いつかあなたに刃を向ける時

作者 泥んことかげ

小説の累計PV数

5,816 PV

エピソードごとの累計PV数

第1輪【目の前の世界は所詮ほんの一部分に過ぎない】 164 750 PV
第2輪【静寂な月夜に蠢く異形】 96 477 PV
第3輪【その手に宿るのは母の魂】 87 256 PV
第4輪【それでも月は空にある】 74 199 PV
第5輪【夢見た光景されど想い叶わず】 66 172 PV
第6輪【前へ進まなきゃ】 58 142 PV
第7輪【道半ば歩き疲れて一休憩】 53 116 PV
第8輪【壁があれば時に立ち止まるのも人生】 49 101 PV
第9輪【夢中になっても己を見失うな】 47 105 PV
第1輪【ようこそ花の都へ……?】 39 97 PV
第2輪【羨む程の温もりと隠された刺】 35 76 PV
第3輪【どんな所にも壁に耳あり障子に目あり】 36 69 PV
第4輪【授かった名は体を表す】 35 63 PV
第5輪【温かな歓迎と花の守り人】 33 54 PV
第6輪【以外と凄い人なのかも……?】 29 63 PV
第7輪【志が同じの少年と疑惑の守り人】 28 63 PV
第8輪【いつだって小さき命に感謝を忘れるな】 28 60 PV
第9輪【この世で1人の母が遺してくれた宝物】 27 66 PV
第10輪【蒼天の空を眺める七星の姫】 24 69 PV
第11輪【各々の正義がありどちらも表である】 25 60 PV
第12輪【鬼灯の思惑と奪われた花輪刀】 24 65 PV
第13輪【生まれた存在自体が搾取される側】 25 68 PV
第14輪【その目は口ほどに物を言う】 22 50 PV
第15輪【鼓動鳴り響く暗闇で静かに笑う者】 22 52 PV
第16輪【一筋の光を求めて希望にすがる者】 22 55 PV
第17輪【欲望に溺れた相容れない存在】 22 45 PV
第18輪【その想いを刃に乗せて】 22 50 PV
第19輪【大切な人を想う、その気持ちに偽りなし】 20 46 PV
第20輪【最後まで利用される人生に救いを求めて】 21 54 PV
第21輪【守るべき者のためなら血も涙もない鬼ともなろう】 21 47 PV
第22輪【本当の自分は他人では分からないけ】 21 43 PV
第23輪【強く気高く心豊かで愛される人】 21 56 PV
第24輪【それがありのままの自分の姿を晒して】 20 40 PV
第25輪【全てにおいて見た目ではない美しさ】 20 38 PV
第26輪【辛く苦しい時であろうとも、いつでも心に感謝を込めて】 18 41 PV
第27話【なりたい自分とならなきゃいけない自分】 18 36 PV
第28輪【目覚めの基本は朝の挨拶から】 18 46 PV
第29輪【人の温もり宿る手】 17 38 PV
第30輪【嵐の前の豊かな時間】 18 39 PV
第31輪【落ち着く場所】 16 34 PV
第32輪【一つ一つが大事な選択肢】 16 33 PV
第33輪【姉の心 弟知らず】 15 35 PV
第34輪【不穏な空気】 15 35 PV
第35輪【輝く未来に花束を添えて】 15 40 PV
第36輪【闇夜に溶け込む冷酷な判断】 14 36 PV
第37輪【一難去ってまた一難】 14 32 PV
第38輪【譲らぬ子供扱い】 15 31 PV
第39輪【自身の成長とは心の洗練】 15 29 PV
第40輪【信じる者こそ叶えられる者】 15 28 PV
第 41輪【笑って泣いて花咲いて】 16 28 PV
第42輪【人としての甘さ】 14 35 PV
第43輪【姉として花の守り人としての決断】 13 27 PV
第44輪【生の実感】 12 28 PV
第45輪【私はあなたをいつまでも信じています】 12 23 PV
第46輪【いつの日か託され託す思い】 12 22 PV
第47輪【二兎を追えば上手くいかないことばかり】 11 23 PV
第48輪【強固な意志を持った?】 10 25 PV
第49輪【猛る咆哮】 11 24 PV
第50輪【心大体小=勇進来幸】 10 18 PV
第51輪【井の中の蛙は現実を知る】 10 18 PV
第52輪【生きる意思と闘う覚悟】 10 22 PV
第53輪【諦めない気持ちに希望の光は降り注ぐ】 9 16 PV
第54輪【流浪に希望を背負う鳥】 9 17 PV
第55輪【戦略的卑怯】 9 18 PV
第 56輪【幸福を呼び込む者】 9 19 PV
第57輪【変わらない思い】 9 22 PV
第2章-最終輪【まだ見ぬ明日へ】 12 27 PV
第1輪【君と繋いだ手】 7 19 PV
第2輪【正直者ほど繊細な心を持つ】 6 12 PV
第3輪【人それぞれに歩むべき道がある】 0 PV