蓋世の傀儡使い –一般のパーティに見捨てられた傀儡使いが、いつの間にか最強クラスになってました–

作者 あやとり

小説の累計PV数

10,307 PV

エピソードごとの累計PV数

1始まりは理不尽な投獄で 10 464 PV
2酷く虐げられた少女は 9 404 PV
3その少女はワケありでした 7 378 PV
4無精ヒゲの男 6 337 PV
5開戦の火蓋 4 357 PV
6成長する『支配』 5 367 PV
7終わりは唐突に 5 414 PV
8その傀儡使い、実は金欠にて 8 373 PV
9真夜中の宿は悲しみに濡れて 5 369 PV
第一章幕間『貴公子は見た!』① 4 352 PV
第一章幕間『貴公子は見た!』② 3 339 PV
10最悪の朝 3 298 PV
11獣耳少女は朝が苦手 3 247 PV
12新たなる門出に 1 234 PV
13帽子と獣耳 2 208 PV
14精霊とシアン 2 185 PV
15そして見えなくなる 2 194 PV
16灰色の男 1 200 PV
17魔導書の原点 186 PV
18曇る天望 179 PV
19結果の秘密として 162 PV
20潜む悪意 142 PV
21戦力外の眼 162 PV
22理解し合うということ 1 138 PV
23後ろめたさはどこから 126 PV
24伝えるということ 1 124 PV
25過去に囚われていたのは誰 136 PV
26信じたくない疑心 1 122 PV
27初めての決断 108 PV
28演じ 104 PV
29代償は親指だけ? 118 PV
30尋問 136 PV
31ひらめき 104 PV
32光は輝いて、そして 99 PV
33束の間の 102 PV
34青白いもの 94 PV
35青い炎 93 PV
36霊格 1 96 PV
37不意の熱気 89 PV
38炎の猛攻 90 PV
39箱庭に神が遺したもの 92 PV
40傷口を嬲り尽くす漢 108 PV
41逃げた臆病者は 100 PV
42滑稽な助言 88 PV
43魔力解放 83 PV
44再始動する悪魔 101 PV
45支配の箱 85 PV
46願い星 83 PV
47在るべき場所へ 79 PV
48その隣に 67 PV
49二種類の未来視 62 PV
50液状武装 57 PV
51庶民派傀儡使い 81 PV
52至高の朝 71 PV
53到着、コルマノン 62 PV
54自然の香り? 44 PV
55帽子 37 PV
56落ち込む 34 PV
57生理的嫌悪 34 PV
58ピリッと 32 PV
59男の後ろには 31 PV
60ライニー家 33 PV
61 シルヴァ、少し乱心する 31 PV
62もどかしい空間 30 PV
63妖美な 27 PV
64二つの眼 33 PV
65蟠りのとけたその時に 25 PV
66食事処の夜 1 23 PV
67愉しい談話 23 PV
68耳は 1 20 PV
69女子トーク 25 PV
70その仕組み 22 PV
71暗 17 PV
72影 17 PV
73装い 16 PV
74一瞬の疎通 16 PV
75暴発する企み 19 PV
76刹那の赤 14 PV
77二対一 16 PV
78二対一② 11 PV
79それしかない 14 PV
80黒と赤と、 14 PV