今、刺すべきだっ!

 

「うう。

 負けた。


 今までのは演技だったのか」


 未悠はテーブルに倒れ込む。

 その手から、パラリとカードが床に落ちた。


 それを自ら拾いながら、アドルフが言ってくる。


「未悠。

 私と結婚するか」


「……はい。

 武士に二言はござらん」


 口から魂の出て行った状態の未悠がそう呟くと、武士? とアドルフが訊き返す。


 また面妖なことを言い出した、と思っているようだった。


 そんなおかしな娘とこの王子は何故、結婚したいのだろうかな、と魂が抜けたまま、未悠は思う。


 きっと暇なんだな、と思いながら、酔いと負けた衝撃を頬に当たった冷たいテーブルの感触で冷やしていると、アドルフは、


「心配するな、未悠。

 お前は強い。


 イカサマだ」

とケースに片付けたカードを見せ、言ってきた。


 こらーっ!


 無効だーっ、と立ち上がった未悠の手を取り、王子はその前に跪くと、手の甲に口づける。


 それが合図だったらしく、どよめきが起こった。


「おお。

 やはり、未悠だ!」


「私の勝ちだっ」


「大穴だっ!」


 いや、あんたら、なにやってんだ……。


「王子の目は節穴かっ。

 うちの娘の方が!」


「いやいや、アドルフ王子は王になれるかわからん。

 シリオ様の方が……」


 え? シリオ? と思ったとき、立ち上がった王子が、いきなりキスしてきた。


 わーっと歓声が起こる。


 今だ。


 今、刺すべきだっ!


 おのれっ、脚に隠しているから、此処でスカートは捲れないっ。


 策士策に溺れるとはこのことかっ。


 っていうか、長いっ! とアドルフにキスされている間、未悠は、ただ葛藤していた。






「どうするんだ、王子妃」


 舞踏会のあと、エリザベートの部屋で、腕を組み、シリオが自分を見下ろし言ってきた。


 貴方の望み通り、選ばれましたよ。


 何故、喧嘩腰なのですか、と思っていると、

「お前、このまま、おめおめと王子妃になろうとか思ってるんじゃないだろうな」

と高圧的に言ってくる。


 おめおめとって、敗者に向けた言葉ですし。


 今、此処、エリザベート様が居ますが、と横目に見ていると、シリオは、

「エリザベート様にはもう話した」

と言い出した。


 ええっ? 話していいんですかっ?

 王子を殺そうとしてるとかっ、と思って見ると、エリザベートは頷き、

「貴女に殺られるのなら、アドルフ王子もそこまでということです」

と無情にも言ってくる。


 そこまでって何処までですかっ?


 この城の人たちはどうなってるんですかっ?


 エリザベート様には、王子に謀反の心などないようだったのに。


 エリザベート様、私が妃になったら、教育係になってのし上がるんじゃなかったんですかっ、と思っていると、エリザベートは、


「貴女ももう噂くらいは耳にしたでしょう。

 諸事情により、王子が本当に王になれるかはまだわからないのです。


 アドルフ王子が王になるのは、多くの運と味方なくしては不可能なことなのです。


 未悠、貴女に狙われたくらいで死ぬようなら、王子は、そこまでの器であったということです。


 だから、私は王子がこの苦難を乗り越えられるか、静観することにしました」

と言い放つ。


 ひーっ。


 そりゃあ、会社でも、血で血を洗う争いはいつも起きてますよ。


 社長も平気な顔してたけど、本当は大変だったんですよ。


 ……王子もあの人も、本当は大変なこと、わかってる。


 でも――。


 そんなことを考えている間にも、誰かがドアをノックしてきた。


「未悠様はいらっしゃいますか?

 アドルフ王子がお呼びです」


「来たな」

とそちらを見て、シリオが言う。


「行ってこい、未悠。

 お前を逃す手筈は整えてある。


 王子を刺したら、素知らぬ顔をして、此処へ来い。


 あとのことは心配いらん。


 私もお前に騙されたことにするから」


「でもあの、それで私、逃亡して、森から元の世界――


 その、元の国に帰る道がわからなかったら、どうなるんですかね?」

と訊く。


 シリオは自分が違う世界から来た、という話をあっさり信じたが、エリザベートに説明するのは大変そうだったので、そういう言い方をしたのだ。


「そこは知らんな。

 大金を持って違う国に行くもよし。


 お前の好きにしろ」


「……では、元の世界に帰れると信じて、お金は酒場に渡してください。

 約束ですよ、シリオ様」


 男に二言はない、とシリオは言う。


 頼みましたよー、と言いながら、未悠は部屋を出、アドルフの許へと向かった。




「行きましたね」

とドアが閉まったあと、シリオは言う。


「早速、未悠のドレスの手配をしなければ」

とエリザベートはやたら張り切っていた。


 ずいぶんと未悠に肩入れしているようだな、と思う。


「その代金、私が支払いましょう」

とシリオが言うと、


「いえ、もうみなの前で発表したのですから、未悠は王子の婚約者も同然。

 国庫からお金が出ますよ」

とエリザベートは言うが。


「いえ、私が用意してやりたいのです。

 困った娘ですが、なんだか、妹が嫁に行く感じなので」

と苦笑すると、エリザベートは笑い、


「まあ、未悠に金を渡して逃亡させるよりは、お金かかりませんしね」

と言ってきた。




 男に二言はない、とシリオは言った。

 女に二言はあってもいいだろうか。


 そんなことを思いながら、未悠は石の階段を上っていた。


 王子の部屋の前で、呼びに来た使用人がお辞儀をして下がっていったので、未悠は自分でドアをノックする。


「入れ」

とアドルフの声がした。


 未悠はドアを開けながら、

「確かめもせず、入れとか言って、暗殺者とかだったらどうするんですか」

とアドルフに向かい、言った。


「お前の足音が聞こえたから」


「じゃあ、私が暗殺者だったらどうするんですか?」

と言うと、出迎えたアドルフは、


「それもまた、面白いだろう」

と言う。


「私ならちゃんと私の身許を確かめますが。

 シリオの言うことなど信用しないで」


「お前の身許なら、最初からわかっている。

 OLで秘書なんだろ?」


 それがなにかは知らないが、とアドルフは言う。


 アドルフの手が肩に触れた。


「近づいたら、刺します」

と押し返すようにその胸に触れ言うと、アドルフは笑う。


「親切な暗殺者だな。

 近づいたら刺すと警告してくるなどと。


 お前が本当に刺す気なら、最初の夜に刺してるだろう」


 その剣で、と言うアドルフの目は、未悠のももの辺りを見ていた。


 そこにあの短剣を隠しているのだ。


「……ご存知でしたか」


「コルセットの下でもなんなとくわかるものだよ。

 踊るときなど特にわかるが」


「ただのおのれの身を守る剣だとは思われませんでしたか?」


「お前なら、そんなもの隠し持たなくとも、その辺のものを凶器に出来るだろ」

とアドルフは、重そうな置き時計や、燭台を見る。


「刺されるかもしれないとわかっていて、私を此処へ呼んだんですか?」


「何度も言うようだが、お前が本当に殺る気なら、俺が寝てたときに刺している」


 未悠……と近づく王子から未悠は後退する。


 未悠、ともう一度、王子がその名を呼んだ。


「いやいやいや。

 待ってください。


 王子は何故、そんな暗殺者な私を妃に?


 退屈しそうにないからとか?」

と逃げつつ訊くと、


「好きだからに決まっている」

と言い出した。


 え? 好き?


 誰が? 誰を? と思っていると、


「一目惚れだ」


 しれっとした顔でアドルフはそう言ってくる。


 嘘ですーっ、と未悠は叫んだ。


「貴方、出合いざま、私を罵りましたよっ。

 行き遅れってー!」


「お前が行き遅れてくれていて嬉しかったのだ」

と言いながら、また近づき、未悠の手を取ってくる。


 なんだかあんまり嬉しくないぞ、その言われ方、と思いながら、固まっていると、ノックの音がした。


「王子、シリオです」


「入れ」


 いや、あんた、誰にでもすぐ入れって言ってるけど、大丈夫か? と思いながら、入ってきたシリオの顔を見て言う。


「……王子、もしかして、シリオ様は最初から、私のことを知っていて、私をスカウトしてきたんですか?」


「いや、そこはたまたまだ」

とアドルフは言った。


「ただ、こういう娘が良いなあ、という話はした。


 そうしたら、ちょうど良さげな娘が酒場に居たと連れてきたら、お前だったのだ」


 軽く一礼し、エリザベートも遅れて入ってくる。


「どうです、王子。

 未悠は刺さなかったでしょう?」

とシリオは勝ち誇ったように笑っている。


「……はめましたね? シリオ様」


 ずっとシリオの言動と計画に、なにか違和感を感じていたのだが。


「貴方は私を試してたんですね?」


「私は王子にちょっとした恩があったのだ。

 それを返すために、王子に良い伴侶をご用意しようと思ってな。


 王子はちょいと趣味がおかしいらしい……」

と言いかけ、シリオは、失礼、と未悠ではなく、アドルフに対して謝った。


「王子の趣味に合っていて。

 金に転ばず、自己保身もはからず、真実、王子を愛してくれそうな娘を」


 そこで未悠を見たあとで、シリオはアドルフを見て言う。


「ちゃんとご用意しましたよ、王子――」

と。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます