蒼風の創作小噺

作者 蒼風

10.有料の感想と、評価者の重要性」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 斑猫です。
     以前のコメントを反映して下さったかのようなコラム、興味深く拝読いたしました。その説はありがとうございます。
     確かに、良い感想が集まらないから購入したいという気持ちもあるかもしれませんね。私はカクヨムオンリーで活動しておりますので他のサイトでの状況には疎いですが、カクヨム様の中でもコメントを頂くのは難しい時はあるにはあります。
     カクヨム様は交流が盛んなサイトであるともされていますが、一方で
    ・書き手は自分の作品を書く事に精一杯でコメントを残すのが難しい
    ・読み手は結構シャイ(?)な人が多い
     という印象も受ける時があります。
    ※読み専がコメントを残さない傾向にあるのは、上位作品の方が顕著ですね。フォロワーが4桁であるにもかかわらず、応援コメントは3桁あれば良い方ですから。

     それはさておき感想の書き手も注意しないといけないという事も解り勉強になりました。
     個人的には、某ユーザーの言動が「合わない」と感じたので、購入する側に問題があるのかなと勝手に思っておりまして……
     そのユーザーは相互評価や読み合い企画を嫌っているのですが、自分があまりにも率直な意見(作品をこき下ろすようにも見受けられました)をぶつけたり、他のユーザーが紹介した作品を「駄作」と言い捨てたりと、「そりゃあ読み合う人も少ないよなぁ」と思うような所業が目立ちましたので……

     すみません、長文失礼しました。

    作者からの返信

     お読みいただきありがとうございます。割と広く共有しておいた方がよさそうな話だった(コメント欄に書いてしまうと長くなりすぎてしまうという部分もありますが)ので、今回一つの記事として筆を取らせていただきました。


     応援コメントに関しては自分も割と反応に迷うことがあります。自分自身そういうことをあまりしなくて、作品が優れているなと思えば積極的にレビューを書いたりするのですが、割とそういう「距離感のある使い方」をしているところがあるので、自作(この場合は主に小説の方)にコメントを貰うたびに、どういう反応が良いのだろうと悩むことがあります。

     もらえないより貰える方がいいのは分かっているのですが、☆を貰ったりレビューを書いてもらったりする方が嬉しいというのは実情だったりします。


     相互評価や読み合いに関しては正直自分も割と好きではありません。なので、その一点で言えばその方と同じ視点にあると言っていいです。

     自分なりの勝手な解釈をすると、要は「なれ合いや人付き合いで作品が評価されるのは嫌」という事なんじゃないかと思います。この点に関しては自分もかなり嫌いなので、分からなくはありません。

     ただ、それもやりようなのかなぁと思います。言葉を選ばずに言えば「こんなんでよく書籍化したいとか言えるね?」と思う内容の作品は正直あります。それは実際に書籍化したものでも同じことです。

     それに関して自分がコメントをしないのは「それをしたところで受け取るのは個人だから」という大前提があるからです。例え自分の見立てが100%で正しかったとしても、相手が受け取るかは分かりません。

     なので、それよりも「伸びそう」とか「あとちょっとで届きそう」みたいな人に目線をやってしまうのです。ある意味その方よりも自分の方がよっぽど残酷な切り捨て方をしていると言っていいかもしれません。可能性がないと思ってもコメントはするのだと思うので。

     言葉ややり方に問題はあると思います。それ以前にその方の実力のほどがどれくらいか(書き手としてだけではなく、批評者として)も分かりません。

     「書籍化経験」という実績だけでえらいと思っているのであれば、ややよろしくない側面はありますが、「付き合いで作品を評価しない」という姿勢自体はそんなに間違ってないのかなぁと思っています。自分もどれだけ仲が良かろうと駄目なら一切評価しないという質なので……


     感想、ありがとうございました。更新頻度はまちまちになってしまうかもしれませんが、時折思い出したように更新されると思いますので、暇つぶしにでも覗いてもらえたら嬉しいです。

    2021年12月18日 22:59