第78話 ラストスパート


「入稿~」


「もうちょっと~」


「クソが~」


「もう少し~」


 私は平然と梅昆布茶を飲んでました。


 本来ならコーヒーなんだけど、カフェイン厳禁なので。


 同人誌のラストスパート。


 文章はスケジュールギリギリで上がり、今は凜ちゃんが液タブで、挿絵を描いている。


 お兄ちゃんは、その監督で、一応原作者の意見は適確のようだ。


 ダメだったらダメだったまでのこと。


 梅昆布茶をゴクリ。


 印刷所に土下座レベルらしい。


 八月に入って、我が家の熱は最高潮。


 凜ちゃんのご飯は美味しいけど、ソレ以外にもやる事は山積している。


 教師の仕事とかね……サラリーマンも大変だ。


「凜ちゃん大丈夫?」


「定義によりますね」


 あらやだ。


 本当に追い詰められていますね。


 普通なら私に対してだけは嫌味を言わない紳士なのに。


 液タブで、シャシャッと線を引き、そこから清書して色を塗り、レイヤー効果で色を整える。


 ホント。


 何でも出来る天才肌ですこと。


 だから凜ちゃんのことは好きなんだけど……ビックリ箱みたいで。


 お茶も詩もお花も出来る。


「優良物件だなぁ」


 梅昆布茶はゴクリ。


 ポツリと呟き申す。


「時間が~」


「相分かり申す~」


 そもそもスケジュールの圧迫は、お兄ちゃんのせいだ。


 御本人らの意見は真逆で正答。


 いや当人らがソレでいいならいいんだけど……なんとなくの不条理。


 私はのんびり構えます。


 お茶くみ係。


 というか他に出来ないだけなんだけど。


「失礼~」


 隈の酷い凜ちゃんに、コーヒーを差し出します。


「ありがとうございます。陽子さん」


 穏やかスマイルの凜ちゃんでした。


「別に」


 と素っ気なく返して、部屋の隅へ。


 ――ピロン、とスマホが鳴り申した。


『今度の日。ヒマか?』


 と日にち指定でコメントが来る。


『まぁヒマね』


 相手は神威だった。


 碓氷神威。


 こやつもこやつで中々に難儀な男道を歩んでおりますな……私に絡まなければ青春を送れるだろうに。


『じゃあ祭りに行かないか?』


『祭り?』


 ほにゃららら。


『花火大会があるらしい』


 とのこと。


『他の人を見繕えば?』


『陽子がいいんだよ』


 さいでっか。


 でもなぁ。


「入稿期限が~」


「先生の執筆速度が~」


 二人の年上イケメンも捨てがたいというか、売り子としてフォローの一つもしたい心境。


『日にちは?』


 ほにゃららら。


『お盆前……か』


 確かにソレならうだうだ言っている時間は既に過ぎているよね……多分。


『ま、付き合ってあげましょ』


『多謝』


 然程でもないんですけど。


 私は私のしたい事をするだけで、別に神威を優先したわけでも無い。


『エスコートは任せても?』


『浴衣着ないか?』


『構いませんけど』


 貸衣装屋に心当たりはある。


「別段私服でもいいでんすけどねぇ」


 神威の考える事はいっちょんわからん。


「てなわけで」


 梅昆布茶を飲む。


 ほにゃららら。


「その日はデートしますので」


「お兄ちゃんを見捨てるのか!?」


「然程大層な事でもありませんな」


 良心に期待。


「お兄ちゃんには陽子が必要だ」


「知ってる」


 それは存分に。


「じゃあ!」


「仲良くするだけですよ」


「ぐ……」


「嫉妬します?」


「する!」


「でっか」


 お兄ちゃんにとっては、天変地異なのだろう。


 気持ちは汲めるけどね。


 お兄ちゃんを失う悲しさは、喉元三寸まで、出掛かった事がある。


 オンマカシリエイジリベイソワカ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます