第67話 仮縫い


「どうも。お世話になり申す」


 私は近場の高級マンションに顔を出した。


 春人の部屋だ。


「ども……」


 春人が出迎えてくれた。


「一応お茶請けにチョコレートケーキを買ってきてみました。お口にあえばいいんですけど……」


「ありがと……」


 おずおずと話す、春人萌え。


「衣装は出来たの?」


「ざっくばらんになら」


 アトリエに入る。


 布が散乱して、衣服が陳列していた。


 何度見ても壮観だ。


 本当にプロのレベル。


 手芸でやっていけるんじゃない?


「然程でも……」


 さいでっか。


 で、


「ん……」


 と制服を差し出された。


 ちょっと個性的な、デザインの凝った衣装だ。


 ちなみに私と春人の高校は、黒のセーラー服です。


 リボンの目立つジャケットと、チェックのスカート。


 派手目の制服に見えるけど、実際にソレを決めたのはお兄ちゃんだ。


 小説、


『シンタックスコンプリート』


 略称、


『シスコン』


 に出てくる学校制服。


 アニメッとした、制服の意匠は、確かにソレっぽい。


 普通に考えれば有り得ない派手さだけど、こういうところでも商業主義の意識が内在しているとはお兄ちゃん聞いた話。


 学校制服も愛らしくないとやってられない今日この頃……とはまぁ言いたいことは分かるけども。


「着てみて……」


 と言われる。


 試着室まである始末。


 此処に一人で住んでるのかぁ。


 寂しくないのかしらん?


 試着。


「じゃん」


 コスプレして現われる。


 陰陽陽子は茶髪なので、ウィッグはいらない。


 っていうか私がモデルだし。


「可愛い……」


 呆然として、春人さんの一言。


「そう?」


「すっごく似合う」


 ――喜ぶところだろうか?


 少し考える。


「そのままなら……超モテると思う……」


 ホケーッとしながら率直な感想は身に染み入りますな。


 一応コスプレなので、茶髪はお下げにしてないし、伊達眼鏡も外しては居る。


 こんな姿を見せるのは昨今ではあまりない。


「光栄です……」


 春人はモジモジそう言った。


 別に特別な事をしているわけでもない物だ。


 けどまぁ気心の知れた相手にしか見せない点では合致するかも。


「いやあ」


 とりま、照れてみせる。


「パパが放っておかない……」


「犯罪だからね?」


 わりかし。


「身体に触っていい?……」


「性的な意味で?」


「いや……寸法をとるため……」


 さいでっか。


 期待して損した気分。


「条件がございます」


「承りましょう……」


「髪をワックスでかき上げて?」


「いいけど……なんで……?」


「イケメンの春人を見ると胸がドキドキするから」


「イケメン……」


「私から見たらね」


 恥ずかしそうな春人さんでした。


 そしてワックスで、前髪をかき上げて、表情を見せる。


 御尊顔の麗しい事。


 そのイケメンっぷりは、凜ちゃんに匹敵する。


 学校では前髪と伊達眼鏡で顔を隠しているので、実に勿体ない。


「人に言えるか」


 とツッコまれそうだけども。


「それでは……失礼して……」


 春人は、私の身体をペタペタと触った。


「ん……肩が引っ張られてる……」


 サラサラとメモ帳に記す。


「もう何センチか前に……」


 独り言を呟いていました。


「胸も……寸法より若干ズレが……」


 大きい方に?


 それとも小さい方に?


「大きい方……」


 育ったのかなぁ?


「…………」


 無言で自分のおっぱいをフニフニと揉む。


「はぅあ……!」


 春人が赤面した。


「何か?」


「何でも……ござんせん……」


 でっか。


 さらにペタペタ。


「スカートはもうちょっと短く……」


 仮縫いも大変なようだ。


 けどどこか嬉しそう。


 私をダシに楽しめるなら、試着した意味も在ったってものだけど。


「それにしても髪をかき上げた春人の格好良さよ」


「はぅあ……!」


 うん。可愛い可愛い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます