第73話 修羅の道


「文章が出てこない……!」


「ちょっと。こっちの下書きも進めたいんですけど……」


 お兄ちゃんと凜ちゃんの会話だ。


 教師というのも大変なモノで、夏休みも普通に仕事らしい。


 さすがのサラリーマン。


 お兄ちゃんは大学生で兼業作家なので、それなりに休息は取れるモノの、夏のイベント間近で、焦っていた。


「……………………」


 私は、お兄ちゃんの執務部屋でコーヒーを飲んでいる。


 一応モデルらしい。


 私を見るとインスピレーションが沸いてくるとか。


 元々お兄ちゃんのモチベーションは私有りきではある。


 世の無常の儚さよ。


 シンタックスコンプリート……略して『シスコン』と呼ばれる題名のジュブナイルを書いている事からも、それは察せられる。


 リアル妹が居ると妹に幻想を持てないと言うけれど、この場合は当てはまらないらしい……というのも、まさにお兄ちゃんはシスコンを拗らせている。


 重症だ。


 今更言うことでもないけど、自己認識の強化は生きる上で指標となる。


 コーヒーを一口。


「陽子萌え~!」


「近所迷惑ですよ。お兄ちゃん」


「陽子さん萌えです」


「ありがと凜ちゃん」


「この扱いの差は!?」


 憤激のお兄ちゃん。


 ――自分の胸に聞け。


 ちなみに凜ちゃんはサラリーマンの仕事が終わり、夜の時間。


 二人はあたふたしていた。


 所謂、同人誌製作に。


 文章担当はお兄ちゃんで、挿絵担当が凜ちゃん。


 まぁ絵画でコンクールの賞を貰える腕なのが、ある種、凜ちゃんという人間を端的に表わしている。


 お兄ちゃんは、文才の面で特化してるけど、凜ちゃんは、イケメンと呼ばれる技能を、広く深く修得していた。


 例えば散々聞かされたピアノだったり。


 ダンスも出来るらしい。


 今回は、烏丸茶人の同人小説で勝負するようで、文章がなければ絵は描けない。


 いや、描けないわけではないだろう。


 その辺の凜ちゃんの機微は特筆出来る。


 何にせよ器用な御仁なので、多分やろうと思えば出来るはずだ。


 ただ情熱を出力するに当たって、リアリティが大切なのは、別に絵に限った話でもなかったりして。


 二人揃って人外魔境だ。


 本当に……この二人の突き抜け具合は……。


「大変ですね~」


 コーヒーを飲みながら他人事。


 同人誌作りには興味在るけど、そも生産的なことは私には難しい。


 けれど凜ちゃんが我が家に泊まり込みで、作業してくれるのは嬉しい。


 実利として凜ちゃんのご飯は美味しいし。


 ただ、同人誌製作を、教師と両認するのは、なにかしらの同情もしようというもの。


「…………」


 コーヒーを飲む。


「陽子!」


 だからエクスクラメーションマーク無しで話せんのか。


「おっぱいを見せてくれ!」


「氏ね」


 意外と応答はスルリと出た。


 たった二文字だが、これで事足りる。


「せめて衣服の上からでも裸体を観察出来るようになってください」


 とは凜ちゃんの進言。


 ちなみに御本人、


「陽子さんの肉付きは、既に把握していますよ」


 とのこと。


 衣服を透き通らせて、視線が私の裸体を覗いている……とのことらしい。


 セクハラじゃござんせんか?


「イラストのためです」


 修羅道だなぁ。


 案外お兄ちゃんと似たもの同士なのかも。


「七月も後半ですよ。後二週間くらいしかないんですよ? むしろ入稿から逆算して日程を考えれば……」


「そうは言ってもモチベーションが……」


「印刷会社に土下座を……」


 喧々諤々。


 私も此度は参加する事になっている。


 春人と一緒に。


 ちょうど『シスコン』のコスプレを作っているので、売り子の役目だ。


 仮縫いも終わって、本段階。


 私自身、ちょくちょく顔を出している。


 宿題がてら、春人の裁縫を見るのは目の保養。


 3Dグラフィックを用意して、ほぼ完璧にトレース。


 胸の大きさが私基準なので、春人はパッドを詰めるらしい。


 いいんだけどさ。


 別に…………。


 夏休みのはずなのに、何やら、どこもかしこも大騒ぎ。


 私は巻き込まれ系の人間だ。


 そういった人に自慢出来る特技を持っていない。


 それが少しだけ……寂しい。


 お兄ちゃんはシナリオライター。


 凜ちゃんは天才肌。


 春人は手芸がプロ顔負け。


 畜生ってなもんだ。


「コーヒーいる?」


「ブラックで!」


「拙も」


 こんなことくらいしか出来ない自分が、何やら情けなくもあり。


 運命の神様は不条理だ。


 愛無きこの世よ。


 もちっと贔屓してほしかった……というと失礼かな?


 少なくとも休みの間は陰キャしなくて良いので、気持ち楽だ。


「教室で目立つ」


 というのは、少し業が深い。


 実際ソレで中学時代は良く思われなかったんだから。


 その意味で、


「それなりの顔を持っているのは……」


 幸福と言うべきか。


 自分的には、然程でもない見飽きた顔なんだけど。


 ま、まずはコーヒーを淹れましょ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます