経済情報-福岡市の経済的研究

鳥越敦司

第1話


福岡市の経済的研究

(2011.8.17)


東京に行ったりしていたものですから、中断しておりました。

博多駅近くのオフィスビルの前に十二時前辺りから弁当を

台に載せて売っています。

四百円と安く、背広を着た会社員の人達が多数買っていっている

光景が見られます。

 

(2006.2.17)


今日、全国展開している紳士服の支店が、閉店セールをやっていました。


また、一店舗消えていく訳ですが、店舗も駐車場完備のかなりなものですから、


通販の力を深く思った次第でした。逆にといいますか、ラーメン屋は増えていっている ようです。それから、うどんの店ですね。 




(2006.1.4) 二日の日の午後二時過ぎにバイクで二十分程かけて、とあるレストランまで行きました。


さすがに、道路は車も少なく、人通りもありませんでした。


ところが、昨日、三日の同じ時間に同じ場所を通って同じレストランに行くと、交通量はほぼ平日並み に戻っていました。帰省から帰っていると思われる人達も見られました。 


新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。




(2005.9.6)


福岡市の経済的研究と、言うほど大したものではありませんが、最近よく思う事について書いてみたい と思います。 


現在、福岡市は人口130万人から140万人へ向かっています。高層マンションの建築ラッシュ といってもいいと思います。公団のアーべインシリーズもどんどん増えています。 


そうした中、潰れていっているところがあります。それは、ガソリンスタンドです。


しかも、マンションが多く建築された後の地域のガソリンスタンドですから、不思議といえば 不思議です。これは、特定のガソリンスタンドに人が集中したためとしか考えられません。 


他には、全国的に展開している洋服の大型店舗の閉店です。これは、通販の発展によるものと思われ ます。市内に展開していた大型書店のひとつの店の閉店もあります。これは、ネット通販によるもの であろうと思われます。 


又、市の中心部にある老舗の百貨店も閉店となりました。中心から少し東の老舗の百貨店はもっと前に 閉店しました。人口が増えているのに不思議ですね。通販の発展のせいもあろうと思われます。 


宅配ピザも多くあり、しのぎを削っているわけですが、あまり潰れてはいないようです。宅配カレー も同じように頑張っています。宅配寿司もあります。 


さて、福岡で有名なものとしてラーメンがあるわけですが、このラーメン店の増大も特徴的です。


コンビニエンスストアよりあるかもしれません。正確に調べた訳ではありませんが。


そして、なかなか潰れないようです。


中心から西の方に向かって多くの洋服店があります。どれも潰れず続いています。小さな店ばかりですが、店のスタッフは若者がほとんどで、お客さんもまた若者が多いようです。大型店舗の閉鎖とは対照的ではあります。 


実は、ラーメン店も潰れたところもあります。長浜というところはラーメンの激戦区でありまして、 多くのラーメン店がひしめきあっているのですが、そこに小倉ラーメンの看板を出した店がありまし た。が、一年と持たずに消えていきました。そのあとそこは弁当屋か何かになっています。 


もうひとつ知っているのですが、これは前に私がよく行っていました。その店の周りの環境が変わった せいかと思われます。その店の周りに大きな新築分譲マンションができたのです。やはり、ローン返済 等のためかと思われますが、外食は控えられてしまったのでしょう。 


その店のオヤジとはその後、別の職業についている姿で会いました。何と、タクシーの運転手です。


向こうの方から声をかけてくれました。まだ、日も浅く、お客さんも捕まえられなかったのでしょう。


もう、六十になろうかという人でした。


多くガソリンスタンドが潰れていっていますが、その後にできるのは大型マンションです。


人口ばかり増えて、産業はどうなっていくのかと関心を持つことがあります。それは、これから見て いけば分かることですので、またここでお伝えできればと思っています。 


増えていくものとしては、パチンコ店があります。それも、物凄く豪華な建物で、外観は高級ホテルの ようです。 


パチンコ店の前には、開店前から人が並んでいます。いい台を取るためでしょう。パチプロ・スロプロ の人達も多くいると思います。 


職場が一緒だった私の知り合いで、パチンコで生活していた人がいました。それどころか貯金までして いたそうです。心臓が悪くなったので職を休んでいた時にパチンコに行ったら勝ったそうです。それか ら毎日行って月のトータルで、貯金ができる程だったそうです。私にもその何とか理論の話をして、すすめてくれました。詳しいところを聞く前に行き違いになってしまいました。もう三年以上も前の話 になります。その頃と今を比べて、流行のパチンコ店は座る席がないほどになっていました。 


福岡市でもパチンコ店は大賑わいです。


なくなっていったといえば、レンタルビデオ店もあげられるでしょう。それからボーリング場です。


最近又、数少ない市内のボーリング場がなくなりました。恐らく、今あるボーリング場は市内で二つか三つだと思います。 


ボーリングなんて私が小学校の頃に大流行していました。何処にいっても満員に近く、待った後で ボールを投げる。あれが人々の楽しみだった時代もありましたねえ。年配の方はよくご存知だと思いますが。ボーリング場の後、温泉になったところもあります。地下を掘ったんでしょう。 


それから、随分長い目で見ますと、映画館もなくなりました。これは何処でも同じでしょうとは思います。 


ひしめきあっているものは、後、明太子があります。これも何社もあって潰れずに全国展開を進めているようです。 


それでは、又、次回にという事にしたいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

経済情報-福岡市の経済的研究 鳥越敦司 @dontanine

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る