吸血鬼の久藤せんぱい。

作者 緑茶

隣に並んで、一緒に歩いて、これからも

  • ★★★ Excellent!!!

人間の少女と吸血鬼の久藤せんぱいが織りなす日々。
久藤せんぱいの思惑は中盤まで掴み切れないのですが、少女側の思慕は明白で、その純粋さやまっすぐさにほっこりとします。心が潤う…。
せんぱいは何を思って彼女と一緒に居るのだろう。ある決定的な場面、そしてラストに至るまで読者である私も、あれこれ想像しながら読み進めていました。
せんぱいが予定調和を嫌い、予想外な事を求め続けるのも、単に悠久の時を生きるのに退屈していたばかりではなく、その退屈の先の色をまざまざと知ってしまったからだと個人的には解釈しました。(この解釈も読み手によって様々に想像が膨らみそうで、灰色とは一体どんなものなのだろうと今一度思いを馳せるのも楽しい時間でした)
諸々の難しい事は抜きにして、女学生として生活する二人があちこち一緒に出掛けたり、お互いを思いやる姿はそれだけでもう、いいなあ…と心の底から思う次第。せんぱいの指先から出るエロ光線に私もまんまとやられてしまったのでしょう、違いありません。途中で人物の視点が入れ替わったりもしますがその転換もわかりやすく、語り手の言葉を追う形で物語は読みやすく進みます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

館長仮名さんの他のおすすめレビュー 27