでもいいい気持ちで、長年こだわってきた、父親かもしれない人物を見つめていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます