第68話 ほろ苦いチョコ


 仮縫いが終わった。


 私はいまだ春人の部屋。


 コーヒーを淹れて貰って、お茶請けのチョコケーキを食べている。


 ちょっと豪華なティータイムで、なおかつ春人の淹れてくれるコーヒーは……比較対象無しなら十分に美味しい物だった。


 あんまり味覚に自信ないからちょっと不安だけども。


「ほろ苦い……」


「うん」


 でも美味しい。


 そこは合致した。


「衣装はモノに為りそうですか?」


「大丈夫……多分……」


「春人は陰子ですよね?」


「うん……」


「楽しみです。春人はあまりに可愛らしいので。女子の私でもどうにかなってしまいそうなくらいそそります」


「あは……」


 微笑む春人。


 たまに見せる笑顔は眩しいモノだ。


 何時もは顔を隠しているので、あらゆる意味で貴重。


「……………………」


 気圧される……とはこのことか。


「どうか……した……?」


「いや、その」


「……?」


「春人はイケメンだなって……」


「そんなに……?」


「特筆できる」


「そんなに……」


「女装が功を奏しているのも……在る意味整った顔立ちの逆説じゃない? おおよそ中性的な顔立ちは希少だし」


 いや中性的どころか美少女に偏っておりますけども。


 前髪をかき上げて漸く分かるレベル。


 ヘアピンで留めて、側面に髪を流している分には金髪碧眼の美少女にしか見えず、サラリーマンさんたちが不埒な気持ちを持つに十分だ。


「そかな……?」


「私が保証する」


「好き……?」


「顔はね」


「えへへ……」


 照れ笑い。


 そゆところも愛らしい。


「ま、イケメンだって、私以外にバレないでね」


「うん……。面倒だし……」


 そこは意見も一致するらしい。


 伊達眼鏡同盟は伊達ではない。


 どっちも処世術として伊達眼鏡をかけているのだから。


「コミマに間に合いますかね?」


「余裕……」


 力ある御言葉で。


 そして事実なのでしょうよ。


「美味しい……」


「状況が?」


「チョコが……」


 でっか。


「お口に合ったなら宜しかったです」


「ありがと……」


「抱きしめて良いですか?」


「……?」


「ちょっと春人は愛らしすぎます。興奮します。押し倒したいです。でもそれだとあまりにあまりなのでハグで我慢します」


「えと……だめ……」


「理由を述べられても?」


「タガが外れる……」


「青春ですね」


「それくらい……陽子さんは可愛い……」


「恐縮です」


「本当……」


 光栄だなぁ。


 春人に美少女だと言われるのは。


 その春人が絶世の美少年なのだから。






 ――知っているのは私だけ。






 歪な独占欲が、私を支配します。


 もしかして参っているのでしょうか?


 そう考えてもしまいますれど。


「陽子さんは……ビターチョコ……」


「その心は?」


「ほろ苦い……けど心地よい味わい……」


 対応としてはそうですね。


 人に本心を打ち明ける人格でもございませんし。


 けれど、誰と共有しても、自慰行為には違いありません。


 結局、私が私と言うだけ。


 そこら辺を、春人は察しているでしょうか?


 少し期待もしたりして。


 こちらとて思春期の乙女。


 妄想もします。


 期待もします。


 憧憬もします。


 その上で、


「自慰もします」


 が率直なところ。


「性欲だってあるんですよ」


「陽子さんでも……」


「私を何だと思ってるんですか?」


「高原のお嬢様……?」


「然程の存在でもありませんなれば」


「自重自粛……?」


「普遍的な観念です」


「そゆところが……加点対象……」


 それはそれは光栄で。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます