『君は◯◯みたいな人だなぁ』……と言われた日には・前編

 今の職場で働きだした頃。

 10年ほど前のことですが、当時のチーフに突然言われました。


「君は漫画みたいな人だなぁ」


 私の何を指して言ったことなのか今もわかりません。わかるのは真顔ではっきり言われ『なんだそりゃ』と思ったことだけです。

 顔のこと?

 それとも仕事中の動きが妙に思われたのか……とりあえず、私の顔について触れておきます。

 月野さんはこういう顔なのかぁという想像と、私が書いているものとのギャップから笑ってもらえたら嬉しいけど滑っちゃうかな? f^_^;

 ドキドキしつつ触れましょう。

 話は私が社会人になりたての頃に遡ります。


 最初の職場での忘年会。

 私が座った席のそばにほろ酔いの社長さんがいました。

 初めての忘年会参加です。誰とも話せずジュースを飲み食べることに集中していた私。

 ひたすら飲み食べ続ける。食いしん坊というレッテルを貼られようとも、他に出来ることがなかったのです。

 ふと視線を感じ、顔を上げると社長さんと目が合いました。

 そして社長さんが言ったこと。


「君はアンパンマンにそっくりだなぁっ‼︎」


 私は現在いま身長158センチの痩せ型なのですが、当時はぽっちゃり顔と体型でした。私のぽっちゃり顔を前にした社長からの衝撃発言。

『……はぁ』と力なく答えたっきり完全沈黙の私。飲むことと食べることが恥ずかしくなり、気まずさの中で忘年会の終わりを待つこととなりました。

 月野璃子さんはアンパンマンのイメージ……笑ってくれた方いらっしゃいますか? (・・;)

 

 🍬🍬


【私(僕)はこんな人なんです】……自分がこうなんだって思っていても、他の方にはそう見られないことってありますよね。

 悩んで落ち込んでいても気づいてもらえない……ということも。

 社会人になって最初の職場。

 私にとっての衝撃発言は、社長さんの『アンパンマンにそっくりだなぁっ‼︎』だけではありません。

 当時人間関係で深刻な悩みを抱えてしまいました。どんな悩みだったのかは明日更新の後編でお話させて頂きます。

 辛さに耐えきれなくて、ある上司に相談した時のことです。

『まわりの目や声がすごく気になるんです』と言った私に上司はこう言いました。


「何言ってんの。璃子ちゃんが神経質だったら、ほんとに神経質な人は寝込んでるよ‼︎」


 ……私胃が痛くなるほど悩んでたんです。病院に行ったら『胃がただれている。酷くなったら胃に穴が空きますよ』と言われました。

 職場に行くのが辛い。

 だけど迷惑をかけられないと思って仕事の日は休まなかった。

 ところが私の辛さ苦しさに対しての上司のこの発言です。

 今にして思えば、私の気持ちを楽にするための優しさ(ジョーク)だったのかもしれませんが、当時は私のことなんて誰もわかってくれない……と大きな落ち込みに沈むこととなった発言だったのでした。



 言葉……誰かに向けるものは大切にしたいものですねf^_^;



 明日の後編は深刻なお話となってしまいますが、今となってはいい思い出と学びが詰まったものです。明日もどうぞよろしくお願いします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます