お前が一番、イカサマしそうなんだが……

 

 結局、そのまま二人で、男たちが残していったカードでゲームをした。


 そのカードを見ながら、アドルフは、

「特にイカサマとかはしてなかったようだな。

 まあ、あのメンツの中では、お前が一番イカサマして来そうだかからな」

と失礼なことを言ってくる。


「ところで、お前、ガンビオに襲われかけたそうだな」


「よくご存知ですね」

と未悠が言うと、


「ガンビオがお前の美しさにひざまずいたとかいうタチの悪い噂が出回っているので、おかしいと思い、調べさせたのだ」

と言う。


 ……なんでそれでおかしいと思うのかが気になりますが、と思っていると、アドルフは淡々とした口調で、

「私の妃になったら、もうおかしな男には襲われないが」

と言ってくる。


「いや、それだと貴方に手篭てごめにされるだけじゃないですかね?」

と言うと、


「嫌なのか」

 持ったカードの上から、こちらを見、アドルフは言ってくる。


「嫌というか。

 その顔が嫌なんです」

と言うと、アドルフは、ふっと溜息をもらした。


「どうかしましたか?」

と問うと、アドルフは憂い顔で言ってくる。


「私はこの顔が嫌いなのだよ」


 ……殴ろうかな、この王子。


 社長に似ている、という問題点さえなければ、取り替えて欲しいくらい美しい顔なのに。


 そう思いながら、

「何故ですか。

 女性はみな、貴方にぽうっとなってますよ」

と言うと、アドルフは未悠を見、


「お前はなっていないようだが」

と言ってくる。


「耐性があるんです、その顔」

と言ったあとで、未悠は言った。


「そんなにその美しいお顔がお嫌いなら、獣の皮でもかぶってらっしゃったらどうですか?」


 顔が見えなければ、少しは好きになれるかも、と思いながら、つい、そう言うと、アドルフは、カードを見たまま言ってくる。


「私のこの顔には呪いがかかっているんだよ」


「呪い?」


「私がこの顔生まれたこと。

 それ自体が呪いなのだ」


 そうアドルフは言う。


 よくわからんな、と思っていると、王子は王子にあるまじき舌打ちをし、

「……お前の勝ちだな」

と言ってカードをテーブルに放った。


 まだ終わってはいないのだが、先へ先へと手を読む王子には、もう自分の負けであることがわかったようだった。


 アドルフは立ち上がり、

「あとで私の部屋へ金を取りに来い」

と言って、去っていった。


 それからは、王子としての役目を果たすためか。

 一応、挨拶まわりらしきものをしているようだった。


 ……しかし、舌打ちとかされると、ますます似て見えるな。


 社長のくせに、安い居酒屋で愚痴っていたあの人と、と思いながら、今はそんな素振りも見せずに、威厳ある態度で家臣の者たちに接している王子を眺めていた。




「未悠。

 借り物のドレス、汚さなかっただろうな」


 華やかなばかりで面白みのない会が終わる頃、エリザベートともに、シリオがやってきた。


「ああ、はい。

 ありがとうございました」

と頭を下げたあとで、あ、と未悠はエリザベートを見上げて訊いた。


「そうだ。

 すみません。


 もしよろしければ、このドレス、もう少しの間だけ、借りていてもいいでしょうか?」


「構わないけど」


 どうかしたの? とエリザベートは訊いてくる。


「いえ。

 実は、さっき、王子があとで部屋へ来いと言ってきたので――」

と王子が退出した扉の方を振り返りながら言うと、シリオが、は? という顔をした。


「興味なさそうな顔して、手が早いな、王子」

と呟くので、あー、いえいえ、と未悠は手を振る。


「あとで部屋へ金を取りに来い、と言われたんです」


「……今日は一体、なにをしていたのだ、お前は」


 今日はシリオは忙しかったらしく、途中からは会場に居なかった。


 だから、怪しげなおっさんたちとカードゲームに興じていられたのだ。


「まあ、ともかく、来いと言われたので。

 王子の前に、酒場で着ているような簡素な服で出るのは失礼かなと思いまして」

と言うと、エリザベートは、


「では、それを着ていきなさい。

 多少汚れても破れても構わないから」

と言ってくる。


「いえ、汚れたり、破れたりする予定はないんですが」

と言いながら、なにかひどい目に遭わされたりするのだろうか、と未悠は不安になる。


 神聖な舞踏会の会場で、ギャンブルをするとは何事かとムチで打たれたりするのだろうか、と思いながら、

「では、汚してはいけないので、あのスーツで行きましょうか」

と言うと、エリザベートはちょっと考えるような顔をした。


「……王子はあのような服がお好みかしらね」


「好きみたいですよ」

と言うと、


「いつ見せたんだ?」

とシリオが訊いてくる。


「だから、最初に会ったときですよ。

 此処に来たとき」


「それでお前がお好みなのか?

 意外や意外に意外だな、あの王子」

と呟くので、


「いえあの、ほんとにギャンブルで勝ったお金取りに行くだけなんですよ」

と弁解してみたのだが、シリオは、


「莫迦か、お前は」

と未悠の主張を鼻で笑う。


「娘が王子の部屋に呼ばれたらそういうことだ。

 頑張って王子のなぐさみものになって来い」


 そんな情緒のないことを言ってくる。


「違うと思います」


 そう言い返した未悠と、シリオは思わず、睨み合う。


「……じゃあ、賭けるか?」

とシリオが言い出した。


「いいですよ」

と未悠は負けじと胸を張り、り返るようにして、自分より大きなシリオを見上げた。


「もうーっ。

 なんでもいいから、お行きなさいっ!


 王子をお待たせしないでっ」

と二人ともエリザベートに叩き出された。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます