第74話 陰陽姉妹


「というわけで……はい……」


 春人の部屋。


 そのアトリエ。


 衣装が完成した。


 とはいっても二次元世界の制服だけど。


 フリフリの制服……というパラドックスに満ちた表現だけど、「アニメやゲームの学校制服って、冷静に考えると有り得ないよね?」の体現。


 私には、よく似合っていた。


 ま、モデルが私だし。


 シスコンの無念さは、身に染みて知っている。


 たしかに面白いんだけど……シンタックスコンプリート。


「えと……あう……」


 春人も同じ制服を着ている。


 茶髪のウィッグ。


 カラコンはしていないので、碧眼のまま。


 金髪は綺麗に隠れていた。


「可愛い!」


 ヒシッ、と抱きしめる。


 愛らしさ満点で、可愛らしさは限界突破で、麗しさが花丸で、美しさが天元の華と呼べた。


「ふぇあ……!」


 赤面する春人さん。


 難儀な輩だ。


 私としては、人には言えずとも。


 ともあれ……こっちの準備は余裕を持って出来たわけだ……全部春人の功績だけど。


「後はお兄ちゃんの同人誌か……」


「本当に……いいの……?」


 何がでしょう?


「烏丸先生のサークルの売り子って……」


「春人は愛らしいから大歓迎」


「あう……」


 それも何故よ?


 赤面する春人の愛らしさは先述したけど、なんだかモジモジして庇護欲をそそる。


「陽子さんの方が……可愛い……」


「そっかな?」


 自覚は……無いと言うと謙遜を軽く飛びさって嫌味の類になるけども、自分を過大評価するにもカロリーがいる。


「たまに恐くなる」


「私に?」


「んと……その……惚れそうで……」


「惚れて良いよ?」


「いいの……?」


「恋を縛る法律はないし」


「でも……」


「イヤになったらイヤって言うから」


「それもなぁ……」


 確かにね。


 好きな人に「イヤ」って言われるのも辛いよね。


 想像でしかないけど。


 そもそも、まず自分が処女だ。


 お兄ちゃんや凜ちゃんが居るので、イケメンには困っていない。


 結果、男子に求める美貌水準の平均値が高くなる……という負のスパイラル。


 自分が何様だって感じだけどさ。


 自責。


 自嘲。


 でも事実だし。


「その場合は、春人にモブを止めて貰うよ?」


「美少女キャラ?」


「イケメンキャラで、私の傍にはべらす」


「イケメンじゃ……ないよ……?」


「知らぬは本人ばかりなり」


「陽子さんが……いいますか……」


 それも言われ慣れてるけどね。


「それにしても出来の良い事」


「アキバに売ってるし……」


「生地?」


「生地……」


 自作コスプレの神髄だ。


「じゃあ、当日宜しく」


「そだね……」


「会いたいときはライン頂戴」


「いいの……?」


「春人が思ってるより、私は春人に好意的ですよ?」


「あう……」


 その愛らしさがね。


 臆病で、引っ込み思案で、自信過小で、小動物。


 ここまで悪意のない人間も珍しい。


 好意的にも思ってしまう。


 まして隠れイケメンとも相成れば。


「コレ着てデートする?」


「それは……ちょっと……」


 照れ照れと悶える春人の愛らしさ。


 うーん……デリシャス。


「じゃ、普通にデートしましょ」


「いいの……?」


「コスプレも完成したし」


 お疲れ様会だ。


 結局私は何もしてないしね。


 労うくらいは許されるはずだ。


 まず以て自分の衣装代くらいは自分で払うべきだろうけど、金を出せば冗談で済まなくなる。


 なら金銭取引以外での奉仕が必要なわけで。


「今日は奢ってあげる」


「あは……」


 華やかに笑う、春人でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます