第76話 禁じられた遊び


「進捗はどうですか?」


「まぁそこそこに」


 私は凜ちゃんと音楽室にいた。


 学校だ。


 宿題も片付け、身の回りの面倒も、あらかた片付いた。


 で、ヒマしているので、凜ちゃんのアルバイト。


 報酬は缶コーヒー。


 ついでに音楽。


 いつもの通りの、いつもの如し。


 行進曲を弾き能う凜ちゃん。


 本当に器用な事で。


 そりゃ女子生徒も惚れますわ。


「陽子さんは、本当に陽子でしたね」


 コスプレの件だろう。


 誰ってモデルが私だし。


 ぶっちゃけた話をするなら、「他にどう言えと?」が私の率直なるところで、ついでに本音まっしぐらな意見だった。


「違いない……」


 クスッと、凜ちゃんの笑う。


「お兄ちゃんは?」


「今頃暗闘ではないですか? 暗いという意味では違う気もしますけど、先生には毎度のことですし」


 それもどうよ?


「落としても責任追及はないんだよね?」


「読み手にがっかりはされますけど……ね」


 そこら辺の事情はよくわからないけど。


「ついでに稼ぐ好機でもありますし」


 以下同文。


 で、


「凜ちゃんはいいの?」


「楽観視はしてますよ」


 サラリと言ってくれる。


 そしてそれが嫌みになっていない。


 そんなところも人徳だ。


 ひとしきりマーチを弾き終えて、鍵盤を叩く音が静寂に取って代わる。


 凜ちゃんのピアノを聞くためだけにも、夏休みの学校に顔を出す理由はある……そう云わざるをえない。


「曲にリクエストは?」


「禁じられた遊び」


 サラッと述べる私。


「暗喩ですか?」


「凜ちゃんとなら……別に良いかな」


「恐縮です」


「凜ちゃんも私の事好きよね」


「ええ」


 防衛機制だとしても……好きは好き。


「うちの学校に就職しなきゃ、話はもっと簡単だったのに」


「どちらにせよ女子高生は相手に出来ませんよ。条例に反してしまいます由」


「結婚を前提でも? それなら年齢は然程気にならないんじゃあ……」


「魅力的な未来図ですね。夢と希望に溢れています」


「恐縮です」


 同じ言葉を口にする。


 禁じられた遊び……か。


「凜ちゃんイケメン過ぎ」


「陽子さんも美少女過ぎますよ」


「キスしよっか」


「後日に……ですね……」


「誰も見てないよ?」


「監視カメラがありますので」


「お兄ちゃんが養ってくれるって」


「むしろ刺される気もしますが」


 あー。


 それね。


「シスコンだから」


「先生が羨ましいです」


「何故に?」


「こんな可愛い子を妹に持てて。とても羨ましいと申せましょうか」


「口説いてるの?」


「禁じられた遊びです」


 それを引っ張るのね。


 いいけどさ。


 缶コーヒーを飲む。


「凜ちゃんが女の子だったら良かったのに」


「義姉になるから?」


「友達になれるから」


「ええ、それは難しいです」


 わかってるけどさ。


 カツン。


 スチール缶が鳴った。


「私が誰かのモノに成ったら……どうする……?」


「愛しますよ」


「間男?」


「恋はしません」


 それもどうだかな。


「お兄ちゃんの説得なら……私がしよっか? それなら万事無事に済むよ?」


「社会的に死にますので」


 禁じられた遊び……と。


「もしかして」


「もしかして?」


「春人もこんな気持ちなのかな?」


 もうちょっとアグレッシブだけど。


「アンデルスさん……ですか」


 アレもまた、一つの崩壊式。


「凜ちゃんも見たよね?」


「今も見ていますよ」


「担任だしね」


「副担任です」


 それは失礼をば。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます