お前、火炙りにするぞ


「未悠っ。

 なんということをしてくれたんだ。


 軽く火炙りにするぞっ」


 明らかに叱られるために呼ばれたシリオの部屋。


 軽くもひどくも炙られたら終わりですよねーと思いながら、未悠は視線をそらす。


 叱られていると、この石造りの宮殿が余計冷え冷えして感じられるな、と思いながら。


「王子の立場を悪くするなよっ。

 お前それでも、王子の嫁かっ?」


 まだ結婚してません、とか口に出したら怒られそうなので、心の中だけで思っていた。


「これで、ますますアドルフ様が王位から遠ざかったらどうしてくれるーっ」

とわめくシリオに、未悠は問うた。


「あのー、シリオ様はどうしてそんなに王位を継ぎたくないのですか?」


 私か? と振り返ったシリオは、

「私はめんどくさいのが嫌いなのだ。

 行動を制限されるのも嫌だ。

 考えただけで、鳥肌が立つ」

と言ってくる。


「……そんな理由ですか」


「私は風のように気ままに生きたいのだ」


 気ままそうですよね~。


 そのお立場で、怪しげな格好で、街をフラフラしていたり、危険なアバンチュールをしてしまうほどに、と思いながら、未悠は、最初はどんなペテン師だと思ったシリオを眺める。


 そんな未悠の前で、シリオはまだ叫んでいた。


「そもそも、なんで私に話が回ってくるんだっ。


 王子には他に兄弟が居ないし。


 従兄弟たちはみな、他所の国や有力者の姫と結婚して、そっちの跡継ぎになり。


 全然関係ないだろうと好き勝手やっていた私のところに、いきなり話が回ってきたのだ。


 冗談じゃないっ。


 もうひとり居るだろ、死にかけのジジイがっ」


 どうやら、あと王位継承権で上の方なのは、何処かのおじいさんだけらしい。


 シリオは窓から高い生け垣の向こうの森を見ながら言ってくる。


「本当のところ、私は塔の悪魔なぞ信じてはおらん。


 確かにアドルフ王子は王とは似ていないが。


 ほら、子どもって、突然、親族の誰かの顔が出たり、先祖帰りみたいに違う顔が出たりすることあるじゃないか」

とシリオは言う。


「まあ、ありますけどね。

 叔父さんに似てるとか、弟の方に似てるとか」


 でも、それはそれで疑惑を呼んだりしますよねーと冗談のつもりで軽く笑って言ったのだが、シリオは顔を近づけ、

「……新たな争いの種をまくなよ、おい」

と言ってきた。


 めんどくさいな、王宮。


 ちょっとした噂も命取りのようだ。


「でもそうか。

 塔の悪魔って、結局、誰も見たことないんですよね」


「随分昔に塔に閉じ込められたらしいからな。


 まあ、見たことあるとすれば、……お妃様くらいじゃないのか?」


 噂がほんとならだがな、とシリオは言う。


 腕を組んだシリオは窓の横、石の壁に背を預け、目を閉じる。


 当時のことを思い出すように。


「お妃様はなにも覚えていないと言うんだよ。


 発見されたときは、塔の前で倒れていて、それ以前のことは、まるで覚えていないと言うんだ」


 アドルフは塔の近くであのノートを拾ったと言っていた。


 真実を確かめたくて、あそこまで行き、塔を見上げていたのだろうか。


 そういえば、初めて会ったときも、その呪いの塔の近くの森に居たし。


「……誰も見たことがない、か。

 では、塔の悪魔が実は、すっごい不細工だったりしたら、アドルフ王子の父ではない、ということになりますよね?」


 は? とシリオが言ってきた。


「だって、誰も悪魔の顔を見たことはないんでしょ?


 じゃあ、王子が王の子ではなく、悪魔の子かもしれないと言われるのは、あの、女よりも綺麗で、ぶちたくなるような顔のせいですよね」

と言って、いきなり私怨を混ぜるな、と言われる。


「卑下するな。

 お前もそう悪くはない」


「……すみません。

 卑下しているつもりはなかったんですが」


 その一言、逆効果です、シリオ様、と思いながらも、未悠は話を続けた。


「では、王子が悪魔とも似ていないことがわかれば、あの顔はただの先祖返りとか隔世遺伝かもしれないってことになりますよね」


 それはそうだが、とシリオは渋い顔をしながらも頷く。


「まあ、それを言うなら、悪魔の子でも、悪魔の叔父さんとか、弟とかに似てるってこともあるかもしれませんが」

と言って、


「悪魔に身内っているのか?

 木の股から産まれてくるんじゃないのか……?」

と言われてしまう。


「どうでもいいが、自分で確かめに行こうとするなよ」


 お前まで悪魔の子を孕んだらどうする、とシリオが言うので、

「では、シリオ様が確かめに行ってきてくださいますか?」

と言うと、


「……なんでだ」

と言う。


「どうしても、王位をアドルフ王子に押し付けたいんでしょ?

 王子が王の子であることを証明してきてくださいよ。


 シリオ様なら、男なんだから、呪いにもかからないし、妊娠もしないじゃないですか」


「わからんぞ。

 相手は悪魔なんだから……」


 男でも妊娠させられるかもしれん、と行きたくないあまりにロクでもないことをシリオは言い出した。


「今のまま、この件にはなにも触らない方がいいんだ。

 特に王子に落ち度がなければ、みな、腹の底では疑惑を抱きつつも、きっとこのまま時は流れていく」


「そうですかねえ」


 そんな腹の底では、こいつが王位についてるのどうだろう、と思う部下に囲まれて過ごすのは王子も嫌だと思うんだが、と未悠は思っていた。


「ともかく、これ以上口を突っ込むな」

と話を打ち切るように言ったあとで、シリオはいつもの口調に戻り、


「ところで、未悠」

と言い、何故かニンマリ笑う。


「わざわざ危険を冒してまで、悪魔の顔を確かめに行こうとするのは、あれか?

 愛か?」


 は?


 アイ?


 すぐにはピンと来なくて、頭の中で、まず、アルファベットのIになり、次は猿が三匹並んで踊り始めた。


「……なにを考えているのか知らんが、恐らく、それじゃないぞ」

と未悠の顔を見ただけで、頭の中まで読んだように、シリオが言ってくる。


「お前、王子が好きだから、危険を冒してまで、王子が悪魔の子でないことを証明しようとしてるんだろと言ってるんだよ」


「そっ、そういうんじゃないですよっ」

と慌てて言ったとき、ノックの音がした。


「シリオ様、未悠様はいらっしゃいますか?」


 エリザベートだ。


 一礼し、中に入ってきたエリザベートは、

「未悠様、アドルフ王子がお呼びです」

と言う。


「ほら、行ってこい。

 愛想よくしろよ。


 お前が危険を冒して、自分の呪いを解いてくれることより、側で笑っててくれることの方が嬉しいもんだからな、男って言うのは」

と言いながら、背中を突いてくる。


 シリオの部屋を出、石の階段を更に上りながら、未悠は呼んだ。


「エリザベート様」

 途中の窓から森を見る。


「呪いなんて、この世にあるのでしょうか」


 エリザベートは未悠を先導しながら、振り返らずに言ってくる。


「未悠様。

 もう私に『様』はいりません。


 あらたまったしゃべり方もされなくて結構です。

 貴女は私の主人となったのですから」


 そこで足を止め、エリザベートは言ってきた。


「塔のことも、悪魔のことも、私にはわかりません。


 例え、真実がどうだとしても、お妃様がそう言われるのなら、そうなのです。


 呪いは確かに存在した。


 お妃様がそう言われるのなら、それが事実なのです」


 薄暗い階段で、窓からの光を背に、毅然と言い放つエリザベートを見ながら、なんだか意味深な言葉だな、と未悠は思っていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます