第72話 一学期終了


 学年一位。


 またしても。


 勉強というモノは過不足がない。


 自身の実力以上も以下も出せない仕様だ。


 ことさら勤勉というわけでもないけど、まぁ順当な勉強程度はしているし、暇潰しには最適解と言える。


 で、何かというと、


「有栖川さんを特待生として迎えたく存じます」


 校長室に呼び出されました。


 緩衝材に凜ちゃんまで。


 緩衝材こっちはニコニコ。


 面白い見世物ではあったろう……祝福くらいはするだろうけども、どちらかと云えば愉快がっているのが実のところのはず。


「具体的には?」


「学費の免除。ならびに学内機構の優先権を」


「では有り難く」


 そういうことに相成った。


 別段学費が免除されるならそれ以上もないわけで、勉強が有益な結果をもたらすのは……はたして文明の所産か、出来心の皮肉か?


「生徒、有栖川陽子さん」


 私は終業式の日に、登壇に立たされた。


 特待生扱い。


 その表彰のためだ。


 殊更特別な事をした覚えもないのだけども。


「……………………」


「……………………」


「……………………」


 おお。


 妬まれてる。


 嫉まれてる。


 ヒシヒシと零度の視線を感じ申す。


 ――こっちとしては、


「勉強出来て、だから何?」


 って感じなんだけどなぁ。


 言って通じないのも若さか。


 アンタッチャブルではあるも、私が功績を挙げることで歪みが生じるのは、理性の埒外の問題だろう。


 そしてこっちにはお行儀良く付き合う義理もない。


「それでは」


 とロングホームルーム。


 ――当校の生徒としての自覚がどうの。


 ――休みだからとて気を抜くのはどうの。


 ――常に己を律しどうの。


 そんな感じで一学期が終わった。


「さてどうしましょ?」


 お兄ちゃんの手伝いだけどね。


 そこは譲れない。


 学校がなければお兄ちゃんの相手も増える。


 アレのシスコンは病気だけど、それがカロリーとなって仕事に励めるのだから、私としても因果な渡世。


 南無三。


「で、今日の処は……仕方ないか」


 ――何が? と問われればワンコの相手と慈しみ。


 こればっかりは私の領域で、責任こそ発生しないも義理……というか友情に構築に於いて必要事項。


 つまり、


「陽子さん……」


「陽子!」


「はいはい」


 二人の頭を撫でる。


 それでは行きましょうか。


 ――中略。


 ショッピングモール。


 百貨繚乱。


 映画館でくつろいだ。


 流行りの映画だ。


 ハリウッド。


 夏はアニメ映画が隆盛するけど、そっちはそっちで楽しみ。


「ですね」


 と五十鈴。


「その時は……一緒に……」


 と春人。


「でも特待生って凄いですよね」


 別に必要ないんだけどね。


 私は私。


 過不足なく。


 学費免除は素直に嬉しいけど、それで嫉妬を買うのはどうなんだ……と云う話でもあったりして。


 スマホが鳴った。


 夏も真っ盛り。


『今日の夕餉は素麺でいいですか?』


 凜ちゃんからだ。


『楽しみにしています』


 そんな返信。


 凜ちゃんなら悪いようにはしないだろう。


「陽子さん……」


 はいはい?


「あーん……」


 アイスを差し出された。


「はむ」


 一瞬の遠慮も憂慮も無く、私は春人の「あーん」を受け入れた。


 こういうのは照れた方の負けだ。


「あは……」


 笑む春人。


 超可愛い。


 その気になれば天下取れるんじゃなかろうか?


「てい」


 ペシッと春人にデコピン。


「あう……」


「特別サービスね」


 紅茶味のアイスをハムリ。


 アイス屋さんで、アイスを食べている私たちでございました。


 私が紅茶味。


 春人が抹茶味。


 五十鈴がミカンシャーベット。


 それぞれに美味しい。


 食べさせ合いっこ。


「夏休みも会える?」


「会おうと思えば」


 普遍的事実。


「じゃあ会おうね!」


 相も変わらず五十鈴はワンコの様だ。


 愛嬌のあるイケメンさん。


 春人もなぁ。


 損してるよ。


 私が言うなって話だけど(笑)。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます